鈴鹿医療科学大学
お問い合わせサイトマップEnglish
受験生の方へ 卒業生の方へ 大学案内 就職情報 アクセス
学部・学科案内
保健衛生学部
医用工学部
薬学部
看護学部
大学院
さらに詳しく
教育
大学自己評価報告書
行事日程
学生活動
市民公開講座
付属施設
図書館
東洋医学研究所
社会連携研究センター
鍼灸センター
ICT教育センター
ボランティアセンター
健康管理センター
学生相談室
学生食堂
指定寮・学生寮
学内サービス
SUMS-PO
学内専用コンテンツ
HOME >> 鍼灸治療センター

鍼灸センター

お知らせ 平成24年4月より 土曜診療を開始します

お知らせ 平成24年4月より 保険診療を開始します(詳細)PDF


ご挨拶

鈴鹿医療科学大学鍼灸センター長 西村 甲鍼灸医学は、東アジア伝統医学の中核をなしています。補完代替医療としても注目され、統合医療にも組み込まれています。鍼灸治療センターでは、現代医療においても欠かせない鍼灸医学による治療を行っております。
 大学付属の鍼灸治療センターは、診療を行うことは当然ですが、教育、研究の場でもあります。本学鍼灸学科の学生、また卒業生が技能の習熟のために、センター実習を行います。また、鍼灸医学など東洋医学は、個人の体質に合わせて治療方法を変えることが特徴ですが、その中においてある一定のレベルで治療の標準化が必要と考えます。これを目指して、当センターにおいて臨床研究を行っております。ここ鈴鹿から、鍼灸の新しく効果的で、かつ一般的な鍼灸師であれば施術可能な治療方法を発信していきます。
 以上のように、鍼灸治療センターは一般の鍼灸院とは異なった機能を持っています。このような機能を十分発揮できるよう誠意努力していく所存です。皆様方におかれましても、センターの役割についてご理解のうえ、教育、研究にご協力いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

鍼灸治療センター長 西村 甲
<患者様へ お知らせとお願い>


本センターは平成16年秋に患者様の治療を行うと同時に、鍼灸学科学生の臨床実習施設として開設されました。平成19年4月より実習の一環として、学生実習を行っております。治療室では、はり師・きゅう師の資格を持つ教職員の監督下で、学生が診療の補助を行います。

患者様には、当センターが教育研究目的で設置された施設であることをご理解いただき、学生の実習に御協力をお願いいたします 。


組織・沿革

本センターの前身である東洋医学研究所鍼灸治療院は、鈴鹿医療科学大学東洋医学研究所の附属施設として平成11年8月に設置され、地域の保健に貢献して参りましたが、平成16年4月の鍼灸学部新設をうけ、実習施設と臨床研究施設の機能を兼ね備えた鍼灸センターとして、平成16年10月に新たなスタートをきりました。
また、平成27年10月に鍼灸治療センターへ名称変更しました。

鍼灸治療センター長
治療担当者
はり師、きゅう師の国家資格を有する鍼灸学科所属教職員

目的・方針

○学生や鍼灸師の教育
本学鍼灸学科の学生が、授業の一環として見学や診療などの実習を行っています。また、鍼灸師の資格取得後の卒後教育施設としての役割を担っています。

○社会や地域への貢献
日本および中国の伝統医学と現代医学を融合した鍼灸医療を掲げ、地域のみな らず多くの人々の健康回復と増進のお手伝いをさせていただいております。

○鍼灸医学への貢献
日々の診療を通じて、鍼灸医学が皆様の健康にさらに貢献できるように症例の集積や研究を行っています。また、より安全な鍼灸治療を目指した取り組みも行っています。

診療のご案内

受付時間
午前9時30分 〜 12時
午後3時 〜 6時 × ×
日曜日、祝祭日は休診とさせて頂きます。また大学行事などのため、やむを得ずお休みをいただく場合があります。事前に電話などでご確認のうえ、ご予約頂きますようにお願い申し上げます。

