医療科学研究科 医療科学専攻

医療科学研究科概要

医療科学研究科 医療科学専攻
医療科学研究科医療科学専攻では、日々進歩し発展する医療技術に対応することができる柔軟な適応力と、より高度な知識技術をもつ医療人を育成する教育を行います。併せて、医療系の多くの分野を網羅しているという本学の特徴の利点を活用して、他分野のスタッフとも協力しチーム医療の担い手として活躍できる人材教育を行います。このような教育を通じて、地域医療を担う各種の医療機関や医療系企業で、即戦力になり、かつリーダーとして活躍できる幅広い能力を備えた高度専門職医療人の養成をめざします。
医療科学専攻には、 11専門分野すなわち、放射線情報学、医療栄養学、臨床検査学、理学療法学、医療福祉学、臨床工学、医療情報学、鍼灸学(以上千代崎キャンパス)と医療画像学、放射線治療学(東京サテライトキャンパス)・医療情報実践学(名古屋サテライトキャンパス)を設置しています(次頁以降参照)。修士課程・博士後期課程とも、個々の学生はこれらのどれかを主分野として、各分野および共通分野の約70の授業科目から幅広く履修します。また、主分野にかかわる修士論文研究や博士論文研究を行い、最後に論文作成と審査会を経て修士・博士の学位を取得します。
社会人学生を多く受け入れていることを考慮して、働きながら学べるように、週末に行う集中的な授業や、勤務先や自宅でもできる論文研究課題の設定など、さまざまな体制が整えられています。特に医療画像学及び放射線治療学分野の東京サテライトコースでは、毎月1、2回、土日の2日間をフルに使った授業を行うことにより、学生の便宜を図っています。

修士課程

修士課程に関しては、学部教育をより深化させ専門を極めた高度医療技術者の養成を目指してきました。
修了生は医療機関や医療関連企業等に就職しそこで中核となる指導的技術者として活躍しています。

修士課程科目概要(看護学分野 2019年4月 開設予定)
修士課程研究指導教員一覧(看護学分野 2019年4月 開設予定)

博士後期課程

博士後期課程については、加えて研究能力を持った試験研究従事者や医療系大学など高等教育機関教員の構成を行ってきましたが、さらに本学大学院は一定の実績と経験を持つ社会人の再教育の機能も果たしています。

博士後期課程科目概要
博士後期課程研究指導教員一覧

「臨床心理学分野」の開設について

平成30年4月より、修士課程に「臨床心理学分野」を開設します。「公認心理師」、「臨床心理士」 の受験資格に対応したカリキュラムで授業を行います。カリキュラム・授業概要・指導教員の詳細はこちらをご覧ください。

「認定社会福祉士」研究認証科目の受講生募集

鈴鹿医療科学大学大学院では、平成26年2月に「認定社会福祉士認証・認定機構」から研修認証を受け、4月から「認定社会福祉士」制度の研修認証科目を開講(隔年開講)しています。詳しくは以下の受講生募集要項をご確認ください。

「認定社会福祉士」研修認証科目の受講生募集

博士学位取得論文について内容と審査結果の要旨

【2015年 3月】 PDF
【2012年 3月】 PDF
【2011年 3月】 PDF

シラバス

一般教育訓練給付制度

本学の医療科学研究科医療科学専攻(修士課程・博士後期課程)は、「一般教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座」です。

一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)又は一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する一般教育訓練を受講し修了した場合、受講者本人が一般教育訓練実施者に対して支払った教育訓練経費の2割に相当する額が公共職業安定所から支給(上限10万円)支給されます。
詳細は厚生労働省ホームページをご確認ください。

※本制度は平成29年4月以降の入学者に適用されます。

医療科学研究科医療科学専攻修士課程(指定番号:24104-162001-9)   明示書
医療科学研究科医療科学専攻博士後期課程(指定番号:24104-162002-1) 明示書