鈴鹿医療科学大学
お問い合わせサイトマップEnglish
受験生の方へ 卒業生の方へ 大学案内 就職情報 アクセス
学部・学科案内
保健衛生学部
医用工学部
薬学部
看護学部
大学院
さらに詳しく
教育
大学自己評価報告書
行事日程
学生活動
市民公開講座
付属施設
図書館
東洋医学研究所
社会連携研究センター
鍼灸センター
ICT教育センター
ボランティアセンター
健康管理センター
学生相談室
学生食堂
指定寮・学生寮
学内サービス
SUMS-PO
学内専用コンテンツ
HOME >> 教育 >> 医用工学部 : 医用情報工学科>> 学科紹介
 
受験生向け学科紹介はこちらから学科紹介ムービーはこちらから入試情報はこちらからシラバスはこちらから
医用情報工学科学科紹介
学科紹介 授業紹介 教員紹介

学科トピックス 
授業紹介に卒業研究を追加

本学科の特徴 
本学科の特徴   医療水準や患者さまへのサービス向上のため「電子カルテ」や「医療情報ネットワーク」など、医療情報の電子化が各病院で進められています。本学科では、医療の情報化を担う「医療情報技師」と診療情報管理士を養成しています
 医療情報技師は、医療に関する知識と保管利用を担う「電子カルテ」の開発・運用を行います。医療情報化が推進される今、もっとも求められる人材といえます。
 また、診療情報管理士は、病名などの診療情報の収集管理と精度管理を行います。
 どちらも学んだ診療情報管理の知識と技術を活かし、チーム医療をサポートします。
 医療の質の向上や安全性、プライバシーの確保、患者さまへのサービス向上、病院内業務の効率化に貢献し、病院および患者さま双方のニーズに答えた医療を実現できる人材を目指します。

目指す資格 
 "医療のわかる情報処理技術者"に最も近い資格として「医療情報技師」が平成15年に創設され、本学では、対策講義としてさまざまなセミナーを設けるなど、医療情報技術者教育の充実を図り、資格取得に向けたサポートを行っています。
 また、平成13年より診療情報管理課程の指定校になっており、関連科目を開講しています。そこで所定の単位を取得すれば、「診療情報管理士」認定試験の受験ができます。そのほか、経済産業省が認定する情報処理技術に関する国家試験をめざす学生に対しても、全面的に支援しています。

医療情報技師
(日本医療情報学会認定)
日本医療情報学会が能力検定試験を実施しています。 病院や情報・通信関連企業などで医療情報システムの企画・開発 および運用管理する技術者です。
診療情報管理士
(日本病院会などの四病院団体協議会認定)
四病院団体協議会および医療研修推進財団が認定する資格です。 病院などで患者さまの病名や検査結果、投薬などの診療情報を収集・管理し、活用する専門職です。
基本情報技術者試験など
(経済産業省認定)
経済産業省が認定する情報処理技術に関する国家試験です。 情報技術全般に関する基本的な知識や技能の修得を証明する、 いわばITの入門資格です。

卒業後の進路 
卒業後の進路   本学科で学ぶ"医療と情報技術"の高度な知識を活かして、病院の事務部門(情報担当)や、電子カルテなどを作るソフトウェア企業のプログラマ・システムエンジニアとして就職するケースが多いです。
 一般に、病院の事務部門の方は、”医療”の知識に関してはプロですが、”情報技術”の知識については、企業のエンジニアには、かないません。一方、企業のエンジニアの方は、その逆になります。
 今日では情報技術の知識を持った学生は珍しくありませんが、"医療と情報技術"、両方の知識を兼ね備えた人材はそれほど多くなく、病院・企業からは本学科卒業生に対して熱い期待が寄せられています。
 
>さらに詳しく

ディプロマポリシー

本学は医用情報工学を専攻し、5つの教育目標について下記の10項目を修得した学生に学士(医療情報工学)の学位を授与します。

教育目標

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

幅広い教養を身につける

A外国語理解・表現の基本的な能力を身につけ、国際対応や国際情報の活用に役立てることができる。

@医療人として社会で自立するための底力となる汎用的技能、態度、常識、健全な心と体を備えている。

B文化・社会・科学と保健・医療・福祉のかかわりや、社会における自身の自立について、意見を表現することができる。

高度な知識と技能を修得する

C医用情報工学分野の最先端の進歩や周辺・応用分野の状況を把握している。

D保健・医療・福祉分野を情報処理とシステムの両面から支える医用情報工学分野で働く専門的人材に求められる知識・技能について社会が求める水準まで修得している。

E医用情報工学の関係する現場で活用できる基本的技能を修得している。

F自ら医用情報工学分野の課題を発見しその解決に向けて科学的に探究し、成果等を表現するために必要な思考力・判断力・表現力を身につけている。

チーム医療に貢献する

Gチームの中で適切なコミュニケーションをとることができ、医用情報工学専門人材として主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を身につけている。

