カリキュラム

カリキュラム

導入教育 フレッシュマンセミナーⅠ-Ⅱ/情報リテラシー
情報処理技術系 コンピュータ科学基礎/コンピュータ科学基礎実習/インターネット基礎/情報基礎理論/データベース基礎/情報処理技術論Ⅰ-Ⅳ/プログラミング概論/プログラミング基礎Ⅰ-Ⅱ/プログラミング応用Ⅰ-Ⅱ/データベース設計Ⅰ-Ⅱ/ディジタルシステム工学/ディジタルシステム工学演習/情報ネットワーク
医学・医療系 医療概論/人体構造・機能論/臨床医学総論/臨床医学Ⅰ-Ⅵ/医療管理論Ⅰ-Ⅱ/診療情報管理論/診療情報分類法総論/診療情報分類法Ⅰ-Ⅱ(演習)/医療事務総論/診療報酬請求事務総論/診療報酬請求事務論Ⅰ-Ⅱ(演習)/レセプトシステム概論(演習)/診療情報管理セミナーⅠ-Ⅱ/医療安全管理論
医療情報系 医療情報学概論/医療統計学/医療統計学演習/医療情報システム論Ⅰ-Ⅱ/医療情報技師セミナーⅠ-Ⅱ/Web基礎/WebプログラミングⅠ-Ⅱ/医療情報システム実習Ⅰ-Ⅱ/応用情報数学/データ構造とアルゴリズム/数値解析/医療情報科学論/医療経営入門/画像情報処理/マルチメディア工学/1年生医療情報セミナー/2年生医療情報セミナーⅠ-Ⅱ/3年生医療情報セミナーⅠ-Ⅱ
病院実習
卒業研究Ⅰ -Ⅱ

シラバス

シラバスはこちら

カリキュラムマップ

カリキュラムマップはこちら

科目紹介

卒業研究
当学科では資格取得を目指すだけでなく、卒業研究に力を入れています。研究テーマは医療と情報に関連するものが用意されています。最近では、「電子カルテ操作の教材ツール開発」、「DPCデータの分析」、「画像処理」、「3D映像の視覚に及ぼす影響に関する実験」、「外国人医療問題に関するフィールド調査」、「病院の津波災害対策に関するフィールド調査」、「学科紹介用・授業教材用動画コンテンツ作製」、「初心者向け統計学習ソフトの開発」、「ヒューマンインターフェースに関する研究」、「Webアプリ・スマホアプリの開発」等、研究テーマは多岐にわたっています。当学科の卒業研究は、3年生後期からスタートして4年生の最後に発表会を行っています。その間、勉強ばかりではなく、お花見やバーベキューパーティなどのゼミイベントを通じても仲間との絆を深めることができます。3年生と4年生が密に接する機会が増えますので、勉強・資格対策・就活・バイト・恋愛のことなど、身近な先輩に気軽に相談ができます。以上の様な1年半の分厚い卒業研究を通じて、社会人として必要とされる本物の底力(自ら考えて行動できる。仲間を作って共に問題解決に取り組める。年齢の異なる人・様々な価値観を持つ人とコミュニケーションができる。)をしっかり身に付けることができます。
電子カルテの役割や操作方法を学ぶ
医療情報システム実習Ⅰ・Ⅱ(電子カルテシステム)では、実際の医療現場に導入されている「電子カルテ」を使用し、電子カルテのしくみや入力方法、診療時にどのように使われているか、コンピュータ内でどのような処理が行われているのかなどを体験的に学びます。電子カルテとは、従来、医師が診療の経過や検査結果、X線写真の結果などの医療情報を記入していた紙のカルテ(診療録)に代わり、コンピュータを使って記録するもの。医療情報を一括して管理・編集したり、データベースに記録したりすることができます。将来、電子カルテを駆使する医療情報を扱う専門家として、病院や企業で活躍するために必要な知識となります。
ネットワークやサーバーについて理解を深める
ネットワーク(インターネット)やサーバー(コンピュータ)は、医療情報システムの中でも、人間で言うと血管や心臓にあたる部分です。ここが適切に運用されていないと、病院の中は混乱するほど重要な役割です。
授業では、まず講義にてサーバーやネットワークの基礎的な内容を学習、次に実習でこれらの構築と管理(サーバーの組み立て、OSのインストール、ユーザー、プリンタの管理)、アクセス権の管理とサーバーの運用(共有フォルダ、アクセス権)、インターネットサービスの設定と管理(WebサーバーやFTPサーバー、リモートアクセス)を行います。実際にネットワークを構築し、サーバーの運用を行うことで体験的に学び、医療情報システムを管理、担当できる能力を習得します。

卒業後の進路(就職・進学)

本学科で学ぶ”医療と情報技術”の高度な知識を活かして、病院の事務部門(情報担当)や、電子カルテなどを作るソフトウェア企業のプログラマ・システムエンジニアとして就職するケースが多いです。
一般に、病院の事務部門の方は、”医療”の知識に関してはプロですが、”情報技術”の知識については、企業のエンジニアには、かないません。一方、企業のエンジニアの方は、その逆になります。
今日では情報技術の知識を持った学生は珍しくありませんが、”医療と情報技術”、両方の知識を兼ね備えた人材はそれほど多くなく、病院・企業からは本学科卒業生に対して熱い期待が寄せられています。
さらに詳しく