鈴鹿医療科学大学

資料請求

学科概要

学科概要

看護学科

看護学科で学ぶこと

確かな看護実践能力と豊かな人間性を備え、広い視野に立って
地域社会に貢献できる看護専門職(看護師・保健師)を養成します

現在、医療を支える看護専門職は救急医療や地域医療において量、質ともに不十分な状況が続いています。特に、三重県は南北に長く、地域により高齢化、過疎化が顕著に進行しており、各地域に根ざした保健、地域医療、在宅医療、福祉を担う看護専門職が求められています。
そこで、看護学部では、①看護実践能力の育成 ②コミュニケーション能力と幅広い教養の育成 ③チーム医療を理解し協働・連携する能力の育成 ④地域医療に貢献する意識・能力の育成 ⑤国際的視野で異文化理解のできる能力の育成の5つの目標を掲げ、真に社会で求められる人材の育成を目指します。

学科概要・カリキュラムはこちら

資格について

主にめざす資格

  • 看護師 (国家資格)
  • 保健師 (国家資格)

看護師は、診察、治療の場面から日常生活の支援まで、幅広い仕事を担っています。
そのため患者さまの傍に寄り添う時間も長く、全体的な状況を把握しやすい立場にあります。
チーム医療では、患者さまの立場にたち、身体、精神、社会面など多方面から患者さまにとってなにが重要であるかを話し合い、患者さまの意思決定を支え、治療支援やケアを行います。
そのなかで看護師は患者さまの治療・療養生活を総合的に支援する存在として、医療チーム・メンバーの調整、連携の推進役として、重要な役割を果たしています。

看護師の役割