鈴鹿医療科学大学

資料請求

在学生の声

看護学部 在学生の声

中村 百音さん
Nakamura Mone

2年
三重県出身 三重県立上野高等学校 卒業

メッセージ
この学科を選んだ理由を教えてください。

きっかけは母が入院した際、頼りになる看護師さんにお世話になり憧れを持ったことです。そして、私自身も昨年足の手術で入院し、看護師さんの思いやりのある配慮で緊張や不安を軽減してもらいました。そのことから将来は人の助けとなる看護師を目指したいと思いました。

大学ではどのような事を学んでいるか教えてください。

鈴鹿医療科学大学の特色でもある「医療人底力実践」という授業では、看護のことだけではなく、他職種についても学習できます。また、他学部の生徒と交流し共に授業を受けることによって幅広い知識や考え方を身につけることができます。もちろん、看護の専門分野についても詳しく学ぶことができ、また、講義の中で先生方が医師や看護師の時の実体験に基づく話を聞かせてもらえるのでとてもためになると思います。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由、この大学に入学して感じていることを教えてください。

鈴鹿医療科学大学では、現代の医療で欠かせないチーム医療を重要視した授業が多くあります。チーム医療が重要視されている今の世の中で、看護についての知識だけでなく他職種についても理解することは大切であり、実際に就職してからも有利だと思ったのでこの大学を選びました。この大学に入学して感じていることは、看護学部の学生だけでなく他学部の学生とコミュニケーションをとることで一つの考え方に偏ることなく物事を広い視野をもって考える力がついたということです。

学科の魅力・印象に残っている出来事を教えてください。

明るく華やかな雰囲気の女子が多い学部です。周りには看護師になりたいという意識の高い友達がたくさんいます。通学中や空きコマを活用してお互い切磋琢磨しながら勉強しています。高校と違い同じ夢に向かって努力する仲間がいると、レポートや課題に追われてもお互いに支え合いながらみんなで乗り越えていくことができます。また、先生方も質問などに対して親身になって答えてくださるので授業についていくことができます。

今、一番頑張っていることを教えてください。

勉強です。解剖生理学など基礎になる教科が理解できることによって次に習うことがスムーズに理解できると思います。1年生後期からは実習が始まります。実習着に袖を通して看護師になりたい気持ちがより一層高まりました。しっかりと学習して身につけて行きたいです。

大学生活について教えてください。(ライフスタイル・サークル活動・学外での活動など)

通学に1時間半ほどかかってしまうので部活には入っていませんが、毎週日曜日は8時間ほどアルバイトをしています。勉強・アルバイトを両立させることは難しいですが上手に予定を立てることで充実した学生生活を送っています。

将来の目標や夢を教えてください。

専門知識をつけることはもちろんですが、色々な世代の人と上手にコミュニケーションを取れる看護師になりたいです。私は少し人見知りな所があるので、共に学ぶ友人やアルバイトなどの日常生活を通して人見知りを克服していきたいです。

先輩として、高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

今は大変な時期だと思いますが、オープンキャンパスや大学案内を利用するなどして目標となる大学を早めに決めることが大切だと思います。諦めずに精一杯頑張ってください。きっと、楽しいキャンパスライフが待っているはずです。

中村 太一さん
Nakamura Taichi

2年
三重県出身 伊勢学園高等学校 卒業

メッセージ
この学科を選んだ理由を教えてください。

私は小学5年生の時祖父がガンで亡くなり、その時担当してくださった看護師の方に感銘を受けて看護師を目指すようになりました。高校3年生で進路決定の際、チーム医療や設備の整っている看護学科を志望しました。

大学ではどのような事を学んでいるか教えてください。

基礎教科に加えて、看護専門教科や看護演習も行われています。また、一年生では全学部共通でチーム医療について学んでいます。チーム医療を通して、医療人として必要な知識やコミュニケーション能力を身に着けることが出来ます。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由、この大学に入学して感じていることを教えてください。

医療系総合大学で設備が整っており、医療人底力教育など現場で役立つスキルを多く身に着けたいと思ったからです。入学してからは、看護実習やサークル活動など、さまざまな経験をすることができとても充実した毎日です。

学科の魅力・印象に残っている出来事を教えてください。

男女の仲がとてもよく、看護師という同じ目標にむっかて全員で協力しながら頑張っています。看護演習や専門教科では先生方がしっかりとサポートしてくださるので、とてもやりがいがあります。

今、一番頑張っていることを教えてください。

看護実習にむけた演習に一番力を入れています。

鈴鹿市で生活してみて感じた事を教えてください。

大型ショッピングセンターが近くにありとても生活しやすいです。また、スポーツ施設も多く、鈴鹿スポーツガーデンやジムも近いので便利でとてもいい環境です!

