受験生応援サイト

一般選抜

Ippan

一般選抜
詳細は「2025年度(令和7年度) 学生募集要項」で必ずご確認ください。

出願資格

○A日程・B日程共通
次の1~3のいずれかの条件を満たす方
1. 2025年3月に高等学校を卒業見込みの方、または2024年3月以前に高等学校を卒業した方
2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した方、または2025年3月31日までに修了見込みの方
3. 高等学校を卒業した方と同等以上の学力があると認められる方
(詳細は学生募集要項をご覧ください)

A日程 [特待生選考対象入試]

募集定員

学部 学科 専攻 募集定員
保健衛生学部 放射線技術科学科 34
医療栄養学科 8
臨床検査学科 12
リハビリテーション学科 理学療法学専攻 8
作業療法学専攻 8
医療福祉学科 医療福祉学専攻 5
臨床心理学専攻 5
鍼灸サイエンス学科
(鍼灸・スポーツトレーナー学専攻/鍼灸学専攻)
6
救急救命学科 8
医用工学部 臨床工学科 8
医療健康データサイエンス学科 8
薬学部 薬学科 30 ※
看護学部 看護学科 32

※薬学部薬学科の募集定員は3科目受験型20名、2科目受験型10名で配分。
◎第2志望学科(専攻)登録可(第1志望、第2志望の両学科(専攻)に共通する試験科目を選択する必要があります)。

入試日程

出願期間
(締切日消印有効)
試験日 合格発表 入学金納入
締切日※
授業料納入
入学手続書類
提出期限
(必着)
12月24日(火)
〜1月23日(木)
1月30日(木) 2月7日(金) 2月20日(木) 3月11日(火)

※2段階納入制度を選択することができます。

試験会場

本学(千代崎キャンパス)、東京、松本、浜松、名古屋、岐阜、大阪

試験内容・選考方法 (保健衛生学部、医用工学部、看護学部)

200点満点:2科目(各100点)の合計点で判定
試験時間:120分 (2科目連続)

学部 学科(専攻) 必須科目 選択科目
(必須科目のある学科は1科目選択、
必須科目のない学科は2科目選択)
保健衛生学部 放射線技術科学科 数学(I・A、Ⅱ) 英語、物理基礎、化学基礎、
生物基礎
から1科目
医療栄養学科 なし 英語、数学(I・A、Ⅱ)、物理基礎、
化学基礎、生物基礎、国語
から2科目
(英語・国語の組み合わせ不可)
臨床検査学科 化学基礎、生物基礎
から1科目
英語、数学(I・A、Ⅱ)、物理基礎、
化学基礎、生物基礎、国語
から1科目
(必須科目と同一科目の選択不可)
リハビリテーション学科
■ 理学療法学専攻
■ 作業療法学専攻
なし 英語、数学(I・A、Ⅱ)、物理基礎、
化学基礎、生物基礎、国語
から2科目
(英語・国語の組み合わせ不可)
医療福祉学科
■ 医療福祉学専攻
■ 臨床心理学専攻
英語、数学(I・A、Ⅱ)、物理基礎、
化学基礎、生物基礎、国語
から2科目
鍼灸サイエンス学科
■ 鍼灸・スポーツトレーナー学専攻
■ 鍼灸学専攻
救急救命学科
医用工学部 臨床工学科 数学(I・A、Ⅱ) 英語、物理基礎、化学基礎、
生物基礎
から1科目
医療健康データサイエンス学科 英語、物理基礎、化学基礎、
生物基礎、国語
から1科目
看護学部 看護学科 なし 英語、数学(I・A、Ⅱ)、化学基礎、
生物基礎、国語
から2科目

・出題範囲について、新課程入試の導入にともない、新学習指導要領に対応した試験内容ですが、既卒者(旧教育課程履修者)にも配慮した、新・旧課程に共通する試験内容を出題します。
・国語は「現代の国語」「言語文化(古文・漢文を除く)」を出題範囲とする。
・英語は「英語コミュニケーションI」「英語コミュニケーションⅡ 」「論理・表現I」を出題範囲とする。
・数学(I・A、Ⅱ)、国語には基礎的な「思考力・判断力・表現力」の評価を目的とした記述式問題を出題する。
※ 合計点で合格ラインを超えていても、必須科目の得点が受験者平均の50%未満の場合、不合格となることがあります。

