鈴鹿医療科学大学

資料請求

アドミッションポリシー

鈴鹿医療科学大学が求める学生像

鈴鹿医療科学大学は、日進月歩の科学技術を、真に人類の健康と福祉の向上に役立たせるために、
保健・医療・福祉等の分野におけるコラボレーションが極めて大切であるとの考え方に立ち、
わが国で最初に創設された、保健衛生学部、医用工学部、薬学部、看護学部からなる医療科学の総合大学です。
国民の健康を守り福祉を充実する仕事が大好きで、優れた良識、広い視野、豊かな感性、
そして何よりも大切な、温かい心で人々の支援をすることをいとわない、高度医療の技術者、研究者、
教育者等になることを望んでいる人を求めています。

具体的な人物像

・ 保健・医療・福祉などに対する学習意欲が旺盛で、常に幅広い教養、新しい知識や技術などを求める人
・ 温かい思いやり、親切心、豊かな感性などを持つ人
・ 礼儀正しく、人との和を大切にする人
・ 多様な考え方を受け入れ、主体的、論理的に行動できる人
・ 企画力、判断力、実行力などの実践的問題解決能力を身につけ社会に貢献することに意欲を持つ人

入学選抜の方針(アドミッション・ポリシー)

入学選抜の方針は専攻により異なりますが、大学全体として共通する方針について以下に示します。
本学は、教育目標および学位授与方針を踏まえ、基本的には次のような人を受け入れます。なお、各専攻により入学選抜の方針には異なる部分がありますので、各専攻の入学選抜の方針を参照してください。

①保健・医療・福祉の専門的知識・技能を学ぶことができる基礎学力を持つ人
②科学的な思考力・判断力・表現力の基礎が備わっている人
③保健・医療・福祉領域で活躍しようという目的意識が明確で、自ら学ぼうとする意欲のある人
④病める人や弱者の立場に立って思いやることができる人
⑤いのちの尊厳を理解し、社会の規律を守ることができる人
⑥多様な人々と適切なコミュニケーションを取り協働できる人

このような人を適正に選抜するために、入学後の教育課程を踏まえ、各専攻に高等学校等で履修すべき科目等を公表した上で、多様な選抜方法を実施します。
入学選抜の方針の①~②に対応する学力の評価については個別学力試験、大学入学共通テストを利用し、また、高等学校の調査書、推薦書、面接における口頭試問、作文も活用します。
入学選抜の方針の③~⑥に対応する能力の評価については、面接、高等学校の調査書、推薦書、作文、志望動機書によって評価します。
学力と学力以外の能力を評価して選考を行いますが、総合型選抜、学校推薦型選抜(基礎テスト方式、面接方式、指定校制推薦)、一般選抜A日程、B日程、大学入学共通テスト利用選抜、社会人特別選抜の各入試形態により、学力と学力以外の評価の重みの比率や、評価の手段が異なります。
一般選抜A日程、B日程、大学入学共通テスト利用選抜では学力評価の重みが大きく、総合型選抜、学校推薦型選抜(基礎テスト方式、面接方式、指定校制推薦)では、学力以外の能力評価の重みが大きくなります。
本学への入学が確定した学生は、大学での授業を支障なく受講できるよう、各専攻で指定する科目について、特に高校での履修が不十分であった科目を重点的に、入学までに自ら学習することが必要です。必要に応じ入学前リメディアルの機会を提供します。

学科別アドミッションポリシー

保健衛生学部
医用工学部
薬学部
看護学部