鈴鹿医療科学大学 名古屋サテライトキャンパス

日本初、上級の医療情報技術者のための大学院

名古屋サテライトキャンパスを開設
医療科学研究科 医療科学専攻 医療情報実践学分野

上級の医療情報技術者を目指す社会人を対象としたコース

名古屋サテライトキャンパス開設への想い

情報ネットワークが急速に拡大し、
医療データが病院管理の範囲を超えて広がる中で、
医療の効率化と健全経営に対する必要性が増し、
データに基づいて医療経営戦略を立案することができる人材の育成が求められています。
そこで、

それぞれの分野で活躍でき、かつ、それらの人材を束ねてリーダーとして
全体を統率していく力を兼ね備えた上級の医療情報技術者を育成します。

実践力とリーダーシップを養うカリキュラム

座学とワークショップ型を取り入れたカリキュラム

共通」「データ分析・解析系」「管理・運用系」「医療情報システム系」をベースとしたカリキュラム構成で、
授業を「座学」と「ワークショップ」で行う実践型教育で「実践力」と「リーダーシップ」を育成します。

カリキュラム

3つのポイント

STEP1.社会人でも通いやすいスケジュール
月1〜2回の土日に開講するので働きながら履修できます。
※情報機器を使った実習科目や医療科学輪講 I など一部の科目は本学(三重県鈴鹿市)で行います。
STEP2.社会人でも通いやすい立地
地下鉄「栄」駅から歩いて約5分です。地方からお越しの方でも、通いやすい立地にあります。
STEP3.分野の第一線で活躍している方が授業を行う
分野の第一線で活躍している方が授業を行います。
現場で起きている問題や知識など最先端の知識を学ぶことができます。

講師紹介

教員名 専門 研究指導課題名
赤澤 宏平 医療情報学 医療統計学の理論とデータ解析に関する研究
稲岡 則子 医療情報学 標準化と医療データベース解析・活用に関する研究
稲田 紘 医療情報学 医療情報の解析に関する研究
川中 普晴 医療情報学 パターン認識に関する研究
木村 映善 医療情報学 データウエアハウス、臨床判断支援、情報セキュリティ
窪田 英明 医療情報学 医用画像処理に関する研究
武田 裕 医療情報学 医療マネージメントと医療情報学に関する研究
玉川 裕夫 医療情報学 歯科領域における医療情報システムに関する研究
内藤 道夫 医療情報学 病院情報システムにおけるヒューマンファクタに関する研究
松村 泰志 医療情報学 電子カルテシステムによる臨床研究基盤に関する研究
山下 芳範 医療情報学 電子カルテシステムによる臨床研究基盤に関する研究
山本 晧二 医療情報学 ネットワークセキュリティに関する研究

よくある質問

講義の特徴は何ですか?
座学以外に、自己研鑽の場としてワークショップ、プレゼンテーションなどの手法をふんだんに用いています。
どのような学位が取得できますか?
修士課程を修了された方には、修士(医療科学)を授与します。
社会人ですが、大学を卒業していなくても出願できますか。
入学(出願)資格審査において「大学を卒業した者と同等の学力があると認められる者」と判断されれば、出願可能です。
医療情報学関連分野での経験や業績などが審査対象となります。
入学(出願)資格審査は出願期間に先立って行いますので、出願開始日1ヶ月前までに、入学課(TEL.059-383-9591)
までご連絡をお願い致します。
どのような受験準備が必要ですか?
本学で学ぶ明確な目的意識を持つことが必須です。
また、医療情報に関する動向に関心を寄せ、ご自身なりの問題意識を持つことが求められます。
名古屋サテライトキャンパスに通うと上級医療情報技師の受験に役立ちますか?
本キャンパスで育成する上級の医療情報技術者の中に「上級医療情報技師」も含みます。
上級医療情報技師に求められる能力に関わる講義を行いますので、「上級医療情報技師」検定試験の対策としても有用です。

アクセス

住所 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-15-33 栄ガスビル5階
電車でお越しの方へ

【東山線】
「栄」駅下車 西改札口より三越方面 サカエチカ6番出口 徒歩5分

【名城線】
「矢場町」駅下車 北改札口より6番出口 徒歩3分