試験内容・選考方法 (薬学部)

◎3科目受験型【R方式(3科目判定)300点満点、S方式(2科目判定)200点満点】
出願時に判定方法を選択(判定型はどちらか1つでも、両方でも可。検定料の追加は不要。)
・R方式(3科目判定):必須科目 「 化学(化学基礎・化学)」100点+選択科目2科目200点(100点X 2)
・S方式(2科目判定):必須科目「化学(化学基礎・化学)」100点+選択科目2科目のうち高得点科目100点
(注) S方式(2科目判定)のみ出願した場合も、3科目を受験する必要があります。

試験時間:120分(選択科目2科目連続)+60分(必須科目「化学(化学基礎・化学)」)

学部 学科 必須科目 選択科目
(2科目選択)
薬学部 薬学科 化学(化学基礎・化学) 英語、数学(I・A、Ⅱ)、物理基礎、生物基礎、国語
から2科目

薬学部必須科目「化学(化学基礎・化学)」の出題範囲は、『高分子化合物』を除く全範囲とする。

◎2科目受験型【300点満点】
・必須科目「化学基礎」200点(100点を2倍換算)+選択科目1科目100点
試験時間:120分(2科目連続)

学部 学科 必須科目 選択科目
(1科目選択)
薬学部 薬学科 化学基礎 注) 英語、数学(I・A、Ⅱ)、物理基礎、生物基礎、国語
から1科目

注) 2科目受験型の必須科目は「化学基礎」ですが、高等学校で「化学」を履修していることが望ましい。

・出題範囲について、新課程入試の導入にともない、新学習指導要領に対応した試験内容ですが、既卒者(旧教育課程履修者)にも配慮した、新・旧課程に共通する試験内容を出題します。
・国語は「現代の国語」「言語文化(古文・漢文を除く)」を出題範囲とする。
・英語は「英語コミュニケーションI」「英語コミュニケーションⅡ 」「論理・表現I」を出題範囲とする。
・数学(I・A、Ⅱ)、国語には、基礎的な「思考力・判断力・表現力」の評価を目的とした記述式問題を出題する。
※ 合計点で合格ラインを超えていても、必須科目の得点が受験者平均の50%未満の場合、不合格となることがあります。
※ 3科目受験型と2科目受験型を同時に出願することはできません。

出願

本学の入試はすべてWeb出願です。
出願期間中に《Web出願サイト》から手続きしてください。

  • ※出願期間中のみの受付となります。

出願書類

①入学願書(〔A〕入学志願票、〔B〕写真票) ※Web出願登録後に印刷
②調査書

B日程 [特待生選考対象入試]

2025年度 一般選抜B日程 入試変更点
学外試験会場の「浜松」を増設

募集定員

学部 学科 専攻 募集定員
保健衛生学部 放射線技術科学科 2
医療栄養学科 1
臨床検査学科 2
リハビリテーション学科 理学療法学専攻 1
作業療法学専攻 1
医療福祉学科 医療福祉学専攻 1
臨床心理学専攻 1
鍼灸サイエンス学科
(鍼灸・スポーツトレーナー学専攻/鍼灸学専攻)
1
救急救命学科 1
医用工学部 臨床工学科 1
医療健康データサイエンス学科 1
薬学部 薬学科 2
看護学部 看護学科 2

※薬学部薬学科の募集定員は3科目受験型20名、2科目受験型10名で配分。
◎第2志望学科(専攻)登録可(第1志望、第2志望の両学科(専攻)に共通する試験科目を選択する必要があります)。

入試日程

出願期間
(締切日消印有効)
試験日 合格発表 学費納入
入学手続書類提出期限
(必着)
2月12日(水)
〜2月28日(金)
3月6日(木) 3月13日(木) 3月19日(水)

試験会場

本学(千代崎キャンパス)、浜松、名古屋

試験内容・選考方法

150点満点:必須科目(必須科目のない学科は高得点科目)100点+選択科目1科目50点(100 点を圧縮換算)の合計点で判定
試験時間:90分(2科目連続)

