卒業生紹介 医療栄養学科 管理栄養学専攻

卒業生紹介 医療栄養学科 管理栄養学専攻

丹波正人

「おいしい」という患者さまの笑顔が何よりのエネルギー。
病院内での食や栄養に関することを全て担当しています。献立作成などの給食業務、患者さまへの栄養指導、入院患者さまの栄養管理といった様々な業務があります。特に私の勤務する三重中央医療センターは急性期病院なので、重症患者さまの体力を回復させ、退院に導くまでの栄養管理が非常に重要。患者さまの栄養状態を把握し、その人に合った食事を提供することを心がけています。ですが、患者さまによっては口から栄養をとりにくい場合も。そんな時は栄養補助食品や点滴などを利用して、栄養をとってもらうようにしています。患者さまの体力が回復して口から食べられるようになり、「ここまで食べられるようになったよ」とか「ありがとう」と言って笑顔になってくださる瞬間は、本当にうれしいですね。
体の成長と食の関係が管理栄養士を目指すきっかけに。
私は昔からスポーツが好きでした。よく人から「体が大きいですね」と言われますが、小さい頃は食が細かったんです。だけどスポーツをしていたので「食べろ、食べろ」とよく言われました。それが嫌で嫌で(笑)。ところが、高校生になった時に急に食べられるようになり、体が大きくなりました。「体が成長するタイミングで食べること」の重要さを肌で 感じ、同時に「無理やり食べること」が良いことなのか、という疑問が生じました。そこからですね、食に対する興味が強くなっていったのは。食に対する疑問を解決したいと思い、鈴鹿医療科学大学に入学しました。学生時代は運動生理学の教授に大変お世話になりました。教授は私の進路に関していろいろ相談に乗ってくださり、教授がいなければ今私はここにいないかもしれないというくらい影響を受けましたね。尊敬できる恩師に出会えたことも、鈴鹿医療科学大学で学んで良かったことだと思います。
地元の食材を通して患者さまとコミュニケーション。
管理栄養士は女性が多いこともあり、私の職場でも女性の方が多いです。男性は珍しいと思われがちですが、男性ならではの良さもあります。患者さまの中には、男性の方が相談しやすいという方もいらっしゃいますし、医師からもよく話しかけられます。重いものを持つときは真っ先に声を掛けられますね(笑)。三重の魅力は食が豊かなところ。地元で採れる農作物も、本当においしいんです。患者さまがたまに野菜を差し入れてくださいますが、その時はお礼を兼ねて、自分の調理方法をレシピにして渡すこともあります。そうすると、「作ってみるわ。ありがとう」と、とても喜ばれます。そういったフレンドリーなやり取りも、三重県の皆さんの人柄の良さがあるからかもしれませんね。

奥村舞

多岐に渡る管理栄養士の仕事。全ては地域の方の健康のため。
保健所での管理栄養士の仕事は、地域の方の「健康づくり」に関することです。具体的には、病院や保育所などの給食施設への訪問や厚生労働省から県に委託されて行う国民健康・栄養調査、食品メーカーさんからの食品パッケージ表示に関する相談などを行います。他にも三重県独自の事業として、県民の方々の健康づくりのために街ぐるみで食環境を整備していくことを目的とした「健康づくり応援の店」の紹介も、三重県庁の公式ホームページ内で行っています。また、管理栄養士の養成校から来られる実習生の方の指導も行っています。ちょうど今、鈴鹿医療科学大学の学生さんが実習に来られていますよ。たくさん勉強していただきたいですね。 数ある仕事の中でも一番メインとなるのが、給食施設への訪問です。施設にある資料を見て栄養状態をチェックし、指導します。指導する上で気をつけているのが、その施設にいる管理栄養士さんの考えや想いを尊重すること。一応「こうすべき」みたいなものはありますが、それを押し付けることはしません。施設によって抱えている問題は違いますので、私が「勉強させていただく」という気持ちでお話ししています。いろいろな施設の話を聞いて、違う施設で似たようなケースがあれば参考までに話したり。勉強したことを他の施設にも伝えられるような、パイプ役になれれば良いなと思っています。
食べることに興味を持ち管理栄養士の道へ。大学のゼミでは食育について研究。
管理栄養士を目指したきっかけは、もともと食べる事が好きで、食べたものは体の中でどうなるんだろう?という興味がありました。高校生の時に栄養学に出会い「これだ!」と学ぶことを決意。母から大学に行くなら資格を取りなさいと言われていたので、鈴鹿医療科学大学で管理栄養士の資格取得を目指しました。大学では食育に興味を持ち、ゼミも堀田先生の食育に関するゼミに入りました。私にとって当たり前の食生活が他人にとって必ずしも当たり前でないということに関心を持ち、小さい頃の食環境・食生活が大きくなってからも影響を受けるということを学びました。その学びは、管理栄養士となった今でも役立っています。
星が輝く三重県の夜空。空気がきれいで住みやすい環境。
三重県はとっても星がきれいなんです!帰宅して車から降りると、いつも空を見上げる癖があるんです。「きれいだな」とか、「明日は晴れるかな」とか思いながら。空気がきれいで良い環境だと思います。あと、私が生まれ育った場所なので家族も近くにいて、父や母、兄、弟と一緒に暮らせるのがとてもうれしいです。そんな近くに住んでいる家族はもちろん、出会った人、目の前にいる人を幸せにできるような管理栄養士になりたいと思います。食べる事は生きていく上で欠かせない大切なものですから。その時間を大切にしたいと思いますし、みなさんにも大切に思っていただきたいですね。