思いやりの心を育む

H病める人や弱者の立場を理解し、思いやりの心を共感的態度で伝えることができる。

高い倫理観を持つ

I保健・医療・福祉の倫理観を理解し、患者や家族の秘密を保持し、社会のルールを遵守することができる。


カリキュラムポリシー

1)学位授与方針10項目を修得するための科目(群)を低学年(基礎分野)から高学年(専門基礎・専門分野)へ適切な順序で配置して教育課程を編成し、それぞれを効果的な学修方法・過程で実施し、適切な学修評価方法を採用します。

2)医用情報工学は、医療の学際的学問分野であり、育成する人材には医療分野のみならず幅広い活躍の場が用意されています。低学年において情報工学の基礎と医学医療などの専門教育並びに医療人として必要な素養を身につける教育を行うことと平行して学生個別の能力や分野適格性を見極めるために少グループ能動学習を行います。

3)少グループ能動学習の結果は、全教員と個々の学生が共有し、高学年での適切な教育内容の選択と教育に繋げます。

4)高学年では、個々の学生の能力と希望に応じたより専門的な個別教育を行います。

5)大学生として期待される水準に到達できるように教育課程を編成し、同時に、学生の習熟度に応じた支援を行います。

6)特に入学した最初に行う教育が重要とされていますが、本学ではどの健康・医療・福祉分野に進む場合でも社会で自立するために共通に必要な知識・技能・態度を、全学科の学生の混成のクラスで学ぶ特色ある初年次教育「医療人底力教育」を行います。

7)さらに、健康・医療・福祉の夢の将来に先見性を持って対応できるよう、専門分野における最先端の状況を把握することのできる本学ならではの教育を行います。

8)学修方法・過程には、講義、演習、実習、卒業研究、学外実習、ワークショップ型授業、体験型学習、反転授業、小グループ能動学習(PBL:課題探究型学習、多職種連携チーム医療実践教育)、などがあります。これらの中でも、学生が主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を促す授業(アクティブ・ラーニング)を行い、学生の自学自習時間を確保しつつ、さまざまな形で支援します。

9)学修評価方法には、学力試験、レポート、プレゼンテーション、ルーブリック、学修ポートフォリオなどがありますが、これらを、形成的評価および総括的評価として適切に活用します。

10)学生に主体的に学習に取り組む態度を促すと同時に、学生が自らの学修活動を振り返り、自己の改善に結び付ける活動(PDCA活動)を促していきます。また、担当教員は、試験の成績、GPA、意識調査、学修ポートフォリオなどを活用して個々の学生に対して面談を実施するなどのきめの細かい修学指導を行い、学生の主体的な学習を促します。

そして、教学についてのさまざまなデータを大学として分析することに より(IR)、学生の立場に立った授業やカリキュラムの改善(FD活動)を不断に継続していきます。


アドミッションポリシー

 本学は,教育目標および学位授与方針を踏まえ、医用情報工学を専攻しようとする学生のうち次のような人を受け入れます。

1)保健・医療・福祉の専門的知識・技能を学ぶことができる基礎学力を持つ人

2)科学的な思考力・判断力・表現力の基礎が備わっている人

3)保健・医療・福祉領域で活躍しようという目的意識が明確で、自ら学ぼうとする意欲のある人

4)病める人や弱者の立場に立って思いやることができる人

5)いのちの尊厳を理解し、社会の規律を守ることができる人

6)多様な人々と適切なコミュニケーションを取り協働できる人

2016年度以前入学生対象 3つのポリシーはこちら


▲上へ戻る

鈴鹿医療科学大学
千代崎キャンパス
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
TEL:059-383-8991 FAX:059-383-9666
白子キャンパス
〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
TEL:059-340-0550 FAX:059-368-1271
リンクいろんな三重が見えてくるプライバシーポリシー
Copyright(C) .SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE. All Rights Reserved.