鍼灸・スポーツトレーナー学専攻では、鍼灸の専門知識や技術はもちろんのこと、東洋医学と西洋医学による病気の解釈・診察・鍼灸治療の方法を学びます。さらに、疲労回復や故障した部位への治療だけでなく、故障の原因となる身体の状態を把握し、スポーツ選手の各種競技に対するパフォーマンスの向上や故障の発生・再発予防を目的としたトレーニング指導などの知識と技術を修得します。

求められる鍼灸師

鍼灸師が対応する患者さんといえば、
頭痛・肩こり・腰痛などの症状ばかりを治すイメージではありませんか?

鍼灸は、はり・きゅうといった道具を使用した治療法で、全身に点在する経穴(つぼ)や筋肉を鍼で刺激して身体の不調を改善します。
鍼灸治療では、「こころ」と「からだ」のバランスを整えることで症状を軽減していきます。人間の体には〝自然治癒力〝があり、鍼灸はその力を引き出そうとしているのです。その背景には東洋医学があり、鍼灸学では病気の解釈・診察・鍼灸方法を学びます。鍼灸は多くの疾患に効果がある医学なのです。
現代社会に求められる鍼灸師は、それだけではありません。花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギー疾患や婦人科疾患など、幅広い疾患の治療、ケアに応用することができます。新しいニーズが増え、様々な患者さんに対応する機会が増えてきています。本学では、従来から次のようなカリキュラムも取り入れてきました。今後は更に、時代に沿う鍼灸プログラムへと進化していきます。

鍼灸医学では「こころ」と「からだ」のバランス状態がそのまま体の表面にも現れると考えられており、体表面を刺激することで心身全体のバランスを整え、シミやソバカスといった皮膚表面の問題や肥満や湿疹など、美容に関連する様々な症状に対応しています。
健康・美容分野は、東洋医学の理論と手法を応用した美容法で、東洋医学的な全身の調整技術を学びます。
本学の「健康・美容鍼灸学」では、「健美(健康にもとづく美)」という考え方に沿いながら、「人を美しくする」鍼の技術とその科学的な裏付けについて深く学んでいきます。
他にも、鍼灸臨床と関連の深い婦人科疾患など幅広い症状に対応できる鍼灸の役割を学びます。

実際の現場で鍼灸を活かせるように、スポーツ選手のコンディション向上やケガの予防法を学びます。
授業では、スポーツ支援に必要な応急処置やコンディショニング(ストレッチ、テーピング)方法をはじめ、鍼灸治療について理解し、実践できるようになることを目標としています。
スポーツの世界でも、はり師・きゅう師の資格をもったトレーナーがアスリートの治療を行うなど、はり師・きゅう師の活躍の場は広がっています。スポーツ鍼灸は、スポーツ医学と東洋医学の専門的な立場から治療やアドバイスをすることで、ハードな競技に耐えるアスリートのコンディションを常にベストの状態に保ちます。

多くのスポーツ選手がケガの治療やコンディションを整える手段の一つとして鍼灸を利用しています。
また、健康ブームの影響で筋力トレーニング、ジョギング、ヨガなどを実践している方も多くなり、それに伴い鍼灸治療の受診者数も増加しています。

このような背景のもと、
2019年度より鍼灸サイエンス学科では
スポーツの専門知識を兼ね備えた鍼灸師を養成する

資格について

はり師・きゅう師
(国家資格)

