鈴鹿医療科学大学

資料請求

学科概要

学科概要

放射線技術科学科

放射線技術科学科で学ぶこと

現代の医療現場で求められる最新の画像診断・技術を習得し、
地域医療・福祉社会の発展に貢献します。

高度な画像診断機器を扱う診療放射線技師は、現代医療には欠かせない医療スタッフです。
特に近年、高齢化に伴いがんや循環器病にかかる人は増え続けており、
医療現場においても放射線の医学的利用の範囲は拡大されています。
医療機器の普及が進展するとともに、画像診断分野は目覚ましく発展し、
医療放射線を扱う唯一の専門職である診療放射線技師の役割は、重要性を増しています。
本学科では、こうした時代に対応するため、基礎と応用、
実践的な科目を有機的に組み合わせたカリキュラムを編成しています。
基礎医学、理工学、放射線科学、各種撮影技術や画像解剖学、
放射線を用いた治療技術などの専門科目を学習し、最先端の技術と知識を備えた技師を養成します。
卒業生は、医療関連施設、放射線関連企業など幅広く活躍しており、研究者として大学院に進学する道も開かれています。

学科概要・カリキュラムはこちら

資格について

主にめざす資格

  • 診療放射線技師 (国家資格)

診療放射線技師の仕事は、X線を使って受診者のX線写真の撮影を行ったり、超音波やMRIなどを使い人体内の画像を得たりして、診療のサポートをします。
また、放射線治療装置を操作してがんの治療などの放射線治療も行います。
人の体を傷つけず、痛みも感じさせずに体内の様子を画像として描くことで、病気の早期発見ができれば、治療も短期間で済み、健康・経済面の両方において社会に貢献することができます。

その他資格

  • 第1種放射線取扱主任者 (国家資格)
  • 第1種作業環境測定士 (国家資格:診療放射線技師免許取得後、一部の試験科目が免除)
  • エックス線作業主任者 (国家資格:診療放射線技師免許取得後、申請によって取得)
  • ガンマ線透過写真撮影作業主任者 (国家資格:診療放射線技師免許取得後、申請によって取得)