白子キャンパスにて「救急・健康フェア2019」が開催されました

2019年09月25日

9月15日(土)白子キャンパスにて、「救急・健康フェア2019」が開催され、約450名の方が来場されました。

このイベントは、鈴鹿市・鈴鹿市消防本部・鈴鹿市健康づくり推進協議会等が主催し、市民の皆さまに救急と健康に関する理解と認識を深めていただくことを目的に例年開催しており、学官連携の一環による本学での開催は3回目となりました。

会場では、「医師による健康相談、血液検査、血圧測定(鈴鹿市医師会)」や「薬剤師によるお薬相談、小学生以下対象の薬局体験コーナー(鈴鹿亀山薬剤師会)」をはじめ、各ブースとも賑わいを見せていました。

本学からも、複数の学科がブースを設けて参加し、市民の皆さまに健康維持に役立つ情報をお伝えしました。

放射線技術科学科 エコーを使ってフルーツゼリーの中を見てみよう
人体模型パズルで体内を知ろう
医療栄養学科 体組成チェック(InBodyを用いた体組成の測定)
血管超音波測定
リハビリテーション学科 健康に関するクイズ、運動機能測定、姿勢測定、肺年齢測定(三重県理学療法士会)
吹き矢レクリエーション(三重県作業療法士会)
認知・嚥下機能チェック、言語聴覚士の仕事紹介等(三重県言語聴覚士会)
医療福祉学科 高齢者疑似体験、障害者とのコミュニケーションを学ぶ
社会福祉士・精神保健福祉士資格説明
鍼灸サイエンス学科 MT温灸の心地よい温熱と圧刺激で心身リラックス
臨床工学科 3Dプリンター実演、臓器モデル等展示
薬学科 水の硬度測定(「かたい水」・「やわらかい水」を比べよう)
看護学科 子ども目線体験、妊婦疑似体験、保育器・赤ちゃん人形等の体験・展示 等