学部 学科(専攻) 必須科目 選択科目
(必須科目のある学科は1科目選択、
必須科目のない学科は2科目選択)
保健衛生学部 放射線技術科学科 数学(I・A) 英語、化学基礎、生物基礎
から1科目
医療栄養学科 なし 英語、数学(I・A)、化学基礎、
生物基礎、国語
から2科目
臨床検査学科 化学基礎、生物基礎
から1科目
英語、数学(I・A)、化学基礎、
生物基礎、国語
から1科目
(必須科目と同一科目の選択不可)
リハビリテーション学科
■ 理学療法学専攻
■ 作業療法学専攻
なし 英語、数学(I・A)、
化学基礎、生物基礎、国語
から2科目
(英語・国語の組み合わせ不可)
医療福祉学科
■ 医療福祉学専攻
■ 臨床心理学専攻
英語、数学(I・A)、化学基礎、
生物基礎、国語
から2科目
鍼灸サイエンス学科
■ 鍼灸・スポーツトレーナー学専攻
■ 鍼灸学専攻
救急救命学科
医用工学部 臨床工学科 数学(I・A) 英語、化学基礎、生物基礎
から1科目
医療健康データサイエンス学科 英語、化学基礎、生物基礎、
国語
から1科目
薬学部 薬学科 化学基礎 注) 英語、数学(I・A)、生物基礎、
国語
から1科目
看護学部 看護学科 なし 英語、数学(I・A)、化学基礎、
生物基礎、国語
から2科目

注)薬学部志望者は高校で「化学」を履修していることが望ましい。
・出題範囲について、新課程入試の導入にともない、新学習指導要領に対応した試験内容ですが、既卒者(旧教育課程履修者)にも配慮した、新・旧課程に共通する試験内容を出題します。
・国語は「現代の国語」「言語文化(古文・漢文を除く)」を出題範囲とする。
・英語は「英語コミュニケーションI」「英語コミュニケーションⅡ 」「論理・表現I」を出題範囲とする。
・数学(I・A、Ⅱ)、国語には、基礎的な「思考力・判断力・表現力」の評価を目的とした記述式問題を出題する。
※ 合計点で合格ラインを超えていても、必須科目の得点が受験者平均の50%未満の場合、不合格となることがあります。

出願

本学の入試はすべてWeb出願です。
出願期間中に《Web出願サイト》から手続きしてください。

  • ※出願期間中のみの受付となります。

出願書類

①入学願書(〔A〕入学志願票、〔B〕写真票) ※Web出願登録後に印刷
②調査書

一般選抜の入試ポイント

第2志望登録

一般選抜A日程・B日程では第2志望学科を登録することができます(入学検定料の追加は不要)。
第1志望学科が不合格であっても、第2志望学科の合格最低点を上回っていた場合、第2志望学科に合格となります。
第2志望学科登録には、共通する試験科目を選択する必要があります。

一般選抜A日程 薬学部受験

一般選抜A日程において、薬学部では、3科目受験型と2科目受験型をを選択して出願できます。

3科目受験型 2科目受験型
R方式 S方式
3科目判定(300点満点)
必須「化学」(100点)+選択2科目(各100点)
☞1科目不調でも挽回可能!
☞「化学」に不安があっても、選択2科目でカバー可能!
☞3科目の受験準備が必要
バランス重視型なので合格ラインはやや低くなる傾向
2科目判定(200点満点)
必須「化学」(100点)+選択科目のうち高得点1科目(各100点)
☞選択科目の中に得意科目があれば高得点獲得可!
☞「化学」に自信がある方に有利!
☞3科目の受験準備が必要
高得点科目重視型なので合格ラインはやや高くなる傾向
2科目(300点満点)
必須「化学基礎」(200点)+選択1科目(100点)
☞「化学基礎」で受験できる!※
☞2科目で受験できる!
☞配点比率が高い「化学基礎」に自信がない人は不利
「化学基礎」 重視型なので合格ラインはやや高くなる傾向
両方式(判定)に出願可(検定料追加なし) 3科目受験型と同時出願不可

※ただし、高等学校で「化学」を履修していることが望ましい。

特待生選考対象入試

一般選抜はA日程、B日程とも「特待生選考対象入試」です。
総合型選抜や学校推薦型選抜で合格、入学手続きした方も、特待生選考にチャレンジできます。