診療費のご案内

診療項目 診療費
初診料 1,000円
診療費 3,000円 (※1・2)
美容鍼灸 3500円
特別診療(小児鍼) 500円(※3)
治療で用いた「はり」「きゅう」費用を患者様にご負担していただきます。
パイオネックス診療(20個追加) 上記に500円追加(※4)
パイオネックス診療(40個追加) 上記に1,000円追加(※4)
(※1) 午前診療では、学生実習を行う場合があります。その場合、診療費を2000円とします。
(※2) 法令で定められた6疾患(神経痛、リウマチ、頚腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎捻挫後遺症)に限り、健康保険の利用が可能です。
(※3) 対象年齢は0〜12才の小学生以下とします。
(※4) パイオネックス診療は、担当者が治療上必要とした場合に行い、上記診療費に追加します。
パイオネックスとは、一定時間皮膚表面に留置させる非常に短い鍼です。

予約
電話、またセンター受付にてご予約を承っております。ご希望の曜日、時間帯とご希望の治療者があればその名前をお伝えください。待ち時間なくご案内することが可能となります。
電話番号:059-369-1503(受付時間帯にご連絡ください)

現在のところメールでのご予約は承っておりませんのでご了承下さい。

鍼灸治療センター写真
外観 待合室・受付
外観 待合室・受付
治療室 車イス用トイレ
治療室 車イス用トイレ
施術室
施術室

周辺地図
周辺地図

鍼灸なんでもQ&A

はりは痛くないと聞きましたが本当ですか?
本当です。よく「蚊に刺されたくらいの程度」と表現しますが、ハリが皮膚に入るときに感じる刺激は大変微少なものです。またハリを刺した状態で15〜20分間そのままにしておくと、ほとんどの患者さんが眠ってしまいます。 いっぽう刺入時の感覚とは別に、ハリには『ひびき』とよばれるものがあり、刺した後に加える刺激によって「ズーン」と感じたり、温かく感じたりすることがあります。患者さんの体質により感じ方はさまざまですが、多くの場合不快なものではありません。もし違和感をもたれるようなことがありましたら、遠慮なく治療者にその旨をお伝え下さい。

感染が気になるのですが?
患者のみなさんにとって一番気がかりなことは、安全な治療が受けられるかどうかということですね。現在、多くの鍼灸院で一般的になっていますが、当センターにおいてはエチレンオキサイドガスで滅菌処理を施した使い捨て(ディスポーザブル)のはりを使用しており、また同じはりを別の患者さんに使用することはありませんので感染の危険はありません。安心して受診してください。

鍼灸治療に副作用はないのですか?
一般的にはりきゅう治療には副作用はないとされていますが、患者さんによっては治療後に身体がだるくなったり、症状が一時的に強くなったりすることがあります。これは瞑眩(めんげん)と呼ばれ、刺激量が適切でないことからおこる場合もありますが、治癒過程で出現する場合がほとんどで、半日から一日すると消失します。もし上のような症状がひどく感じられたり、不安に感じられましたら、治療を受けた先生へ連絡し、養生の仕方など指示に従ってください。

治療後はどのように養生したらよいのですか?
はりきゅう治療をした後は、身体が大変リラックスした状態になっています。その状態を維持するために過激な運動はもちろんのこと、直後の入浴や食事もできるだけひかえ、ゆっくり休養を取ることをおすすめしています。治療の前後少なくとも二時間はお食事も入浴もおひかえ下さい。

▲上へ戻る
鈴鹿医療科学大学
千代崎キャンパス
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
TEL:059-383-8991 FAX:059-383-9666
白子キャンパス
〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
TEL:059-340-0550 FAX:059-368-1271
リンクいろんな三重が見えてくるプライバシーポリシー
Copyright(C) .SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE. All Rights Reserved.