鈴鹿医療科学大学

資料請求

在学生の声

薬学部 在学生の声

才木 瑠華さん
Saiki Ruka

2年
兵庫県出身 兵庫県立八鹿高等学校 卒業

メッセージ
この学科を選んだ理由を教えてください。

幼いころに病気で入院し、手術をせずに病気を治していただきました。この事がきっかけで、手術を行わない薬による治療方法に興味を持ち、薬について勉強したいと思ったからです。また、理系科目が好きなので、それを生かせる仕事に就きたかったからです。

大学ではどのような事を学んでいるか教えてください。

主に人体構造機能学や医学概論などの専門科目、それを学ぶために必要な数学や基礎化学などの基礎科目を勉強しています。薬学部の1年生の講義は基礎科目が多いです。高校で理科科目を基礎までしか学ばなかったり、その授業を受けていない場合でも、基礎科目では高校の知識として必要なことを改めて教えてもらえます。それ以外にも底力実践教育という、他学科の学生と班を作り活動することで、チーム医療に必要なコミュニケーションを学んでいます。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由、この大学に入学して感じていることを教えてください。

この大学を選んだ理由は、医療系総合大学で医療系の他学科との交流を持てることです。また、大学の合格偏差値に対して薬剤師国家試験の合格率が高かったことから、薬学の知識を丁寧に教えてもらえると感じたからです。入学後、他学科と交流する機会がたくさんあり、また講義では、小テストの実施やクリッカーと呼ばれる装置を使うことで理解度を深める工夫がされていました。さらにグループで話しながら勉強できる自習室もあり、学習をするにはとても適した環境だと感じています。

学科の魅力・印象に残っている出来事を教えてください。

薬学部の魅力は、一年生前期で調剤薬局や病院等を見学する早期体験学習がある事です。一年生の時に薬剤師が働く現場を見ることで、将来への展望が持て、勉強をするモチベーションも上がりました。私は入学当初、調剤薬局に勤めたいと思っていたのですが、病院を見学した際、病院薬剤師のやりがいを知り、病院に勤めることに興味を持ちました。それ以外にも入学して間もないころにある薬学科で行われる交流会等に参加することにより、同学年だけではなく、先輩や先生との仲を深めることができたことも印象に残っています。

今、一番頑張っていることを教えてください。

私が一番頑張っていることは学友会の活動です。私はそこで執行部に所属しています。大学のゴミ拾い、テーブルマナー講座の企画やイベントのスタッフとして活動しています。また、在学生に大学への要望についてのアンケートを実施し、その結果について検討します。今は先輩方に頼りっぱなしなところがあるのですが、今年からは本格的に企画の作成に関わる予定です。そこで企画を作る時に生かせるように、イベントでの動きや必要になってくる道具について学んでいます。

鈴鹿市で生活してみて感じた事を教えてください。

気候は晴れている時は空気がカラっとしていて過ごしやすいです。ただ、海風を妨げる物が無いので風が強いです。下宿先の近くにコンビニや安いスーパーがあり、買い物をする時は助かっています。あと、私は自転車で登下校していて、大学の近くに自転車屋があるので、自転車に不具合が出た時に気軽に修理に出せます。

一人暮らしの感想を聞かせてください。

やっぱり、料理や洗濯などを自分でしないといけないので大変です。ただ、自分で生活のリズムを決めることができる点では良いと思います。それと、大学への登下校にバスや電車を使わなくていいので、好きな時間に帰ることができたり、とにかく自分でほとんどの事を自由にできます。また、一人暮らしの学生が多いので、学校帰りに一緒に買い物に行ったりして結構楽しいです。

大学生活について教えてください。(ライフスタイル・サークル活動・学外での活動など)

基本的に一限目の始まる三十分前くらいに大学に来て、講義が終わればすぐ家に帰宅するか、近くのスーパーやコンビニに買い物に行きます。講義のない空き時間は、大学内のL‐caféで自主勉強をしたり、友達とおしゃべりをしています。また、サークルは薙刀サークルと薬学研究会に入部しています。どちらもそんなにハードなサークルではないので、気軽に参加できます。

将来の目標や夢を教えてください。

具体的にどの方面に就職するかは決めていませんが、患者様に、担当した薬剤師が私でよかったと思ってもらえるような薬剤師になりたいと思っています。その為に国家試験に向けて、一生懸命勉強したいです。また、お金がかかる私立の薬学部に行かせてくれた家族に恩返しもしたいです。

