鈴鹿医療科学大学 鍼灸治療センター

鈴鹿医療科学大学 鍼灸治療センター

完全予約制 059-369-1503

鍼灸の種類

鍼ってなに?

色々な鍼

鍼とは、極めて細いステンレス製の鍼を、経穴(つぼ)に刺入または接触する治療法です。鍼は、裁縫針や注射針とは異なり、できるだけ痛みを伴わないよう尖端の形状が加工されており、可能な限り無痛で刺入をすることができるようになっています。

鍼治療とは、全身に点在する経穴(つぼ)を鍼で刺激して身体の不調を改善する東洋医学のひとつです。鍼の刺激によって筋肉をほぐしたり、血行や代謝を促したりすることで、痛みやつらい症状を改善していきます。

鍼の種類

毫鍼(ごうしん)

毫鍼(ごうしん)

現在、最も多く使われている、そして最も汎用的に用いられる鍼です。 鍼を刺した部位の筋緊張を緩和し、循環を改善することが知られています。 痛みに用いられる事が多いですが、さまざまな経穴(つぼ)に刺激を加えて、 多種多様の効能を発現させます。

訓練されたはり師による治療では不快な痛みはほとんど感じません。本センターでは患者さんの状態に合わせて様々な太さの毫鍼(ごうしん)を用意しています。最も細いものでは直径0.12㎜と毛髮程度の太さを用意しておりますので、鍼を刺すときの痛みが心配な方でも安心して治療を受けていただけます。

刺さない鍼

刺さない鍼

鍉鍼(ていしん)と呼ばれる太い鍼で、体に刺入することはありません。 接触させたり、押したり、擦ったりする優しい刺激で治療します。 日本では特に関西で盛んに用いられ、小児用の鍼治療として大きく発展しました。古典的な鍉鍼鍉鍼(ていしん)の他に、さまざまな刺さない鍼が作られ使用されています。 熟練したはり師による刺さない鍼の治療は、毫鍼(ごうしん)治療にひけを取らずよく効きます。一般的な凝りや痛みはもちろん、さまざまな症状に用いられます。 気分をすっきりさせて気持ちよくさせ、自律神経の不調を緩和する事を得意とし ています。刺激に弱く敏感で繊細な方や小児の治療によく使われています。 最近では、美容用の鍼として顔面部への治療にも応用されています。 本センターでは、樹脂製の単回使用小児鍼を用意しています。

パイオネックス

円皮鍼(えんぴしん)

シールの裏に小さな鍼がついていて、経穴(つぼ)に張り付ける鍼です。この小さな鍼でも、凝りや痛みを取ることができ、また持続的な効果が期待できます。最近では、スポーツ選手のケアや運動時の動作改善を目的によく使われています。

お灸ってなに?

色々なお灸

お灸とは、経穴(けいけつ)と呼ばれる部位に対して、ヨモギ葉の繊毛を精製した艾(もぐさ)を置いて火をつけ、その温熱刺激によって、体調などを整える治療方法です。歴史的には、経穴(つぼ)を使った治療は鍼よりお灸の方が早かったと考えられています。

お灸の治療は、【体に元気のない時】【冷えの症状】がある時によく用いられます。古来よりさまざまな症状に対するお灸の経穴(つぼ)が伝えられています。一般的にも、【胃腸を元気にして体力や足を強くする足三里(あしさんり)】のお灸や、【逆子の至陰(しいん)】のお灸は有名です。あまり知られていないかもしれませんが、【がん患者さんの痛み】や【体の不調のケア】にも使われることがあります。

お灸の種類

温筒灸(おんとうきゅう)または円筒灸(えんとうきゅう)

温筒灸(おんとうきゅう)または円筒灸(えんとうきゅう)

元来のやり方のお灸は艾(もぐさ)を体表で燃やしていたため、熱さと灸によるやけどの痕が問題になっていましたが、現代ではそれを解決した灸が開発されています。
本センターで用いている温筒灸は、紙の筒の中に艾(もぐさ)が詰められていて、艾(もぐさ)と皮膚表面の間に空間がある構造をしています。
直接皮膚を焼かないため、じんわりとした程よい熱さの温熱刺激を経穴(つぼ)に与えることができます。

艾(もぐさ)をひねったお灸

艾(もぐさ)をひねったお灸

元来のやり方のお灸は、指で捻って作った艾(もぐさ)の粒を体表上で燃やすものでした。この捻ったお灸の熱さの緩和法とやけどを防ぐ方法が開発され使われています。

隔物灸(かくぶつきゅう)

隔物灸(かくぶつきゅう)

艾(もぐさ)と皮膚の間に介在物(かいざいぶつ)を置いて、熱さを軽減する方法です。本センターでは灸点紙(きゅうてんし)というお灸用のシールや紫雲膏(しうんこう)と呼ばれる軟膏を介在物(かいざいぶつ)に用いています。

知熱灸(ちねつきゅう)

知熱灸(ちねつきゅう)

艾(もぐさ)の粒を直接体表上で燃やしますが、本センターでは、燃え尽きる前に艾(もぐさ)を取り除いています。

棒灸(ぼうきゅう)

棒灸(ぼうきゅう)

艾(もぐさ)を紙で包み、棒状にしたお灸です。火をつけた棒灸で、経穴(つぼ)をあぶって温める方法です。

灸頭鍼(きゅうとうしん)

灸頭鍼(きゅうとうしん)

鍼の上にお灸を載せて燃やす方法です。お灸の輻射熱(ふくしゃねつ)と鍼を伝わってくる温熱の組み合わせで、鍼と灸を組み合わせて体の深部まで温め循環をよくする方法です。

電子温灸器

光線器

火を使わずに、電気で温める灸です。温度は電子制御されているので火傷の心配がなく、煙も出ないため、呼吸器症状がある方には安心です。

光線治療器

光線器

太陽の光に似た連続スペクトルの光線を肌に照射し、光と熱で各種症状を回復させます。健康維持にも使われます。人体に有害とされる短波長の紫外線は含まれていないため安心してご使用いただけます。

超音波治療器

超音波

遠赤外線やホットパックなど体の表面を温めるものとは違い、超音波は体の深部を温めることができます。さらに、1秒間に100万回~300万回の高速度ミクロマッサージにより、深部に直接刺激を与えることができます。

その他

吸い玉

吸い玉

カッピングとも呼ばれます。皮膚を陰圧にした玉(カップ)で吸い上げることで血行が良くなり、筋緊張の緩和や疲労改善に用いられます。最近ではスポーツ分野で積極的に利用されています。