「鍼灸師」は厚生労働大臣の免許を受け、東洋医療の専門家として病院や、相補・代替医療の施設で活躍したり、独立して治療院を開設できる独立開業権を持つ特色ある医療従事者です。法律上「はり師」「きゅう師」にわかれます。
鍼治療では、患部や経路の状態を診察したうえで、鍼を用いて治療します。病気の状態、患者さんの体質などによって鍼の種類や治療法が決定されます。灸治療では、もぐさ又はそれに類するものを用いて治療します。鍼治療と同様に、心身機能のひずみを整え、自然治癒力を活性化する効果があるとされています。
近年、高齢化社会の進行・生活習慣病の増加・ストレス等の要因により、「こころ」の病が増加するなど病態が複雑化しており、その中で「鍼灸師」が担う役割は一層クローズアップされています。今後は、医師・医療技術者など複数分野の専門家によるチーム医療に積極的に参加することが期待されています。現在は、東西医学を融合した新しい鍼灸として病院(内科鍼灸、麻酔科鍼灸、外科鍼灸、老年鍼灸等)・リハビリテーション施設(リハビリテーション鍼灸)・介護福祉施設(介護福祉鍼灸)等の医療分野だけでなく、スポーツ(スポーツ鍼灸)、美容(美容鍼灸)、企業内の健康管理(産業鍼灸・養生鍼灸)など活躍の場は幅広い分野に広がり、さらには海外でも活躍の場が開かれています。
鍼灸サイエンス学科で卒業に必要な単位を修得すると「はり師」「きゅう師」の受験資格が取得でき、厚生労働大臣の行う国家試験に合格することにより「はり師免許」「きゅう師免許」が与えられます。

トレーニング指導者
(JATI)

JATI(特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会)によって認定されている資格で、スポーツ選手から一般の方まで、幅広くトレーニング指導を行うことができる専門家です。競技スポーツ分野では、選手の体力強化や傷害予防を目的としたトレーニング指導を行います。対象や目的に応じて、科学的根拠に基づく適切な運動プログラムを作成し指導することができます。

※鍼灸・スポーツトレーナー学専攻のみ受講可能です。
※学費以外に、別途受講料や受験料が必要です。

特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会

パーソナルフィットネストレーナー
(NESTA)

健康・フィットネス・ウェルネスのプロとしての総合的な知識・技術の習得を証明する、NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)認定の資格です。
フィットネスクラブで働くトレーナーに必要な知識、スキルに特化したパーソナルトレーナーの資格で、トレーナーとしての基礎知識やスキルを学びます。健康増進や体力づくりを目的とした人を対象に、一人ひとりに合ったプログラムを作成し指導します。

※鍼灸・スポーツトレーナー学専攻のみ受講可能です。
※学費以外に、別途受講料や受験料が必要です。

NESTA 全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会

医療薬膳師

日本において薬膳の重要性は、益々高まっています。しかし、その使用法を誤れば効果が得られないばかりでなく、生活の質(QOL)の低下を招きかねません。薬膳を安全かつ有効に使用するためには、医学的な基礎知識を土台として東洋医学および栄養学(西洋医学)の知識に立脚した科学的根拠に基づいた「日本独自の薬膳」を実践する必要があります。これらの知識を持ち、適切に「日本独自の薬膳」を実践できる人材が「医療薬膳師」です。

一般社団法人 日本薬膳学会

健康食品管理士

消費者に対し健康食品等を適性に利用することと、その被害から守ることに指導的役割を担える人材のことです。医療界を始め食品業界、消費者教育等に携わる非常に有用な能力を有する人材として社会的に認められつつあります。健康食品管理士は、食と健康に関わる幅広い知識全般を学び、健康食品だけではなく、食と健康の問題や食の安全・安心を広く捉えることのできる人材として活躍できます。

一般社団法人 日本食品安全協会

学びについて

鍼灸・スポーツトレーナー学専攻で学ぶ

「フィットネス・スポーツ特論Ⅰ~Ⅴ」と「スポーツ鍼灸学」でスポーツトレーナーに必要な専門教養と技術を修得します。
鍼灸師に必要な解剖学や生理学といった主要基礎科目を土台にして、運動やスポーツに特有な要素を関連づけた教養は、アスリートや健康スポーツ愛好家を理解するうえで非常に重要です。
「フィットネス・スポーツ特論Ⅰ~Ⅴ」と「スポーツ鍼灸学」は1年次から3年次までの前・後期に開講される科目です。3年間かけてスポーツやフィットネスの基礎知識である運動生理学、運動学、運動心理学、スポーツ栄養学、トレーニング指導法などを学んでいきます。

カリキュラム

スポーツトレーナーってどんな仕事?