先輩として、高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

鈴鹿医療科学大学 薬学部 薬学科は自分が頑張った分だけ、絶対に伸ばしてくれる場所だと思います。本気で薬剤師になりたい人は是非薬学科を受験しに来てください。多くの人が入学してくれるのを楽しみにしています。

關岡 総司さん
Sekioka Soushi

2年
三重県出身 三重県立津高等学校 卒業

メッセージ
この学科を選んだ理由を教えてください。

昔から、薬や食品の成分に興味があり、人を助ける事が好きな為、薬剤師という職業に就きたいと思いこの学科を選びました。

大学ではどのような事を学んでいるか教えてください。

薬学の基礎となる化学・物理・生物や医学の基礎である人体構造機能学などを学んでいます。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由、この大学に入学して感じていることを教えてください。

他学科の学生と合同で学ぶ機会が多く、他の医療系職種の事を理解でき、将来多職種連携・チーム医療に参加する時メリットが大きいと思います。

学科の魅力・印象に残っている出来事を教えてください。

薬学の基礎である化学・物理・生物をとても深くまで学べるので、日々自分の知識が増えていくのがとても楽しいです。

今、一番頑張っていることを教えてください。

将来、薬剤師として第一線で活躍できるよう、医学的知識を蓄えています。

大学生活について教えてください。(ライフスタイル・サークル活動・学外での活動など)

大学では、受講する講義を自由に選べるため、自由にできる時間が多く、その間に友人と外食したり遊びに行ったりもしています。

将来の目標や夢を教えてください。

病院薬剤師になり、患者一人一人の治療や健康管理の役に立ちたいです。

先輩として、高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

鈴鹿医療科学大学は、これからの医療現場で必要とされる多職種連携教育に力を入れています。また、先生方もとても熱心で、医療系大学に進みたい方にはこの大学をお勧めします。

濱口 奈々さん
Hamaguchi Nana

3年
三重県出身 三重県立松阪高等学校 卒業

メッセージ
この学科を選んだ理由を教えてください。

看護師をしている母の影響で、幼いころから将来、医療関係の職に就きたいと考えていました。数多くある医療職の中でも、患者さんを直接救うことができる薬を扱う職業に深く関わりたいと思い、薬学部を選びました。

大学ではどのような事を学んでいるか教えてください。

今は薬を扱うための基礎となる化学系科目、生物系科目、物理系科目を幅広く学んでいます。想像していた薬剤師のイメージとは異なり、ひたすら化学構造式や物理の計算式と向き合う日々なので大変ですが、薬学における基礎的な知識を身に着けるために頑張っています。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由、この大学に入学して感じていることを教えてください。

地元の大学で学びたかったことが一番の理由です。また、様々な医療職を目指す仲間が集まる医療系総合大学であり、自分の専門分野以外の人たちと交流ができるところに魅力を感じています。実際に入学してからは、施設が清潔で充実しているところに満足しています。

学科の魅力・印象に残っている出来事を教えてください。

薬剤師を目指す人たちが集まっているため、時にはライバルとして、時には仲間として切磋琢磨できる環境が良いと思います。1年生の前期に行われた早期体験学習では、実際に病院や薬局で働いている薬剤師の方を訪ねて現場の様子を見学することで、薬剤師を目指すためのモチベーションを高めることができました。

今、一番頑張っていることを教えてください。

講義で学んだ範囲は、その週のうちにまんべんなく復習するように心がけています。どの教科も独立していないため、別の科目で学んだことが他の科目で役立つと感じることが多いです。

大学生活について教えてください。(ライフスタイル・サークル活動・学外での活動など)

薬学部は科目の内容が幅広く、各講義で課題も課せられることが多いため、塾講師(アルバイト)を週2回だけ実施しています。また薬学研究会のサークル活動では、与えられた課題についてディスカッションをしたり、課題発表を行う活動を月2回行っています。親切な先輩が多いので、試験の過去問をもらったり、大学生活でのアドバイスを頂くことも多いです。

将来の目標や夢を教えてください。

将来は、病院薬剤師として働くことを希望しています。病院薬剤師は、患者さんに接する時間が長いため、より患者さんの病状や治療について理解し、深く携わることができると考えています。

先輩として、高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

薬学部では、将来の薬剤師につながる有意義な勉強をする環境が整っています。大学受験では大変に感じることもあるかと思いますが、自分のペースを大切に目標を持って頑張って下さい。

