保健衛生学部救急救命学科保健衛生学部救急救命学科

SCROLL DOWN
生命を守る、最前線!!

Message

博愛精神を持ってあらゆる災害で
活躍できる救急救命士を養成します

皆さん、今も日本のどこかで事件や事故が発生しています。そんな危険な現場に救急車はサイレンを鳴らしていちはやく駆けつけます。その救急車の中で活躍する医療専門職が「救急救命士」です。
「救急救命士」は、傷病者に対して観察・判断・処置を高度な医学的知識と救急救命処置技術に基づいて行い、適切な医療機関に救急搬送をします。現在、わが国はチーム医療を推進するために救急救命士の活躍の場を拡大して救急外来においても積極的に活用しようと検討されています。
そこで、本学では、このような社会の趨勢(すうせい)と時代の求めに対応するため、医療機関での救急救命士の需要が高まることを予測し、「救急救命学科」を創設します。新学科では、傷病者や患者さんを含む家族に対して、思いやりの心と医療専門職としての倫理観、共感的態度をもって救急・災害医療の現場のみならず医療機関でも活躍できる知識と技術を有する救急救命士を養成します。

About

救急救命士とは

救急救命士という国家資格が誕生したのは平成3年(1991年)です。それまで救急隊員は救急車の中で医療行為を行うことはできませんでした。そこで傷病者の命を救うためには、病院前救急医療体制の充実が重要であるとの国民世論の高まりによって救急救命士制度が創設されました。これによって、医師の具体的な指示のもと、救急車内での救急救命士による医療行為が許され、わが国の救命率が飛躍的に向上しました。

DEPARTMENT INTRODUCTION

学科紹介

傷病者や患者さんを含む家族に対して、思いやりの心と医療専門職としての倫理観、
共感的態度をもって救急・災害医療の現場のみならず医療機関でも活躍できる
知識と技術を有する救急救命士を養成します。

Back Ground 学科誕生の背景
今まで救急救命士の活躍する場は消防機関が主たる場所でした。しかし、医師の働き方改革の一環として過重労働が常態化している救急医の負担を減らす狙いから、厚生労働省「救急・災害医療提供体制等の在り方に関する検討会」において救急救命士の医療機関においての職域拡大が議論され、事故現場や救急車内に限られている救急救命士の活動について、病院内でも認める方針が固まりました。この社会の趨勢と変化に対応し、医療・福祉の総合大学の強みを活かして設置するのが救急救命学科です。
身につけるべき5つのポイント 身につけるべき5つのポイント
Personal Characteristics 養成する人材像
病院前救急医学に関する諸科学と救急・災害医学に精通し、博愛精神を基本に人の痛みや苦しみに目を向け、 生涯にわたって継続的研鑽・学習に励み、専門的知識・技術の水準を維持する能力を身につけ、幅広い分野で活躍できる救急救命士を養成します。
Features of Learning Features of Learning 学びの特徴

POINT01

医療・福祉の総合大学として全学科混成のクラス編成で、全学科共通の授業「医療人底力教育」を通じて多職種連携を深く学ぶことができます。
「チーム医療」を学ぶことで、チームを組む他職種を理解します。

チーム医療概念図

POINT02

2021年4月に開院した「完全独立型緩和ケア病院」(附属桜の森病院)を有する大学で「遺族看護学」「スピリチュアル・ケア概論」を学び、救急救命士として必要とされる「死生観」を構築することができます。

POINT03

病める人や災害弱者の立場と苦しみを理解した上で、家族も同様に支援する「救急救命家族支援論」を学びます。

POINT04

事故や病気により変化した患者の日常生活行動への支援を行うための「救急健康生活支援論」を学びます。

Overview

概要

  • 名 称

    保健衛生学部 救急救命学科

  • 入学定員

    40名

  • 修業年限

    4年

  • 設置時期

    令和4(2022)年4月

  • 設置場所

    白子キャンパス

  • 取得可能資格

    救急救命士(国家試験受験資格)

Lecture

授業内容

病院前救急医療学概論1年次前期

わが国の病院前救急医療体制には、応急救護体制、救急搬送体制、病院前救急診療体制、救急受け入れ体制がありそれらの充実強化にはメディカルコントロ―ルという病院前救急医療の質を保証することが不可欠であることを理解します。本科目では、救急医療体制、災害医療体制、消防機関における救急活動の流れ、救急活動時のコミュニケ―ション、救急救命士に関連する法令、救急救命士の生涯教育、安全管理と事故対応、感染対策、ストレスに対するマネジメントについて学習します。

