卒業生紹介 放射線技術科学科

卒業生紹介 放射線技術科学科

山田剛

機械への興味から「診療放射線技師」の道へ。
子供の頃から機械が好きで、エンジニアになるのが漠然とした将来の夢でした。医療のことはあまり知らなかったのですが、看護師の親から機械の知識を活かせる「診療放射線技師」の仕事を聞いて、興味を持ったのがこの仕事に就くきっかけですね。レントゲンの撮影やカテーテル検査などで様々な検査機器を操作することが多く、日々の業務を通じて医療の勉強が出来るのが、この仕事の面白いところだと思います。それに、私が勤めている病院は子供のころから長期で入退院を繰り返している患者さまも多く、そういった方が大きくなった姿を見た時や、家族の方から「ありがとう」と言われた時にはやっぱりうれしくて「やっていて良かった」と思いますね。
学生時代の勉強のおかげで今の仕事が続けられている。
学生生活を振り返ってみると、私は鈴鹿医療科学大学の一期生なので先輩がいなかったのですが、その分先生方との距離は近かったですね。特に卒業研究の先生には大変お世話になり、食事に連れて行ってもらったこともありました。今でも学会でお会いしたりして、つきあいがありますよ。4年生になると国試があるので、卒業するまでは試験勉強で大変でしたね。「最後の学生生活なのに損しているなあ」と思ったこともありましたけど、あの時に勉強していたおかげで今の仕事が続けられていると思っています。今勉強している学生の皆さんも大変だと思っているかも知れませんが、「医療に関わる仕事がしたい」という強い気持ちがあれば、必ず乗り切れるはずですよ。
大学の先生とのつながりが地元で働くメリットに。
鈴鹿医療科学大学とすぐに連絡が取れることは、三重で働く大きなメリットだと思います。さっきも話しましたけど、学生時代にお世話になった先生と今でもつきあいがあるので、基礎実験をする時などに、先生に相談すると、すぐに学生さんたちを連れて駆けつけてくれるんですよ。昔は学会発表を行うときに、内容のチェックを頼むこともありましたね。もし北海道のような遠い土地で働いていたらこんなことは無理だと思うので、三重で働くことができて良かったなと思っています。それに、地元のお祭りなどで昔からの友達とも会えるのがうれしいですね。仕事の話はあまりしませんが、懐かしい話をしたりして、良い気分転換になりますよ。

奥成子

撮影時の声掛けで受診者さまの緊張をほぐす。
胸部レントゲンや胃部レントゲン、マンモグラフィなど健康診断に関わる撮影をしています。一週間のうち、バスによる巡回健診を行う日もあれば、クリニックで健診を行う日もあります。マンモグラフィや胃部レントゲン撮影では、受診者さまが苦痛を感じてしまう場合も。撮影の時に気をつけているのは、なるべく受診者さまがリラックスできるよう「深呼吸してください」とか声を掛けることです。そうやって声掛けをしながら撮影をし、受診者さまから「痛くなかったよ」と言われると、すごくうれしいですね。健診は病気を早期発見することが目的の一つ。なので、撮影が上手にできることはもちろんですが、撮影によって病気を早期発見でき、受診者さまのお役に立てた時が一番うれしいですね。
苦手なことがあっても強い気持ちで医療の道に。
私は小さい頃から医療に関心がありました。でも実は血を見るのが苦手で…。医療関係に就いて人の役に立ちたいという強い気持ちはあったので、「なるべく血を見なくていい職種を」と考えて診療放射線技師の道に。学生の方で私のように血が苦手でも、きっと大丈夫ですよ(笑)。
技術を高めるため認定技師の資格にチャレンジ。
鈴鹿医療科学大学の授業で印象に残っているのは病院実習です。ベテランの方の撮影を見学し、とても参考になりました。ベテランの方がすごいのは、読影技術の高さです。今の職場の先輩もそうですが、画像を見ると「ここがおかしい」とすぐ病気に気づきます。私も技術を上げようと、就職後にマンモグラフィに関する認定技師の資格を取得しました。今は胃がん検診専門技師の資格を目指しています。まだ まだ勉強の毎日ですね。
卒業生が多く働く、大学のつながりが強い職場。
鈴鹿医療科学大学を卒業後にKKC 一般財団法人 近畿健康管理センターに就職しました。最初の配属先は滋賀県で、2年間働きました。次に配属となったのが、このウエルネス三重健診クリニックでした。この職場は鈴鹿医療科学大学の卒業生が多く、職員やアルバイトを含めると10人以上。そうやって大学のつながりが強い場所で働けるのは、地元ならではだと思います。6年目からは自分の好きな勤務地を選べ るようになりますが、他県は今のところ考えていません。やっぱり生まれ育った場所ですし、友達もたくさんいますから。これからも、三重県で働いていきたいですね。