理事長挨拶

「日本初の4年制医療系大学」から「医療・福祉の総合大学」へ

鈴鹿医療科学大学は、1991年(平成3年)日本で最初に設立された「4年制医療系大学」です。当時は医師、薬剤師、看護師を除くと、まだ医療専門職養成に特化した4年制大学が日本には存在せず、医療専門職の地位向上と医療の高度化へ対応するため、「4年制医療系大学」の設立が急務だったのです。当初は2学部4学科と小さな大学でしたが、現在では4学部9学科11専攻分野を有する「医療・福祉の総合大学」となりました。

2014年(平成26年)からは、全学部全学科の1年生が白子キャンパスに集結し、学科の垣根を外したクラス編成の基礎ゼミなどで医療と福祉の基礎を学ぶ、「医療人底力教育」が始まりました。この教育により、鈴鹿医療科学大学のどの学科に入学しようと、すべての学生が同一の医療と福祉の基礎教育が受けられることになりました。そればかりか、1年次における他分野専攻の学友との交流は、より良い人間形成を促進し、後々の職場における「チーム医療」や「チームケア」などに大いに役立つものと確信しています。

本学は、「科学技術の進歩を真に人類の福祉と健康の向上に役立たせる」という建学の精神のもと、知性と人間性を兼ね備えた医療と福祉のスペシャリストの養成を行っています。
医療と福祉のスペシャリストをめざすなら、日本のパイオニアである鈴鹿医療科学大学です。将来、日本の医療と福祉のリーダー的存在となって活躍される人材が、本学から多数輩出されることを期待しています。

理事長 髙木 純一