伴 勇介さん
Ban Yusuke

4年
愛知県出身 愛知県立岡崎東高等学校 卒業

メッセージ
この学科を選んだ理由を教えてください。

理由はいくつかありますが、大きな理由は、”薬剤師”という名前に憧れを抱いていたからです。薬剤師という立場から病気で苦しんでいる人のために働きたいと思ったことが一番の理由です。

大学ではどのような事を学んでいるか教えてください。

薬剤師に必要な専門的知識に加えて、医療現場におけるチーム医療の一員としての考え方や協調性を学んでいます。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由、この大学に入学して感じていることを教えてください。

医療系総合大学に魅力を感じ、県外ではありましたが自宅から通学可能であることから大学を選びました。本学に入学して感じたことは、最新の学習設備が整備されていたり、トイレなどの設備も綺麗であったことがうれしかったです。また、キャンパス内には自由に使えるテニスコートや卓球場なども完備されており、充実した大学生活を過ごせています。また、入学して1年目から担任制度があり、大学生活を過ごすにあたっていろいろアドバイスがもらえることも心強いです。

学科の魅力・印象に残っている出来事を教えてください。

一年生の5月頃に行われた新入生歓迎会が特に印象に残っています。新入生歓迎会では同級生や先輩、教員の方と合宿形式で過ごしました。夕食後に小グループに分かれて、先輩方と話し合う時間がとても有意義でした。新入生歓迎会では薬学部で学ぶ教科の難しさ、大学生活の面白さ、大学生としての考え方などを同じ大学に通う先輩から話を聞くことができ充実した時間を過ごすことができました。これから学んでいく6年間のビジョンが想像できたことを今でも覚えています。

今、一番頑張っていることを教えてください。

サークルの代表を務めており、サークル活動に力を注いでいます。鈴鹿きゅうめいサークルは誰でもできる一次救命処置を学生や一般の方々に伝える活動を実施しています。大学のサークル活動は自身がやる気になればいろんなことができると思います。私はこのサークルの活動を通じて、他大学の将来同じ医療現場で働くことになる医学部や看護学部の学生と交流しています。他学部の学生と共に活動することで、自分が医療現場に就いたときにもサークルでの経験が役立つと考えています。サークル活動ではすべて自分たち学生で考えて実行し、自立して行動ができるように心がけています。

鈴鹿市で生活してみて感じた事を教えてください。

2年生から下宿生活をスタートさせました。最初に生活してみて、落ち着いた印象で、閑静な町だと感じました。自転車を利用して大学の近くのスーパー、コンビニ、駅へ簡単に行けるので想像していた以上に生活しやすいです。近隣に鈴鹿サーキットがあり、F1などのイベントが開催されると、普段の数倍は交通機関や道路が混み合ったり町が賑やかになるのも住んでみて実感しました。

一人暮らしの感想を聞かせてください。

一人暮らしをスタートさせる前は自由な時間がたくさんあると考えていましたが、実際は家事などやることがたくさんあって大変です。生活費の管理、食事の管理、洗濯、掃除など生活の全てを自分自身でやらなくてはならないので非常に大変ですが、その分、得られることもたくさんあります。親のありがたさも心から感じました。もちろん大変なことだけではなく、ときには友人を呼んで思う存分遊ぶことも可能で、高校生活になかった時間を過ごすこともでき楽しんでいます。

大学生活について教えてください。(ライフスタイル・サークル活動・学外での活動など)

早朝に、大学近くの老人ホームで朝食の介助等のアルバイトを実施しています。アルバイトが終わり次第大学に赴き、講義を受けています。講義が終わったら、友人と時間を過ごしたり、サークル活動や部活に参加します。夕方は大学の図書室で、およそ21時ぐらいまで勉強するのが日課になっています。また、空いた時間や休日は他の大学に足を運んで他大学の学生と交流したり、県・市内のイベントに参加したりしています。

将来の目標や夢を教えてください。

現時点で、明確なビジョンはなく模索中です。大学生活を過ごしていくなかで、幅広い教科を学び、サークル活動などいろいろなことに挑戦してたくさんのことを吸収し、将来の方向性を模索していきたいと思っています。

先輩として、高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

大学生という立場は社会人となる前段階のステップだと思います。有意義な時間を過ごす人もいれば、残念ながら無意味な時間を費やしている人もなかにはいます。大学に入学してから有意義なキャンパスライフを過ごすためにも、大学受験する前に、しっかり自分自身が将来やりたい方向性を考えて欲しいです。