鈴鹿医療科学大学
お問い合わせサイトマップEnglish
受験生の方へ 卒業生の方へ 大学案内 就職情報 アクセス
学部・学科案内
保健衛生学部
医用工学部
薬学部
看護学部
大学院
さらに詳しく
教育
大学自己評価報告書
行事日程
学生活動
市民公開講座
付属施設
図書館
東洋医学研究所
社会連携研究センター
鍼灸センター
ICT教育センター
ボランティアセンター
健康管理センター
学生相談室
学生食堂
指定寮・学生寮
学内サービス
SUMS-PO
学内専用コンテンツ
HOME >> 教育 >> 医用工学部 : 医用情報工学科>> 授業紹介
 
受験生向け学科紹介はこちらから学科紹介ムービーはこちらから入試情報はこちらからシラバスはこちらから
医用情報工学科学科紹介
学科紹介 授業紹介 教員紹介

科目紹介(電子カルテの役割や操作方法を学ぶ) 
 当学科では資格取得を目指すだけでなく、卒業研究に力を入れています。研究テーマは医療と情報に関連するものが用意されています。最近では、「電子カルテ操作の教材ツール開発」、「DPCデータの分析」、「画像処理」、「3D映像の視覚に及ぼす影響に関する実験」、「外国人医療問題に関するフィールド調査」、「病院の津波災害対策に関するフィールド調査」、「学科紹介用・授業教材用動画コンテンツ作製」、「初心者向け統計学習ソフトの開発」、「ヒューマンインターフェースに関する研究」、「Webアプリ・スマホアプリの開発」等、研究テーマは多岐にわたっています。  当学科の卒業研究は、3年生後期からスタートして4年生の最後に発表会を行っています。その間、勉強ばかりではなく、お花見やバーベキューパーティなどのゼミイベントを通じても仲間との絆を深めることができます。3年生と4年生が密に接する機会が増えますので、勉強・資格対策・就活・バイト・恋愛のことなど、身近な先輩に気軽に相談ができます。  以上の様な1年半の分厚い卒業研究を通じて、社会人として必要とされる本物の底力(自ら考えて行動できる。仲間を作って共に問題解決に取り組める。年齢の異なる人・様々な価値観を持つ人とコミュニケーションができる。)をしっかり身に付けることができます。
卒業研究の様子 卒業研究の様子
   

科目紹介(電子カルテの役割や操作方法を学ぶ) 
 医療情報システム実習T・U(電子カルテシステム)では、実際の医療現場に導入されている「電子カルテ」を使用し、電子カルテのしくみや入力方法、診療時にどのように使われているか、コンピュータ内でどのような処理が行われているのかなどを体験的に学びます。電子カルテとは、従来、医師が診療の経過や検査結果、X線写真の結果などの医療情報を記入していた紙のカルテ(診療録)に代わり、コンピュータを使って記録するもの。医療情報を一括して管理・編集したり、データベースに記録したりすることができます。将来、電子カルテを駆使する医療情報を扱う専門家として、病院や企業で活躍するために必要な知識となります。
電子カルテ実習 遠隔医療実習

科目紹介ネットワークやサーバーについて理解を深める 
 ネットワーク(インターネット)やサーバー(コンピュータ)は、医療情報システムの中でも、人間で言うと血管や心臓にあたる部分です。ここが適切に運用されていないと、病院の中は混乱するほど重要な役割です。
 授業では、まず講義にてサーバーやネットワークの基礎的な内容を学習、次に実習でこれらの構築と管理(サーバーの組み立て、OSのインストール、ユーザー、プリンタの管理)、アクセス権の管理とサーバーの運用(共有フォルダ、アクセス権)、インターネットサービスの設定と管理(WebサーバーやFTPサーバー、リモートアクセス)を行います。 実際にネットワークを構築し、サーバーの運用を行うことで体験的に学び、医療情報システムを管理、担当できる能力を習得します。
サーバーの組み立て  サーバーの設定 

履修モデル 
4年間の流れ 
時間割り
時間割
基礎から応用まで効率的に学べるカリキュラム
 カリキュラムの大きな特長は、入学初年度に導入教育として「フレッシュマンセミナー」「情報学概論(情報と社会)」「医療と人間」を実施することです。これにより、医療人に必要とされる豊かな人間性、柔軟な思考力、幅広い考え方を養います。また、専門科目としてコンピュータの基礎、プログラミングなどの情報工学はもちろん、生理学や解剖学などの医学・医療分野を学び、医療と情報の基礎から応用までしっかりと学ぶことができます。 
医療情報システムを身近に感じることができる環境
 実際の診療室と同じ操作や診療データ入力ができる電子カルテを導入。医療現場と同様の実践的な体験ができます。また、音声認識や画像処理などの実習も取り入れ、最新の医療情報システムに早期から触れられる学習環境を整えています。
 さらに、本学科専用のコンピュータ実習室を備え、プログラミング、レポート・課題作成や自主学習などに利用でき、学生の学習意欲の向上にもつながっています。
コンピュータ実習室

カリキュラム
●導入教育
フレッシュマンセミナーT/フレッシュマンセミナーU/基礎数学/
情報リテラシーT/情報リテラシーU/
コンピュータ科学基礎/コンピュータ科学基礎実習
インターネット基礎/インターネット基礎実習
●情報処理技術系
情報処理T(情報基礎理論)/情報処理U(コンピュータシステム) /
情報処理V(情報開発要素)/情報処理W(情報開発技術)/
 情報処理X(情報マネジメント)/情報処理Y(情報戦略) /
プログラミング概論/プログラミングT/プログラミングU/
プログラミングV/プログラミングW/プログラム設計/データベース設計/
基礎情報処理セミナーT/基礎情報処理セミナーU/
ディジタルシステム工学/ディジタルシステム工学演習/情報と通信
●医学・医療系
医療概論/人体構造・機能論T/人体構造・機能論U
臨床医学総論/臨床医学T/臨床医学U/臨床医学V
臨床医学W/医療管理論T/医療管理論U/診療情報管理論
診療情報分類法総論/診療情報分類法T/診療情報分類法U
診療情報管理セミナーT/診療情報管理セミナーU
●医療情報系
医療情報学概論/医療統計学/医療統計学演習
医療情報システム論T/医療情報システム論U
医療情報セミナー/WebシステムT/WebシステムU
医療情報システム実習T/医療情報システム実習U
応用情報数学/データ構造とアルゴリズム/数値解析
医療情報科学論/医療経営入門/システム開発・運用
画像情報処理/マルチメディア工学

●病院実習
●卒業研究T
●卒業研究U
※上記に掲載の「カリキュラム一覧」は平成25年度開講科目であり、現在も、より学習効果が高く社会ニーズにあったものにするため検討中です。そのため入学後、内容に若干の変更等が生じる場合があります。
 
シラバスはこちらから
 
カリキュラムマップ(PDF)

上へ戻る

鈴鹿医療科学大学
千代崎キャンパス
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
TEL:059-383-8991 FAX:059-383-9666
白子キャンパス
〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
TEL:059-340-0550 FAX:059-368-1271
リンクいろんな三重が見えてくるプライバシーポリシー
Copyright(C) .SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE. All Rights Reserved.