学科・専攻の特色

医療健康データサイエンス学科の特長


現在、日本は少子高齢化が進み、多くの課題が顕在化しています。これらの課題を解決するには、コンピュータの力を借りなければ解決できない課題が多数あります。
医療分野では、電子カルテの登場により、医療の情報化は進み、多種類の大量のデータが蓄積されています。しかし、蓄積された医療データを患者のため、地域住民の幸福度の向上のために、利活用するしくみがまだ構築できていません。
本学科では、データサイエンスと医療科学の基礎をコンピュータ実習・演習を通して手を動かしながら、人工知能(AI)などのデータサイエンスの最先端のテクノロジー、医療の分野での利活用、ITマネジメントなどを学習します。卒業後は、医療機関だけでなく、IT企業、製造業、行政で活躍できる課題発見・課題解決・社会実装ができるデータサイエンティストを育成することを目指します。
新時代を開くイノベータになりたい方の入学を希望いたします。