卒業生紹介 薬学科

卒業生紹介 薬学科

粟野恵介

患者さまから医師まで薬に関する悩みを解決する。
基本的には病棟で仕事をしていることが多いですね。入院している患者さまへの薬の説明や、アレルギー・副作用などのチェック。それに医師が、患者さまへ出す薬の相談に来たりもします。あとは入院患者さまの栄養面を管理するのも重要な仕事です。例えば、あまり食事が進んでいない患者さまにどんな栄養剤を選択すればいいかという相談を看護師や栄養士の方と一緒に行ったりします。この他に患者さまの状態にあわせて、より効果のある薬に変えることを医師に提案したりもしています。私の提案が通った時は「薬剤師として貢献している」という実感が湧きますね。
薬学部開設をきっかけにドラマで見たあこがれの世界へ。
昔から医療の世界にはあこがれがあって、実は医療ドラマとかを見ていたんですよ。そこで、白衣を着て歩く医師の姿を見て「かっこいい」と思って(笑)。それで進学を考えていた時に、ちょうど良いタイミングで、地元の鈴鹿医療科学大学が薬学部を作ったんです。学生時代で印象に残っているのは、薬理の教授の授業ですね。授業は解りやすかったですし、医療現場ですごく使える知識を教えていただいたと思います。講義で使った資料は今でも大切にとってありますよ。
就職先を探していたら自然と三重県内の病院に。
地元で通いやすいということに加え、院内の雰囲気が気に入って就職先は鈴鹿回生病院に決めました。それに、津にある「とらや」のいちご大福が好物なので、あまり離れたく ないというのもありますね(笑)。働きやすい環境を探していたら、自然と三重県での病院勤務になっていたという感じです。
周りからの信頼のために更なる成長を目指して。
いろいろな業務をこなすことで、達成感を味わうことも増えましたけど、まだまだ周りの人に助けてもらったり、教えてもらったりすることが多いですね。薬剤師はミスが許されないとても責任の重い仕事ですが、やりがいも感じます。これからは、患者さまや医療スタッフから気軽に相談にのってもらえるような存在になりたいですね。

近藤健太

正確さとスピードが要求される調剤業務。
主な仕事は、病院内の薬局で調剤を行うことです。医師の指示通りに薬を患者さまに出していくのですが、忙しい中でもミスなく、正確に行わないといけないので、気が抜けませ ん。学生時代の授業でいろいろな薬品名を覚えたのですが、授業で使う「一般名」と現場で使う「商品名」が違うので、そこには苦労していますね。今は、一日でも早く業務に慣れるよ うに勉強の毎日です。患者さまと直接話したりする機会は少ないのですが、検査を受ける前に、事前に内服を中止すべき薬剤に気づくことができ、医師に確認し、患者さまに説明することができました。その時は、薬剤師として患者さまの役に立てたことがうれしかったです。
身近な人の存在が薬剤師になるきっかけに。
実はいとこが調剤薬局をやっている薬剤師で、高校2年生の時に調剤薬局で、「薬剤師の仕事」について話を聞き、「こんな仕事があるのか」と薬剤師について知ったんです。それま で自分の進路について迷っていたので、その経験がきっかけで、鈴鹿医療科学大学へ進学することに決めたんですよ。学生時代には様々なことを学びましたが、特によく覚えているのが、5年生の時に学んだ基礎研究ですね。様々な実験を進めていく中で「自分の主観ではなく、常に科学的な考えで物事を判断する」ということを教えていただきました。この言葉は、今でも自分の中で考え方の基準になっています。
鈴鹿は「第2の故郷」だからこの街で働きたい。
出身地は紀北町なのですが、鈴鹿で6年間過ごすうちに、すっかりこの街が好きになり、今では「第2の故郷」だと思っています。学生時代からの付き合いがある友達もいますし、 交通の便が良く、名古屋など都市部にも近いところが気に入っていますね。だから、就職するときも「この街で働こう」という思いが強かったです。せっかくなので、鈴鹿の医療の 中心となる病院で働こうと思い、鈴鹿回生病院に就職先を決めました。実際に働いてみると、年齢が近い人が多く、話しやすい雰囲気なので、とても良かったと思います。 特に今年は入職したのが自分一人だったため、先輩方からいろいろと教えていただいています。先輩方から可愛がられて、働きやすい職場だと思いますね(笑)。