公的研究費の不正使用防止への取組み

公的研究費の不正使用防止に関する基本方針

鈴鹿医療科学大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査ガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定)に基づき、本学における公的研究費の運営・管理を適正に実施するため、学内における責任体制を明確にし、以下のとおり取り組みます。

学長 豊田長康

1.機関内の責任体系の明確化

[最高管理責任者] 学長
大学全体を統括し、公的研究費の運営・管理について最終責任を負います。

[統括管理責任者] 研究担当副学長
最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理について大学全体 を統括する実質的な責任を負います。

[コンプライアンス推進責任者] 大学事務局長
大学内の各部局等における公的研究費の運営・管理について実質的な責任を持ちます。

2.不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

(1)学長を責任者とする不正防止計画推進部署を設置しました。
(2)不正防止計画推進部署は、不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施を行います。

3.研究費の適正な運営・管理活動

研究費の使用について、学内の使用ルールを研究者及び事務職員に徹底し、適正な運営・管理を行います。

4.公的研究費の管理・監査について

(1)公的研究費の不正防止 【PDF.1】
(2)公的研究費の管理・運営体制 【PDF.2】

5.情報の伝達を確保する体制の確立

(1)不正行為通報窓口
法人事務局 人事・厚生課
TEL:059-340-0331(直通)
FAX:059-383-9669
E-mail:houjinji@suzuka-u.ac.jp

留意事項
・告発は、「告発書」を用い、不正行為通報窓口に対する書面、電話、FAX、電子メール、面談などにより行われるものとする。
・告発された情報は、必要な調査を行うだけに使用し、それ以外の目的に使用したり、公開したりすることはありません。
・告発された情報に関し、より詳細な情報、調査への協力を求める場合があります。
・調査の結果、悪意(被告発者を陥れるため若しくは被告発者が行う業務を妨害するため等、専ら被告発者に何らかの損害及び不利益を与えることを目的とする意思をいう。)かつ虚偽による告発を行ったことが判明した場合は、告発者に対し、懲戒処分を含む必要な措置を講ずることがあります。
告発書

(2)使用ルール等に関する相談受付窓口
大学事務局 研究振興課
TEL:059-373-7811
FAX:059-373-7855