ウイルス対策ソフト

ウイルス対策ソフト(Windows版のみ)

本学ではメールやWebからのウイルス感染を防ぐ専用の装置を導入していますが、各パソコンにもウイルス対策ソフトを導入して適切に運用してください。かつ定期的にWindows Update/パッチなどを行うようにしてください。
ウイルス対策ソフトとしてSymantec Endpoint Protectionが利用できます。
サーバーで一括にウイルス定義ファイルの更新( Live Update )を行います。
このときパソコンの電源が入っていて学内ネットワークに接続されると、ウイルス定義ファイルは更新されます。 
また各人でも Live Update を行うことや定期的なウイルススキャンをおこなってください。
大学が用意したウイルスソフト以外のウイルスソフトを利用する場合は、自己管理とします。
大量にインストールが必要とする場合などは、各自でご用意をお願いします。

Microsoft Windows をご使用の方へ <学内のみ>

Windows(32bit)用ダウンロード (ZIP圧縮)
Windows(64bit)用ダウンロード (ZIP圧縮)
*Windows10に対応しました。

■バージョン
12.1.6 MP5 (12.1.7004.6500)

■システムの要件
https://support.symantec.com/ja_JP/article.TECH231877.html
を参照してください。

■インストール手順
ダウンロードした圧縮ファイルを解凍して、解凍されたファイルをダブルクリックしインストールします。
インストール後、自動的にLiveUpdateを行い定義ファイルが新しくなります。