鈴鹿医療科学大学

資料請求

学科概要

学科概要

医療栄養学科 管理栄養学専攻で学ぶこと

「医療」に重点を置いた栄養教育で、現代の「食」を取り巻く問題を解決に導く

2002年の「健康増進法」成立以来、管理栄養士の役割はより重要なものになっています。
これまでの調理中心の役割から、患者さまに対する最適な食事の提供、生活習慣病(糖尿病や高血圧など)予防のための栄養指導などの役割が求められています。
特に医療現場での活躍の場が増え、患者さまの入院期間の短縮につながり経済的・心理的負担を軽減するとともに、手厚い医療と効率的な治療に大きく貢献しています。

現在、若者の間でも生活習慣病予備軍が増大しており今後、健康な生活を送るために「食」は欠かせないキーワードとなるでしょう。 本学科は、医療・福祉の総合大学の利点を活かし、「医療」に重点を置いた栄養教育を実践します。「食」を通して、健康に関する社会の要請に応えることのできる「栄養の専門家」を養成します。

学科概要・カリキュラムはこちら

資格について

主にめざす資格

  • 管理栄養士 (国家資格)

栄養士、管理栄養士の仕事は、食物に関する正しい知識を持ち、健康を維持するための栄養指導を行うことです。
栄養士と管理栄養士の大きな違いは病院・養護施設に勤務した場合に生じます。
管理栄養士は傷病者である患者さまの栄養指導を行えますが、栄養士はできません。
管理栄養士は栄養と健康、疾病に関することを非常に多く学んで得られる国家資格です。

その他資格

  • 栄養士(国家資格)
  • 健康食品管理士
  • 医療薬膳師