看護学部

学部長 挨拶

看護学部長 大西和子 教授
看護学部長 大西和子

少子超高齢社会における地域の人々の健康を支える人材を育成します。

「看護する」とはどんなことでしょうか。「看護」という言葉を分解すると、「手(技術)」、「目(観察)」、「言(話す、コミュニケーション)」、「蒦(擁護)」となり、人類がこの世に誕生してから欠かせない大切な行為が看護です。人の誕生から死に至るまで、病気予防から病気回復、病気を持ちながら生活する人をみまもる(看護)ことです。
現在の医療をとりまく社会環境は大きく変化しています。少子超高齢社会の下、高度医療技術の進歩とともに、病院だけでなく在宅での医療が進んでいます。そこでは、多職種連携によるチーム医療が不可欠になっています。鈴鹿医療科学大学は医師以外の医療や福祉に携わるすべての専門職者を養成しており、4年間の学生生活から他の職種を理解し、一緒に協働できるようにカリキュラムが組まれています。これは他大学にはない特徴です。看護職はチーム医療のキーパーソンとして、いつも患者に寄り添い、主体的な判断力と行動が求められます。そのためには、看護の専門性を学び、個々の能力を発揮することです。
 近年、看護職の生涯教育が求められるようになり、看護系大学とともに大学院の数は著しく増加しています。本学は2019年4月から本学の大学院医療科学研究科に看護学分野を開設しました。昨今、高度化した臨床や看護教育の現場で教育・指導における課題が大きくなっています。そこで、本学大学院では、基礎看護学、成人看護学、小児看護学、母性看護学、老年看護学、精神看護学、在宅看護学、公衆衛生看護学の各看護学において、高度実践教育者(Advanced Clinical Nurse Educator)を育成することを目的にしています。大学院で勉強してみようと意欲ある看護職の方は大歓迎です。

看護学部への入学、そして大学院への入学の門戸は開かれています。みなさまの入学を心からお待ちしております。一緒に勉強・研究をしましょう。