鈴鹿医療科学大学
お問い合わせサイトマップEnglish
受験生の方へ 卒業生の方へ 大学案内 就職情報 アクセス
学部・学科案内
保健衛生学部
医用工学部
薬学部
看護学部
大学院
さらに詳しく
教育
大学自己評価報告書
行事日程
学生活動
市民公開講座
付属施設
図書館
東洋医学研究所
社会連携研究センター
鍼灸センター
ICT教育センター
ボランティアセンター
健康管理センター
学生相談室
学生食堂
指定寮・学生寮
学内サービス
SUMS-PO
学内専用コンテンツ
HOME >> 大学案内 >> 大学紀要 >> 大学紀要 : 2007年(第14号)

大学案内 大学紀要


2007年(第14号)

原著

目次 掲載ページ
ホルムアルデヒド(formaldehyde)によるNK細胞の活性化及び特異的IgE,IgGの誘導に関する研究 具 然和,糸川 由佳,増渕 崇,黒野 有理,Kwang-Ho CHO,Jung-Sook CHOI,中村 敬,Ihil-Bong CHOI,Ki-Mun KANG,長谷川武夫,三浦 俊宏,大嶋 正己,鈴木 郁功,石田 寅夫 [1]
Anti Type 2 Diabetic Effect and Anti-oxidation Effect in Active Hydrogen Water Administration KK-Ay Mice Yeunhwa GU, Kazuyu OONISHI, Taigo FUJII, Yuka ITOKAWA,Takashi MASUBUCHI, Yuri KURONO, Toshihiro MAENAKA,Kwang-Ho CHO, Jung-Sook CHOI, Takenori YAMASHITA, Yasuyuki TAKAGI, Ihil-Bong CHOI, Ki-Mun KANG,Takeo HASEGAWA, Toshihiro MIURA, Masami OSHIMA,Ikukatsu SUZUKI, and Torao ISHIDA [13]
『オセロー』における主体と空間形象 服部 厚子 [23]
ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットにおける低血糖予防のための炭水化物摂取について 石原 領子,瀧澤 理恵,三浦 俊宏,宇佐美 勝 [31]
在宅要介護者の要介護度の経年的変化についての研究
―サービス利用量と要介護度変化に触れながら―
貴島 日出見 [39]

その他

目次 掲載ページ
貨幣の浮遊性から生じる金融市場のグローバル展開とJ・M・ケインズ『一般理論』の社会・経済思想 神尾 繁 [53]
日本語教師の力量形成へのライフヒストリー的アプローチ
―授業スタイルの形成と変容に焦点をあてて―
康 鳳麗,森脇 健夫,坂本 勝信,井高 節子,和田 明子 [71]

 

目次 掲載ページ
大学院博士・修士論文要旨(2006年) [79]
業績 [95]


  ▲上へ戻る
  ▲一覧に戻る
鈴鹿医療科学大学
千代崎キャンパス
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
TEL:059-383-8991 FAX:059-383-9666
白子キャンパス
〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
TEL:059-340-0550 FAX:059-368-1271
リンクいろんな三重が見えてくるプライバシーポリシー
Copyright(C) .SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE. All Rights Reserved.