一人暮らしの感想を聞かせてください。

学校やサークル、バイトなど大変ですが、楽しい友人たちにも恵まれとても充実した生活を送れています!また、家族の大切さを実感しています。

大学生活について教えてください。(ライフスタイル・サークル活動・学外での活動など)

現在はフィールドホッケーサークルを立ち上げて、遠征や試合などに参加しています。学外でも、毎日練習があり大変ですが目標に向かって練習しているのでとても充実しています。

将来の目標や夢を教えてください。

将来の夢は、患者さんの心の支えになれる看護師になり、小児看護の専門看護師になりたいです。また、2021年三重国体ホッケー競技に出場することが目標です。

先輩として、高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

勉強をするだけでなく、部活動やボランティア活動などに参加して様々な経験をすることが大切だと思います。今しかできないことを見つけてください。

成沢 聖也さん
Narusawa Seiya

3年
三重県出身 三重高等学校 卒業

メッセージ
この学科を選んだ理由を教えてください。

高校を選ぶときには、まだまだ進路なんてよくわからないと思っていたので、とりあえず普通科に行こうぐらいの気持ちでした。大学選びの際も、いざどのような学科に行きたいかと考えたときには、特に行く場所もなく、実際に職に就いてみないとわからないと思っていました。だからこそ、実際に職場を見て、自分自身がいったい何になりたいのかを考えようとインターンシップ制度を使いました。そこから、看護師に魅力を感じてこの学科に進みたいと考えました。

大学ではどのような事を学んでいるか教えてください。

1年次には看護はもちろんのこと、他学科を交えて、看護以外にも広く医療福祉について学びました。2年次からは看護のより深い内容について勉強していきます。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由、この大学に入学して感じていることを教えてください。

勉学に集中しやすい環境が一番だと思います。自習をしようと思えば図書室やゼミ室があり、学びやすい環境が整えられています。薬学科や放射線技術科学科など、他の医療職の学生、先生との交流があり、他ではなかなか得られない刺激があることも鈴鹿医療科学大学に入学してよかった、と思える理由の一つです。

学科の魅力・印象に残っている出来事を教えてください。

看護学科といえば実習があります。実習は辛く、厳しいです。ですが、終えたときには必ず新しい発見があります。始まったときには辛いと言っていた人が、終わった時には良かったと言っていたりします。実際に密に患者さんと接することができる看護実習は、魅力だといえると思います。

今、一番頑張っていることを教えてください。

日々の講義を集中して聴き、勉強をしています。講義をしていただいている先生方の話は、いましか聴けないと考えて、集中して聴いています。講義の内容が興味のあるものだから集中できる、ということもあるかもしれません。

大学生活について教えてください。(ライフスタイル・サークル活動・学外での活動など)

アルバイトやボランティア活動をしています。アルバイトはほとんどの生徒がしていて、していない人のほうが少ないです。ですが、みんなしっかりしていて、グループで集まって自主的に勉強をして日々努力しています。

将来の目標や夢を教えてください。

看護師免許を取得したのち、がん認定看護師を目指したいです。現在、日本の原因疾患別死亡者数第1位であるがんは、2016年には罹患数が100万例を超えるといわれています。さらに、2025年には団塊の世代が75歳以上となり、がん罹患数のさらなる増加も予想されます。なので、このようなニーズに応えられるようながん認定看護師になりたいです。

先輩として、高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

実際にしっかりと就職をしたわけでもないのに、急に大きな人生の分岐点がやってきて、正直、どうしたらいいのかわからないと思います。ですが、はっきりといえることは、適当に道を選んだ人は、みんな後悔しているということです。なので、いましっかりと調べてみてください。実際にいろいろな職業に近づいてみてください。例えば、この鈴鹿医療科学大学に訪れてみるのも手だと思います。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥です。

野村 茜さん
Nomura Akane

3年
三重県出身 三重県立白子高等学校 卒業

メッセージ
この学科を選んだ理由を教えてください。

幼少のころ入院していた時の看護師の優しさに、私も看護師になりたいと思うようになりました。また病院見学へ訪れた際、責任のあるとても大変な仕事でとても忙しそうだったが、とてもやりがいのある仕事と聞き、さらに看護職にあこがれるようになりました。

大学ではどのような事を学んでいるか教えてください。

人体の構造と機能から疾病について、またその対象となる人への看護方法。様々な発達段階に応じた看護援助方法など。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由、この大学に入学して感じていることを教えてください。

現在医療現場で主流となっているチーム医療を臨床に出る前に学べるという点です。医療大学にしかできないもので選んだ理由の一つです。この大学に入学して勉学や技術練習、実習と大変ですが、毎日多くの学びがあり、楽しく毎日を過ごしています。

学科の魅力・印象に残っている出来事を教えてください。

実際に看護師が使用している医療機器など、設備が整っており臨床に出る前に技術をしっかり身につけられる点が魅力です。

今、一番頑張っていることを教えてください。

看護をする際に必要な技術、知識を身につけるにあったって、基礎から勉強を頑張っています。

大学生活について教えてください。(ライフスタイル・サークル活動・学外での活動など)

学外の活動としてボランティアに参加しており、いろいろな経験をさせてもらっています。

将来の目標や夢を教えてください。

自分自身の看護観を持ち、医療スタッフ、患者、その家族に信頼される看護師になることです。

先輩として、高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

自分の描く将来像を大切にし、たくさんの経験を積んでください。