鈴鹿医療科学大学

資料請求

在学生の声

医療福祉学科 医療福祉学専攻 在学生の声

熊谷 美紀さん
Kumagai Miki

2年
静岡県出身 日本放送協会学園高等学校 卒業

メッセージ
この学科を選んだ理由を教えてください。

私は、高校生の時に母が肩を痛めてしまったことをきっかけに、理学療法士になることを目指していました。ところが、本学の「医療福祉コース」のオープンキャンパスに訪れた時、「患者さまの身体を治療し、痛みを改善する事は勿論大切な事ですが、患者さまの心に寄り添い、不安を取り除く仕事もとても大切であり、現代社会においてとても大切である」ということを知り、福祉に興味を持ちました。

大学ではどのような事を学んでいるか教えてください。

1年生では、福祉・医学・心理・介護などの基礎知識を学びました。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由、この大学に入学して感じていることを教えてください。

チーム医療のための底力教育により、実際の医療現場に対応できる人材育成に力を入れて取り組まれている事を知り、本学を選びました。実際に入学して体験してみると、少人数のグループ分けで他学科とも交流することができ、様々な情報交換は私にとって有意義なものとなっています。

学科の魅力・印象に残っている出来事を教えてください。

少人数なので生徒同士仲が良く、先生方も気さくな方が多く、気軽に話しかけられることが魅力だと思います。授業で訪問させていただいた児童養護施設の見学が印象に残っています。

大学生活について教えてください。(ライフスタイル・サークル活動・学外での活動など)

他学年との交流を持ちたかったので、サブカルチャー研究サークルに入りました。勉強のことはもちろん、それ以外のことでも先輩に相談できるので、楽しく活動しています。

将来の目標や夢を教えてください。

社会福祉士の国家試験合格を第一の目標としています。その後はまだ詳しく決めていませんが、大学で学んだ知識・経験を活かせる職業に就きたいと思っています。

先輩として、高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

鈴鹿医療科学大学で共に学べる日を楽しみにしています。

則竹 亮汰さん
Noritake Ryota

3年
三重県出身 海星高等学校 卒業

メッセージ
この学科を選んだ理由を教えてください。

高校2年生のとき、人の役に立つ仕事がしたいと考えていた際、地域包括支援センターの社会福祉士の方から福祉職を勧められ福祉を学びたいと思ったことがきっかけです。

大学ではどのような事を学んでいるか教えてください。

福祉に関する法律やボディメカニクスを活用した介護方法、認知症についての理解などたくさんのことを勉強しています。あと福祉分野以外にもカウンセリングや発達心理学などの心理分野も勉強しています。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由、この大学に入学して感じていることを教えてください。

医療人底力教育が魅力的だと感じたためこの大学を選びました。実際に薬学科や放射線技術科学科など他学科の方と関わることでいろいろな知識が得られるし、友達もできて楽しいです。

今、一番頑張っていることを教えてください。

今夏に行われる社会福祉士の相談援助実習に向けて、他職種連携や業務内容などについての理解を深めるために勉強しています。

大学生活について教えてください。(ライフスタイル・サークル活動・学外での活動など)

月に一回、大学の隣にある特別養護老人ホームの「桜の森白子ホーム」で行われている若年性認知症サロン「家族みまん」に参加しています。若年性認知症の方とカラオケや料理を楽しみながら、認知症について勉強させてもらています。毎月第二日曜日に行っているので、ぜひ参加してみてください。

将来の目標や夢を教えてください。

利用者さん一人ひとりと向き合い、施設に笑顔と活気を与えられる社会福祉士になること!

先輩として、高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

福祉職はロボットや人工知能には出来ない、人間だからこそできる魅力的な職業です。受験勉強は大変だと思いますが、皆さんと一緒に福祉が学べることを楽しみにしています。

伊藤 江里那さん
Ito Erina

4年
三重県出身 皇學館高等学校 卒業

メッセージ
この学科を選んだ理由を教えてください。

本学のオープンキャンパスに参加した際、学生が主体的に活動している姿が印象的でした。オープンキャンパスはとても緊張していたのですが、当時高校生だった私に対して学生や先生方が気さくに話しかけてくださり、気持ちが和んでリラックスできたことを覚えています。自分もこのような環境で学生生活を送りたいと思い、志望しました。

大学ではどのような事を学んでいるか教えてください。

主に福祉についての勉強ですが、社会福祉士には幅広い知識が求められるため、医療や社会保障の制度など勉強する分野は多岐にわたります。また、福祉の勉強に関しては児童、障害者、高齢者といった対象者別にソーシャルワークの技術などを学びます。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由、この大学に入学して感じていることを教えてください。

本学が医療・福祉の総合大学であるという点に魅力を感じました。他学科の学生との交流を通して、医療や福祉に関して多くの視点を持ち、自分の視野を広げたいと思ったからです。大学生活で感じていることは、他学科でも国家試験に向けて多くの学生が勉強に励んでいるため、とても刺激になり、自分自身も頑張ろうという気持ちになります。

学科の魅力・印象に残っている出来事を教えてください。

大学祭やオープンキャンパスなど学生が主体となって活動できることです。学生同士で意見を出し合い、当日に向けて準備を進めていくのは大変な部分もありますが、友達と協力しながら作業を進めていくのはとても楽しいです。年々、仲が深まっていくように思います。また、困った時にいつでも相談にのってくださる先生方の優しさや距離の近さも本学科の魅力の1つであると思います。

今、一番頑張っていることを教えてください。

国家試験に向けての勉強です。本学科では3年時から国家試験の対策講座が始まります。3年生のうちから国家試験に向けて意識を高めることができ、4年生への本格的な勉強に向けて気持ちを整えることができました。今年は猛勉強の1年になりそうですが、自分と向き合う大切な時間にしたいと考えています。

大学生活について教えてください。(ライフスタイル・サークル活動・学外での活動など)

私は、県内に住んでいるのですが、自宅が大学から遠く、通学に2時間ほどかかります。私のように遠方から通学している学生は多く、中には県外から通学している学生もいます。遠方からの通学は時間がかかりますが、千代崎キャンパスは最寄りの千代崎駅から徒歩で約15分、白子キャンパスの場合は白子駅からバスが通っているため、遠方からでも比較的通学しやすいと思います。

将来の目標や夢を教えてください。

私は、相手の言動、行動の奥にあるものを感じることができるソーシャルワーカーになりたいと思っています。なぜ相手がそのようなことを言ったのか、行動をとったのかを考え、相手の言葉やとった行動を鵜呑みにするのではなく、その奥にある思いや考えを感じ取ることで相手が求めているものを理解し、その思いに寄り添うことができるソーシャルワーカーになりたいです。

先輩として、高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

大学生活は、たくさん楽しいことが待っています。本学や福祉について少しでも興味のある方は是非オープンキャンパスに参加してみて下さい。