鈴鹿医療科学大学
お問い合わせサイトマップEnglish
受験生の方へ 卒業生の方へ 大学案内 就職情報 アクセス
学部・学科案内
保健衛生学部
医用工学部
薬学部
看護学部
大学院
さらに詳しく
教育
大学自己評価報告書
行事日程
学生活動
市民公開講座
付属施設
図書館
東洋医学研究所
社会連携研究センター
鍼灸センター
ICT教育センター
ボランティアセンター
健康管理センター
学生相談室
学生食堂
指定寮・学生寮
学内サービス
SUMS-PO
学内専用コンテンツ
HOME >> 研究所・その他 >> 東洋医学研究所 >> 活動と歩み

研究所・その他 東洋医学研究所

東洋医学研究所 English
所長挨拶|活動と歩み|研究所施設ハイテク・リサーチ・センターお知らせリンク研究者及び研究課題アクセス

活動と歩み

東洋医学研究所

主な歩み
平成11年(1999)
東洋医学研究所設立に先駆け、保健衛生学部で、私立大学等経常費補助金特別補助「新技術開発研究」により『骨粗鬆症に関するテ ーラーメード治療法の開発』研究を開始。

平成11年7月

東洋医学研究所設立。

平成12年(2000)
「ゲノム遺伝子情報に裏付けられた骨粗鬆症、花粉症、末梢神経に関する新薬開発研究」プロジェクトにより、文部科学省ハイテクリサーチセンター整備事業に選定される。

平成13年(2001)
第三回国際中医学術交流会議(中国天津市)において、「骨粗鬆症モデルラットに対する中薬の骨量および骨形態に及ぼす影響」について特別講演を行った。

平成14年(2002)

採択された「ハイテクリサーチセンター整備事業」研究が中間年を迎え、研究進捗状況報告書を文部科学省に提出した。これまでに得られた主な成果は、前述の学会発表のほか特許5件を出願した。

平成15年(2003)
「ハイテクリサ−チセンタ−整備事業」研究が4年目になり、ゲノム遺伝情報に裏つけされた骨粗鬆症や末梢神経に関する新薬開発を行なった。

平成16年(2004)
「ハイテクリサ−チセンタ−整備事業」研究が最終年度を迎え、研究成果報告書を文部省に提出した。本プロジェクトで特許出願できた骨粗鬆症や神経再生薬の基本技術を社会に還元し製薬会社や特定保健食品会社と共同研究を進めていた。

平成17年(2005)
今年度、新しくハイテクリサーチセンター事業として脳卒中、脳卒中後遺症、血管性痴呆症、脳卒中、骨粗鬆症の予防や治療及びそのメカニズムを多方面から総合的に研究するプロジェクトを立ち上げ、推進した。

平成18年(2006)
新しいハイテクリサーチセンター事業を推進すると共にJSTの統合・代替医療の科学的評価手法の調査研究に参加し、世界と日本における代替医療の現状と需要に関する調査研究及びその評価ガイドライン作成をサブテーマとして、進めた。

平成19年(2007)
採択された「ハイテクリサーチセンター整備事業」研究が中間年を迎え、研究進捗状況報告書を文部科学省に提出した。

平成20年(2008)
 「ハイテクリサ−チセンタ−整備事業」研究が4年目になり、高齢化社会の日本が直面している五大疾患である脳卒中及び脳卒中後遺症、糖尿病、認知症、骨粗鬆症、癌の予防・治療法開発並びにそのメカニズム解明という疾患別のテーマを挙げて研究を行った。

平成21年(2009)
 「ハイテクリサ−チセンタ−整備事業」研究が最終年度を迎え、研究成果報告書を文部科学省に提出した。本プロジェクトで出願特許した中で非神経細胞の神経細胞への分化成熟法、該組成物と該組成物探索法について、特許査定を得た。(特許第4395633号)



主な活動
本研究所の理念である東洋医学、伝統医学を西洋科学の視点から統合するという考えのもとに、植物成分を中心材料とした免疫学的研究、神経科学的研究ならびに骨代謝研究に有効に活用する。また、本学(鈴鹿医療科学大学)の研究施設・設備・装置の一つとして大学全体の研究活動に利用したい。

1 骨粗鬆症、高脂血症などの生活習慣病に有効な中医薬および鍼灸治療法に関する研究
骨粗鬆症、高脂血症、高血圧等の生活習慣病に効果のある漢方薬をスクリーニングし、分子生物学的・生理学的研究により予防及び治療に有効な生薬処方が見出されている。鍼灸の効果についても新しい知見が得られている。

主要装置
・DEXA(骨塩定量測定装置)
・HPLC(高速液体クロマトグラフ)
DEXA   HPLC

2 花粉症、関節炎などの免疫性疾患に有効な漢方薬及び鍼灸治療法に関する研究
花粉症などの重要な免疫系疾患に効果のある中医薬をスクリーニングし、その作用機構の研究を行っている。また、鍼灸により花粉症体質が改善される可能性も見出している。

主要装置
・シーケンサ
・フジ イメージアナライザー
シーケンサ フジ イメージアナライザー

3 末梢神経の再生に有効な漢方薬及び鍼灸治療法に関する研究
切断された末梢神経の再生に効果のある中医薬をスクリーニングし、その作用機序の研究を行っている。また、鍼電気刺激による末梢神経の再生への影響について追求している。

主要装置
・レーザー顕微鏡
・クリオスタット
レーザー顕微鏡 クリオスタット

4 脳機能及びその障害に対する解剖・電気生理及び病態生理学的研究
パッチクランプ実験装置・生体システム神経生理学実験装置
パッチクランプ実験装置      生体システム神経生理学実験装置

▲上へ戻る
鈴鹿医療科学大学
千代崎キャンパス
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
TEL:059-383-8991 FAX:059-383-9666
白子キャンパス
〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
TEL:059-340-0550 FAX:059-368-1271
リンクいろんな三重が見えてくるプライバシーポリシー
Copyright(C) .SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE. All Rights Reserved.