救急救命処置学概論Ⅰ2年次前期

救急要請する傷病者には、一刻を争って的確な救急救命処置を行い救命救急センターへ搬送が必要なものから、時間的猶予のある落ち着いた観察・判断・処置・医療機関選定が可能なものまでさまざまです。それらの傷病者に対して全身状態を素早く観察し、緊急度・重症度を瞬時に判断し適応医療機関を選定する能力について理解します。本科目では、観察総論、全身状態の観察、局所の観察、神経所見の観察、緊急度・重症度判断について学習します。

PRACTICAL TRAINING

実習

健康安全実習1年次前期

自他の生命を尊重し安全で健康な生活を営むためには、日常生活において事故を防止のために安全管理を徹底し、災害時には自助・互助・共助で助け合う博愛の精神を涵養させておくことが大切であることを理解します。本科目では、ファーストエイドを実践する際の心得、ファーストエイドの基本、急病、けが、止血、搬送、救護、胸骨圧迫や人工呼吸の方法、AED(自動体外式除細動器)を用いた除細動、気道異物除去法、水の事故防止の方法の知識や技術、救急医療に役立つ専門用語について学習します。

臨床実習3年次

医療機関では、多くのメディカルスタッフが医療専門職として働き、他職種と緊密な連携を図ってチーム医療が実践されています。また、救急搬送された傷病者が医療機関でどのように治療されているのかを確認し、救急隊と医療機関との連携の大切さを理解します。本科目では、医師や看護師など医療専門職から直接、患者を前にした指導や教育を受けることで、患者に接する医師の診察、問診、検査、診断、治療など診療に伴う一連のプロセスを学ぶことで疾病や症候、医療専門職の業務内容、医療機関の機能について学習します。

学外実習

(3年次)

臨床実習

実習施設三重県内の救命救急センター など

実習期間240時間

救急用自動車同乗実習

実習施設三重県内の消防機関

実習期間40時間

FLOW

4年間の流れ

何を学ぶかを知り、自分に適した
履修科目を考える

医療人底力教育で医療・福祉の幅広い分野を知り、専門教育で学びの概要を知り、自分に適した履修科目を選択します。

専門性を向上させる

1年次に学んだ基礎知識を土台として、救急医学についての専門性の高い科目を集中的に履修します。

臨床・救急現場の実際を学ぶ

三重県内の救命救急センターや消防機関などの協力のもとで臨床実習や救急用自動車同乗実習を、学外の医療機関や消防救急の現場で行います。

学外実習

・ 救急用自動車同乗実習[40時間]
・ 臨床実習(救急救命)[240時間]

国家資格取得に向け取り組む

救急救命士国家試験合格に向けた学修で、学びの集大成を行います。

卒業時に取得をめざす資格

救急救命士(国家試験受験資格)

救急救命士国家試験に加え、公務員採用試験へのサポートも万全!
救急救命学科では、消防官を中心とした地方公務員を希望する場合は、公務員試験に合格する必要があります。合格に向け、3年次に外部機関による公務員教養試験対策講座を開講します。(別途、受講料金が必要となります)

在学中に取得可能な資格

  • アメリカ心臓協会(AHA)BLSプロバイダー
  • アメリカ心臓協会(AHA)BLSインストラクター
  • アメリカ心臓協会(AHA)ACLSプロバイダー
  • アメリカ心臓協会(AHA)PALSプロバイダー
  • 予防医学療法研究会リセットⓇBasicトレーニング

FUTURE

将来の就職先

消防機関 / 都道府県警察本部 / 皇宮警察本部 / 海上保安庁 / 陸海空自衛隊
救急指定病院(救命救急センター等) / 介護福祉施設 / 大規模商業施設 / 鉄道会社 / 警備会社 など

救急救命学科リーフレットはコチラ救急救命学科リーフレットはコチラ

ACCESSMAP

アクセスマップ

千代崎キャンパス

白子キャンパス

救急救命学科は白子キャンパスに設置されます

ページのトップへ