鈴鹿医療科学大学

資料請求

学科概要

学科概要

医療福祉学科 臨床心理コースとは

医療福祉学科 臨床心理学専攻で学ぶこと

地域のなかで活躍する 心のケアの専門家を育てる

ストレス社会と言われる現代では、様々な悩みを抱えて心身の調子を崩す人が増え、医療・福祉・教育・産業などの領域では、心の専門家を求める声がますます高まっています。このような状況を受け、2015年9月、国会において心理専門職の国家資格として「公認心理師法」が成立しました。そこで本学では、従来の臨床心理士と新設の公認心理師の両方を養成できる大学院を設立する予定です。大学院進学をしない人たちも、本領域での理論と実践は、対人関係やコミュニケーション能力が重視されている一般企業への就職にも大変役立ちます。臨床心理学を学ぶことを通して、学生一人ひとりが自分自身に対する理解を深め人間的に成長することを目指します。

学科概要・カリキュラムはこちら

資格について

主にめざす資格

カウンセラー(公認心理師や臨床心理士など)は、こころの専門家です。
臨床心理学の知識とカウンセリング技術を用いて、相談者が問題をのり越え、その人らしく生活をしていけるように手助けをします。さらに、健康な人がより自分の能力を発揮したり、こころの病気にならないように予防のスキルを身につけたり、人間的成長をサポートします。
医療領域では、患者さまの状態をよく知る為に心理検査をしたり、カウンセリングを行ったりします。

その他資格