鈴鹿医療科学大学

資料請求

在学生の声

理学療法学科 在学生の声

上部 将司さん
Uwabe Masashi

2年
三重県出身 三重県立伊勢高等学校 卒業

メッセージ
この学科を選んだ理由を教えてください。

私は、昔からスポーツが好きでよく外で遊んでいました。中学校からバドミントンをしていて中学2年生の夏ごろに椎間板ヘルニアを発症しました。そしてそのことがきっかけで身体のことを調べるようになり、興味がわき始めました。身体のことを誰よりも詳しくなり、人の役に立ちたいと思い、理学療法学科を選びました。

大学ではどのような事を学んでいるか教えてください。

1年生前期には解剖学や生理学といった身体の構造などといった医学における基本的なことを学びました。また近年,チーム医療が盛んに行われており、他学科のことも学んでいます。後期はより専門的なことを学んでいます。特に運動学という科目では、関節の運動や、筋肉がどう収縮したらどのような運動が起きるのかということを学んでいます。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由、この大学に入学して感じていることを教えてください。

新しい人との出会いや自分が知らなかった知識を学べる喜びなど様々なことがあり、とても楽しいです。

学科の魅力・印象に残っている出来事を教えてください。

先生方が口をそろえて、仕事をし始めると学校生活よりも楽しいと話すことです。

今、一番頑張っていることを教えてください。

筋肉の起始・停止を覚えることです。理学療法ではこれが基礎になってくるので覚えておかないと授業についていけません。

大学生活について教えてください。(ライフスタイル・サークル活動・学外での活動など)

私は、実家で暮らしていて学校がある日は1時間かけて通っています。最初のころは朝早く起きるのに苦労していましたが、徐々に慣れてきて最近ではあまり苦になっていません。部活動はバドミントン部に所属しており、毎週水・金・日に活動しています。私はほぼ毎回参加しており、先輩方とも仲良くなりました。

将来の目標や夢を教えてください。

患者様と話をして信頼してもらい安心して治療を受けてもらえるような理学療法士になりたいです。

先輩として、高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

この学科に入ってからは覚えることがとてもたくさんあるのでそこで躓かないように努力することです。

杉山 智海さん
Sugiyama Tomomi

3年
静岡県出身 静岡県立焼津中央高等学校 卒業

メッセージ
この学科を選んだ理由を教えてください。

私は中学3年生で進路で悩んでいるとき、担任の先生から理学療法士を勧められ、興味を持ちました。しかし実際にどういうことをする職業なのかよくわからなかったので高校の時に病院のリハビリの見学をさせてもらい、理学療法士の方が患者様に指導している姿や、笑顔で歩行の練習を一緒にしているところを見て、私もこういう人の役に立てるような仕事がしたいと思いこの学科を選びました。

大学ではどのような事を学んでいるか教えてください。

大学では医療人として必要な座学の勉強だけでなく、実際に体を使った実技の授業などとても実践的な授業が多くあります。専門的な内容なので覚えることも多く大変ですが、助け合いながら皆で頑張っています。また、グループで実習をし、意見を出し合いながら協力してレポート作成をしたりしています。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由、この大学に入学して感じていることを教えてください。

この大学を選んだ理由は、学部学科を越えて他学科の学生と交流する中でチーム医療を学ぶことができるということや、国家試験の高い合格率に魅力を感じたからです。特にチーム医療は医療に関する様々な学科があるこの大学だからこそできるものだと思いこの大学を選びました。

学科の魅力・印象に残っている出来事を教えてください。

理学療法学科は覚えることも多く、勉強もついていくのに必死で大変ではありますが、その分やりがいや達成感も感じられます。先生から今が一番勉強ばかりで大変だと思うけど、臨床に出たら楽しいよと言われたことが印象に残っていて、将来楽しいと思えるように今は勉強を頑張ろうと思い日々勉強に取り組んでいます。