スポーツトレーナーとは、常にスポーツ選手がベストのパフォーマンスを発揮できるように、トレーニング指導やケガの予防、心身のコンディションなどを管理する仕事です。単にトレーニングを指導するだけではなく、選手のケガや予防、スポーツ障害にも対応しなければいけないため、テーピングなどの応急処置や医療に関する知識と資格が求められます。
プロのスポーツ選手を担当する場合、チームや選手達から信頼を得るには、的確な判断をするための高い技術と幅広い知識、豊富な経験が問われます。

また健康ブームの影響で、筋力トレーニング、マラソン、ヨガなどスポーツを楽しむ人が増加し、トレーニングの対象は一般の人々へも広がっています。
トレーニングする相手の体質や状態、トレーニングの目的、健康上の課題などを把握し、その人に合った指導が求められるため、幅広い知識とコミュニケーション能力が必要となる仕事です。

スポーツトレーナーになるには、必ずしも資格は必要ありません。
しかし、スポーツ選手を身体面からサポートするため、基礎医学の知識やフィットネス・スポーツ理論、体調管理に至るまでの専門知識が必要です。特に外傷に対する処置対応が多いので、はり師やきゅう師、柔道整復師、理学療法士など医療系の国家資格をもつスポーツトレーナーが多くなっています。

卒業生の声

練習や試合帯同時に選手をケア

治療院に所属しながら、静岡学園中学・高校のサッカー部の専属トレーナーとしても活躍している加藤さん。平日の午後はグラウンドでトレーナー活動を行い、週末には試合に帯同し選手たちを支えている。「練習前や試合帯同時にはトレーナールームの設営やテーピング、ケガの応急処置、監督各スタッフへの報告など、チームのために全力で取り組んでいます」。一番のやりがいは「チームの勝利を一緒に喜べること」と笑顔を見せる加藤さん。勝負の世界なので常に良い結果が出るわけではないが、それでも選手たちの一生懸命な姿を見守ることができるのは、本当に幸せな時間だと語る。「試合の何日も前から逆算して選手たちのコンディションを整えます。長い間ケガで離脱していた選手が復帰した時は、これ以上ない喜びですね」。

選手との距離感を大切に

トレーナーとして日々活動している中で、気を付けているのは選手との距離感だという。「選手たちと仲良くなりすぎると選手起用での判断でジャッジが鈍くなってしまうので、多少の距離は保つようにしています。それでもトレーナーは監督・スタッフと選手たちとのパイプ役なので、気軽に話せる雰囲気は作っています」。世間話から選手それぞれの性格を把握することで、その後のコミュニケーションのヒントになることも。「高校生の選手たちは周囲からの注目や環境の変化にとても敏感なので、できるだけ自分は平常心でいつも通りサポートをするように心掛けています」。将来の夢は静岡学園サッカー部の全国優勝。その夢に向かって、選手をサポートする日々は続いていく。

活躍のフィールド

専門知識を活かして、医療・福祉・スポーツ系・美容分野など幅広い領域で活躍できます。

医療機関

  • 勤務鍼灸師
    (病院・クリニック・施術所)
  • 整形外科のリハビリ
  • 内科、神経内科などの疾患治療
  • レディースクリニック

鍼灸治療院(独立開業)

  • 地域の保健医療に貢献
  • 開業しながらスポーツトレーナー

スポーツ分野

  • プロスポーツチームなどの専属トレーナー
  • プロアスリートのサポート
  • スポーツ関連施設
    (フィットネスクラブ、大学などのトレーニング施設)
  • トレーニングコーチ
  • 地域スポーツ指導者

美容関係

  • 美容・健康関連施設
    (リラクゼーションサロンなど)
  • 美容鍼灸院
  • レディース鍼灸

その他

  • 介護・福祉施設
  • 鍼灸師養成施設での学生への教育
    (教員)

