鈴鹿医療科学大学

資料請求

在学生の声

臨床工学科 在学生の声

阪 京香さん
Saka Kyouka

2年
三重県出身 三重県立津東高等学校 卒業

メッセージ
この学科を選んだ理由を教えてください。

臨床工学技士はあまり知られていない職業かもしれないですが、手術や透析でなくてはならない存在です。医者とは違い患者さんに見られることは少ないですがいないと手術は成り立たず、なくてはならない存在です。そんな縁の下の力持ちのような臨床工学技士の仕事にあこがれ臨床工学技士になりたいと思いました。

大学ではどのような事を学んでいるか教えてください。

解剖学や生理学を通して、これから医療人になるための基礎的な知識や、数学や物理など臨床工学技士にとしてこれから必要となってくる知識を学んでいます。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由、この大学に入学して感じていることを教えてください。

医療人底力教育でいろいろな学科の人と関わる機会があり、これから医療人としての必要となってくるコミュニケーション力など知識以外にも必要な力を身につけることができると考えたからです。入学して感じていることは、知識以外にも医療人として必要なことがあると感じています。

学科の魅力・印象に残っている出来事を教えてください。

一年生から医療器具に触れる機会があり、実際に人工心肺装置の操作のシュミレーションを行ったときは、先輩の操作を見たときとは違いとても難しかったことが自分の中では印象に残っています。

今、一番頑張っていることを教えてください。

医療に関する勉強を頑張っています。医療の分野は高校では習うことのない分野なので何もかもが新鮮で楽しいものですが、その分学習することが多く大変なので将来にむけて勉強をがんばっています。

大学生活について教えてください。(ライフスタイル・サークル活動・学外での活動など)

学校が終わったあと、他大学の学生さんに混じってよさこいを行なっています。いろいろな分野を専攻している人たちと会話ができるのでよい刺激になっています。

将来の目標や夢を教えてください。

臨床工学技士として人工心肺装置を使い患者さんを助ける手助けをし、病気が治ったときの患者さんの笑顔を見たいです。

先輩として、高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

臨床工学科は臨床工学技士になるための知識はもちろん臨床工学技士だけでなく医療人として必要な様々な力も身につけることができます。臨床工学技士はあまり知られていませんが、やりがいのある仕事であると感じています。誇りをもって学習していってほしいと思います。

仲田 俊介さん
Nakada Shunsuke

3年
沖縄県出身 沖縄県立普天間高等高校 卒業

メッセージ
この学科を選んだ理由を教えてください。

私は、医療現場に携わり人の役に立つ仕事がしたいと漠然とした気持ちを持ってました。その時に、高校の先生と病院の先生が知り合いということで地元の病院で医療従事者向けの説明会に参加する機会があり、そこで臨床工学技士という仕事をを知りました。医療技術や機器の発展により臨床工学技士の存在がますます必要になることや、医療機器の操作、保守点検を通じて医療現場で活躍できると聞き、この仕事に魅力を感じました。そのため、医療と工学を専門的に学ぶことができる臨床工学科を選びました。

大学ではどのような事を学んでいるか教えてください。

臨床工学科は、医療と工学を専門的に学ぶことができます。医学の講義では実際に臨床経験のある方の授業もあり、経験談をふまえて話してくれるためとてもわかりやすいです。とくに臨床工学技士は医療機器を取り扱うため、他の医療職に比べ数学や工学を学ぶ時間が多くなります。臨床工学科は数学、工学系科目の専門の先生が多くいて優しく教えてくださるため、文系出身の私もわかりやすく学べることができています。また人体模型や顕微鏡を用いた解剖実習や、実際に機器に触れ回路などを作成する電気工学実験によって、座学で身につけた知識をより深めることができます。3年生からは実際に臨床で使用される医療機器を使った実習が増えるため、とても楽しみです。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由、この大学に入学して感じていることを教えてください。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由は2つあります。1つ目は、医療総合大学の特徴を活かした医療人底力教育です。全学部混成チームを編成して、救急救命や介護体験などの体験活動やディベート、プレゼンテーションなどのチーム活動を行い、チーム医療に不可欠な協調性やコミュニケーション能力を養えます。また、他学科との交流により友達も増えます。2つ目は、地元沖縄県出身の先輩が多くいることです。勉強でわからないことがあっても気軽に聞くことできたり、定期的にある県人会があり、情報交換もできるためとても心強いです。

学科の魅力・印象に残っている出来事を教えてください。

臨床工学科は40名と少ないですが、その分周りとの距離も近いため高校のクラスのようなイメージです。全体の団結力が強く、勉強するときはお互いに教えあうことができ、遊ぶときはみんなで思いっきり楽しむことができるとてもいい環境です。また先生方との距離も近いため、わからないところがあれば質問できたり、いろいろアドバイスをもらうことができます。

今、一番頑張っていることを教えてください。

やはり、授業で遅れをとらないように日々の勉強は努力しています。授業での理解度を深めるために先生が話したことをノートにとったり、苦手な科目の場合はわからないところがあれば先生に聞いたり調べるようにしています。今後は学校の勉強だけでなく、TOEICや第1種ME取得にむけた勉強も始めていこうと思っています。

鈴鹿市で生活してみて感じた事を教えてください。

鈴鹿市はショッピングモール、スーパー、飲食店が多くあるため、不便なく生活を送ることができ、アルバイトをできる場所も多くあります。また、大阪や名古屋などの都市部からも近く、電車を利用して気軽に遊びにいくことができます。学生が住む指定寮やアパートは住宅街の中にありとても静かで、集中して勉強に取り組むことができます。

一人暮らしの感想を聞かせてください。

一人暮らしは炊事、洗濯、掃除を全部ひとりでやらなくてはいけないため最初は不安でしたが、やっていくうちに慣れていきました。それと同時に今までそれをしてくれていた両親への感謝の気持ちがさらに大きくなりました。また、近くに住んでいる友達も多くいるので一緒に遊んだり勉強をすることができ、とても充実しています。周りの環境に縛られず自分がやりたいことをやりたい時にできることも一人暮らしの良いところです。

大学生活について教えてください。(ライフスタイル・サークル活動・学外での活動など)

大学生活は勉強、趣味でとても充実しています。テストや資格の勉強がある際は家や図書館で勉強に取り組みます。鈴鹿市は海や山からも近く自然が豊かなのでアウトドア系の遊びを趣味にしています。休日は友達と海で釣りをしたり山に行き登山をしたりして日々の勉強のリフレッシュをしてます。

将来の目標や夢を教えてください。

現在、沖縄県では臨床工学技士の養成校ができたばかりのため臨床工学技士の数も少なく、本土に比べて技術に遅れをとっています。そのため、私は沖縄県の臨床工学技士の技術向上や人材育成に貢献できる臨床工学技士になりたいと考えてます。卒業後は数年間、医療技術が最先端の都市部で就職し、経験を積んでスキルを身につけていきたいと思っています。また、海外にも興味があるため、青年海外協力隊に参加して医療や工学の面から発展途上国に貢献することや、新しい景色を見たりいろんな人と触れ合ったりすることが好きなため、世界一周することも夢です。

先輩として、高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

大学生活に不安を感じている方もいると思いますが、大学は貴重な体験や出会いが多くある場所で毎日充実した生活を送ることができます。また、わからないことがあっても、周りの先輩方や先生方も優しく教えてくれるので安心してください。今、高校の部活や勉強で学んでいることはすべて今後の糧となります。高校生活は人生で一度しかありません。一日一日を大事にして、今できることを精一杯頑張ってください。