医用情報工学科長 挨拶

学科長からのメッセージ

医用情報工学科 学科長 山本 晧二
医用情報工学科 学科長
山本 晧二
情報技術を医療の役に立てたいと考える皆さんへ
病院で使われる電子カルテ、ますます重要となる地域医療連携とそこでの情報技術、導入が進むクラウドシステム、などなど、医療の分野では高度なコンピュータシステムが深く浸透し、医療はもはや医療の専門家だけでは処理しきれない大きな総合的学問分野になってきています。ところが、医療の分野で取り扱う情報の多くは、患者さんの診療に関わる情報であり、同じデータであっても患者さんによってその医学的意味が異なり、使い方が異なり、関連して調べなければならない項目が異なることがあるなど、医療の知識が無ければ正しく処理することが出来ないのです。医療情報とは、本来、このような深い意味をもった情報です。そして、医療と情報の両方の知識と能力を携えた人には、その知識の深さや能力に応じて沢山の仕事があります。
病院の中で働く場合でも、医療に関する知識以外に情報処理が少しできるだけで、医療を支える大きな仕事をすることが出来ます。また、医療関連企業で働く場合においても、日本の医療制度や診療の流れを理解しているだけで大きな強みとなります。
本学科では、学生の希望を尊重しながら、少人数教育を通じてそれぞれの素質と適性を見極め、適性に合った形で全員に何らかの資格をとらせ、適性に合った形で教育し、卒業時にはそれぞれの学生が、自分が学んできた分野に関しては専門家として自信を持って活躍することができる人材を育成していきたいと考えています。