鈴鹿医療科学大学の特色

大学施設内に実習施設
「鍼灸治療センター」を併設

鍼灸治療センターは、患者さんの治療を行うと同時に、鍼灸サイエンス学科の臨床実習施設として2004年に開設しました。
学生は、1年次の導入教育時に本センターを見学します。2年次から4年次にわたる鍼灸治療センター実習の際には、鍼灸師の資格を持つ教員の指導のもと、少人数制で患者さんへの問診や検査法をはじめ治療の実際を学んでいきます。
実践的に学べる環境が整っているので、現代医療の最先端の状況が学べます。

東洋医学研究所による
東洋医学の研究

鍼灸をはじめとする東洋医学は、未だ解明されていないことが多くあります。東洋医学研究所では、スマートニルス(SMART NIRS)やロボットスーツHALⓇを用いた研究や、漢方薬や鍼灸・薬膳など東洋医学と西洋医学との融合を学術的に研究しています。

東洋・西洋医学を融合した
世界初の薬膳を学べる日本薬膳学会を設立

「東西医学を融合した新しい薬膳」「日本風土・日本人に合った薬膳」「科学的根拠に基づいた薬膳」を追求するとともに、それらを担う人材育成を目的に2013年に鍼灸サイエンス学科・医療栄養学科の教員が中心となり日本薬膳学会が設立されました。日本では、大学教員による大学レベルの活動が行われている唯一の学会です。
鍼灸サイエンス学科・医療栄養学科では、所定の単位を取得することで「医療薬膳師」の受験資格を得ることができます。

「チーム医療」が
しっかりと学べる

医療技術の高度化・複雑化が急速に進む現状において、患者さん中心の高度で安全な医療を提供するためには多職種連携が不可欠です。本学では、「医療・福祉の総合大学」としてのメリットを活かし、1年次は学部学科の垣根を越えた全学共通の基礎教育「医療人底力教育」を実施しています。
「チーム医療I」の講義では、医療・福祉の各職種についてどのような仕事をし、どのような役割でチーム医療に関わっているかを中心に学びます。

よくある質問

「鍼灸学専攻」と「鍼灸・スポーツトレーナー学専攻」の違いは何ですか。
「鍼灸学専攻」では鍼灸師に必要な東洋医学、西洋医学的教養をじっくり学びます。「鍼灸・スポーツトレーナー学専攻」では、「鍼灸学専攻」の科目に加えてスポーツ専門科目を学び、日本トレーニング指導者協会(JATI)の「トレーニング指導者」と全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA)の「パーソナルフィットネストレーナー」の資格取得をめざします。
専攻選択は、いつ決定しますか。
専攻は出願時に選択します。(各専攻で定員は設定しません。)
「鍼灸・スポーツトレーナー学専攻」希望の場合は、体育会系の部活に所属しなければいけないですか。
所属する必要はありません。
体育会系の部活に所属していなくても、鍼灸・スポーツトレーナー学専攻に入れます。
資格取得は難しいですか。
国家試験に対応したプログラムと試験対策のきめ細かなサポート体制を設け、確実に資格取得できるよう万全の体制を整えています。
本学には、複数の医療・福祉系の学科や専攻があり、充実した国家試験対策により、高い合格率を維持しています。こうしたノウハウを活かし、学生一人ひとりの合格に向けバックアップします。
将来スポーツトレーナーとして働くことはできますか。
スポーツトレーナーに関する資格を取得すれば、すぐ現場で活躍できるというわけではありません。スポーツトレーナーは、スポーツ選手を身体や精神面からサポートする仕事のため、豊富な経験が必要となります。
スポーツトレーナーを志望する場合、資格取得後は、まずは医療機関や整体院、スポーツジムなどで、施術者やトレーナーとして働き、キャリアを積む場合が多いです。様々な経験をすることでスポーツトレーナーとして成長し、スポーツチームなどで活躍するケースが見られます。