酒井 知美

管理栄養士の知識を活かし販促物の制作を。
鳥羽マルシェは、鳥羽志摩でとれた農産物や海産物を販売する直売所と、「健康と郷土食」をテーマにした地産ビュッフェレストランを運営しています。野菜やお魚は毎日入荷するのでとっても新鮮!おいしいですよ(笑)。管理栄養士としての仕事の一つは、農産物に含まれる栄養素を紹介するPOPを制作し、売場に並べることです。ただ単に栄養素を紹介するだけでなく、例えば夏の終わりであれば夏バテに効果的な食べ方の紹介など、季節に合わせた提案を心がけています。今では食べ方を含めたPOP制作をしていますが、以前は栄養素をまとめただけのPOPでした。それだけだとあまりお客様に見てもらえなかったので、ある時から食べ方を先に書くことに変更。POPを作り変えたことでお客様の反応が良くなり、工夫していくことの大切さを学びました。お客様がPOPを見て食材を買ってくれたり、食べ方を参考にしてくれたり、POPを通して健康へのお手伝いが出来れば良いなと思っています。あとはビュッフェレストランのチラシ制作や、雑誌やテレビの取材があれば対応することも。店頭での接客ももちろんします。管理栄養士でありながら幅広い仕事ができるので、毎日が充実しています!
手作りのフリップを使い、小学生への栄養教育も。
年に1・2回、地元の小学生への栄養教育も行います。農産物の収穫体験の一環として、収穫した野菜に関する栄養素などを教えます。小学生への栄養教育なので、興味を持ってもらえるように紙芝居風のフリップを手作りしています。「文字を減らそうかな」とか「写真を大きくしようかな」とか試行錯誤しながら作り、現在は三代目。分かりやすくするために苦労しました(笑)。POP制作もフリップ制作も、大学での栄養教育の実習が役に立っています。妊婦さんや高齢者など栄養教育の対象となるグループを想定して、望ましい食生活を伝えるための模擬授業を行う実習です。大学での実習を思い出しながら、販促物の制作に活かしています。
海も山も近く、自然が豊か。離島でリゾート気分を満喫!
鳥羽の魅力は何といっても自然。海も山も近くにあり、自然がいっぱいなので落ち着きます。夏であれば離島に行ってバーベキューしたり、のんびりしたり。離島と言っても船で10~15分なので、手軽にリゾート気分が味わえますよ。そして、この土地に住んでいる人たちは温かい方ばかりです。鳥羽マルシェは地元の常連さんも多く、「今日も来たよ」と声を掛けてくださる方もいらっしゃいます。一緒に働くスタッフとも仲が良く、プライベートで旅行に行くことも。自然が豊かで住みやすく、そこに住む人たちも温かい。ずっと働くには、すごく良い環境だと思いますよ!