今、一番頑張っていることを教えてください。

学年が上がるにつれて授業の内容も難しくなっているので、復習しながら授業の内容についていけるように頑張っています。

鈴鹿市で生活してみて感じた事を教えてください。

鈴鹿市は近くに色々な公共施設があるので便利だなと思いました。またゴミ出しも燃えるゴミやプラスチックなど鈴鹿市専用の袋があるのが驚きでした。

一人暮らしの感想を聞かせてください。

一人暮らしを始めた当初は、新しい環境、慣れない家事に追われて大変でしたが徐々に慣れていき、こなせるようになってきました。特に料理は全くやっていなかったので、初めはやり方がわからずとても苦労しました。一人暮らしの良いところは自分の時間が自由に使えることや近所に住んでいる子と一緒に家で勉強や実技の練習を気にせずできることです。

大学生活について教えてください。(ライフスタイル・サークル活動・学外での活動など)

大学の勉強とアルバイトの両立は大変ですが、人と関わる接客業をすることでコミュニケーション能力がつき、将来の仕事にも活かしていけるのではないかなと思い頑張っています。

将来の目標や夢を教えてください。

将来は、患者様を笑顔にできて信頼されるような理学療法士になることです。目標に近づけるようにこれからも頑張っていきます。

先輩として、高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

今は受験で大変だとは思いますが、合格した時はとても嬉しいし達成感があると思うので頑張ってください。

伊藤 明日香さん
Ito Asuka

4年
三重県出身 三重県立津高等学校 卒業

メッセージ
この学科を選んだ理由を教えてください。

この学科を選んだ理由は、高校生の時、陸上競技部に所属していた自分や友人がけがをして走れず気分が落ち込んでいる際に、「けがの治し方や身体のメカニズムなどを知っていたら何かいいアドバイスができるのに...。」と思ったからです。そこから運動に関わることを何かできればいいなと思いました。

大学ではどのような事を学んでいるか教えてください。

大学の授業は座って受ける解剖学や運動学などの講義だけではなく、実際に動いて身体で理解したり、 友人同士で測定し合うことや、グループで考え話し合ったりするなど様々な形式があります。 そのため、実践的なものなど幅広い知識を身につけることができます。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由、この大学に入学して感じていることを教えてください。

鈴鹿医療科学大学を選んだ理由としては、理学療法士を目指していたことや実家から近いため学業やそれ以外のことにも 有効に時間を使うことができると考えたからです。 また、国家試験の合格率が高いことも魅力の一つです。 学科の皆が理学療法士になりたいという同じ目標があるので、互いに協力しあってがんばっていくことできると感じています。

学科の魅力・印象に残っている出来事を教えてください。

印象に残っていることは病院実習です。病院実習は2年生の終わりから始まり4回あります。 そこでは、実際の現場の様子を見学することや患者さんを動かさせてもらうことができるので、 その段階で自分にできることやできていないことがわかり今後に繋げていくことができます。 また、病院実習から学んだことをはじめ様々なことを学科のみんなで共有できることや、考えることができるところが魅力だと思います。

今、一番頑張っていることを教えてください。

3年生では、研究などのゼミが始まるため今はそれをどのようにしたら上手くできるかなどを友人と考えてがんばっています。 また、来年の4年生では総合臨床実習があるため、そこに向けてこれまでに学んだことの確認や3年次の実習で見つかった課題を改善していこうとしています。

大学生活について教えてください。(ライフスタイル・サークル活動・学外での活動など)

大学での生活はみんなが仲良く空き時間や授業後には友人と勉強することもあります。 学外では障害者スポーツのボランティアに参加したり、 陸上競技の学生トレーナーとして競技者のストレッチやマッサージを行いに行っています。 定期的なサークル活動ではないですが、様々なシティマラソンに参加するために、時間に余裕があるときは走っています。

将来の目標や夢を教えてください。

将来は、様々な疾患の患者さん各々に合ったリハビリテーションを行うことができるようになることと、 専門的な知識を身につけた上で、患者さんから信頼され笑顔を届けることができるような理学療法士になることを目標としています。

先輩として、高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

鈴鹿医療科学大学の理学療法学科は、学ぶための設備が整っています。先生方はわかりやすく指導をしてくださり、 学生は同じ目標を持っているため学ぶにはとても良い環境だと思います。理学療法士は、リハビリテーションを行うことでけがや疾患で低下した基本的動作能力などを回復することができ、やりがいのある職種だと思います。理学療法に少しでも興味がある方は調べてみることをおすすめします。 理学療法士を目指す学生としてこの大学で待っています。