卒業生紹介 医療栄養学科 管理栄養コース

卒業生紹介 医療栄養学科 管理栄養コース

丹波正人

「おいしい」という患者さまの笑顔が何よりのエネルギー。
病院内での食や栄養に関することを全て担当しています。献立作成などの給食業務、患者さまへの栄養指導、入院患者さまの栄養管理といった様々な業務があります。特に私の勤務する三重中央医療センターは急性期病院なので、重症患者さまの体力を回復させ、退院に導くまでの栄養管理が非常に重要。患者さまの栄養状態を把握し、その人に合った食事を提供することを心がけています。ですが、患者さまによっては口から栄養をとりにくい場合も。そんな時は栄養補助食品や点滴などを利用して、栄養をとってもらうようにしています。患者さまの体力が回復して口から食べられるようになり、「ここまで食べられるようになったよ」とか「ありがとう」と言って笑顔になってくださる瞬間は、本当にうれしいですね。
体の成長と食の関係が管理栄養士を目指すきっかけに。
私は昔からスポーツが好きでした。よく人から「体が大きいですね」と言われますが、小さい頃は食が細かったんです。だけどスポーツをしていたので「食べろ、食べろ」とよく言われました。それが嫌で嫌で(笑)。ところが、高校生になった時に急に食べられるようになり、体が大きくなりました。「体が成長するタイミングで食べること」の重要さを肌で 感じ、同時に「無理やり食べること」が良いことなのか、という疑問が生じました。そこからですね、食に対する興味が強くなっていったのは。食に対する疑問を解決したいと思い、鈴鹿医療科学大学に入学しました。学生時代は運動生理学の教授に大変お世話になりました。教授は私の進路に関していろいろ相談に乗ってくださり、教授がいなければ今私はここにいないかもしれないというくらい影響を受けましたね。尊敬できる恩師に出会えたことも、鈴鹿医療科学大学で学んで良かったことだと思います。
地元の食材を通して患者さまとコミュニケーション。
管理栄養士は女性が多いこともあり、私の職場でも女性の方が多いです。男性は珍しいと思われがちですが、男性ならではの良さもあります。患者さまの中には、男性の方が相談しやすいという方もいらっしゃいますし、医師からもよく話しかけられます。重いものを持つときは真っ先に声を掛けられますね(笑)。三重の魅力は食が豊かなところ。地元で採れる農作物も、本当においしいんです。患者さまがたまに野菜を差し入れてくださいますが、その時はお礼を兼ねて、自分の調理方法をレシピにして渡すこともあります。そうすると、「作ってみるわ。ありがとう」と、とても喜ばれます。そういったフレンドリーなやり取りも、三重県の皆さんの人柄の良さがあるからかもしれませんね。