鈴鹿医療科学大学
お問い合わせサイトマップEnglish
受験生の方へ 卒業生の方へ 大学案内 就職情報 アクセス
学部・学科案内
保健衛生学部
医用工学部
薬学部
看護学部
大学院
さらに詳しく
教育
大学自己評価報告書
行事日程
学生活動
市民公開講座
付属施設
図書館
東洋医学研究所
社会連携研究センター
鍼灸センター
ICT教育センター
ボランティアセンター
健康管理センター
学生相談室
学生食堂
指定寮・学生寮
学内サービス
SUMS-PO
学内専用コンテンツ
HOME >> 教育 >>看護学部:看護学科

教育 看護学部

学部長からのメッセージ

看護学部長 大西和子 教授
学部長からのメッセージ
少子超高齢社会における地域の人々の健康を支える人材を育成します。

「看護する」とはどんなことでしょうか。「看護」という言葉を分解すると、「手(技術)」、「目(観察)」、「言(話す、コミュニケーション)」、「蒦(擁護)」となり、人類がこの世に誕生してから欠かせない大切な行為が看護です。人の誕生から死に至るまで、病気予防から病気回復、病気を持ちながら生活する人をみまもる(看護)ことです。 
 現在の医療をとりまく社会環境は大きく変化しています。少子超高齢社会の下、高度医療技術の進歩とともに、病院だけでなく在宅での医療が進んでいます。そこでは、チーム医療が不可欠になっています。鈴鹿医療科学大学は医師以外の医療や福祉に携わるすべての専門職者を養成しており、4年間の学生生活から他の職種を理解し、一緒に協働できるようにカリキュラムが組まれています。これは他大学にはない特徴です。看護職はチーム医療のキーパーソンとして、いつも患者に寄り添い、主体的な判断力と行動が求められます。そのためには、看護の専門性を学び、個々の能力を発揮することです。
 三重県内には、三重大学医学部看護学科、県立看護大学、四日市看護医療大学の3つの看護系大学がありますが、今日の少子超高齢社会において医療をとりまく社会環境は大きく変化しており、現実に看護師不足が存在しています。こうした現状を鑑み、三重県の保健・医療・福祉政策における地域医療に貢献できる看護師を育てたいと考えています。
 看護学部の教職員一同、みなさんをお待ちしています。一緒に勉強しましょう。


  受験生の方はこちらから シラバスはこちらから 就職情報

看護学科

 学科長からのメッセージ  教育研究上の理念目的  アドミッションポリシー
 カリキュラムポリシー  ディプロマポリシー  本学科の特徴
 めざす資格  卒業後の進路  科目紹介
 4年間の流れ  履修モデル  教員紹介
         QandA

 カリキュラムマップ    


学科長からのメッセージ

看護学科長 杉本陽子 教授
人と関わることに関心をもち、看護を学ぶことに志をもつあなた!
看護専門職者を目指して、大学で学びたいと考えているあなた!
学科長からのメッセージ そんなあなたのために、鈴鹿医療科学大学看護学部は、平成26年4月満開の桜に祝福されながら、看護師・保健師養成機関として発足いたしました。看護学部看護学科では、看護実践能力の育成をカリキュラムポリシーの第一に掲げています。看護実践能力とは、その人にあった対策が具体的に考えられ、それを安全に確実に個別的に実践することのできる力です。本学が保健・医療・福祉専門職者養成の総合大学であることを生かした「医療人底力教育」を土台にして、1年次の“看護とは”という学習を始まりとし、2年次〜3年次での各専門領域の学習を積み上げた後、4年次になってもう一度学びの振り返りをし統合する科目を配置して、看護実践能力の育成強化を図っています。
 専門職としての看護は、そもそもは親が子どもを愛情の目で観察し世話をすることからとされています。誰もが生まれてから何かしらの世話を受けて育ってきたことを考えると、看護する心は、人が生きていくことにおいて不可欠のものであるといえます。その意味において、看護学を学ぶということは、それだけで意義あることではありますが、国家資格を得て専門職として活動することは、社会への貢献とともに自分の人生を価値あるものにすることができると思います。次世代の人たちのこの夢の実現のために、私たち教職員が手助けできることは、私たちにとっても大きな喜びであります。
 一歩一歩着実に学びを進めていきながら、ともに夢の実現に向けて歩んでいきましょう。
▲上へ戻る


看護学部の教育研究上の理念・目的(育成する人材像)

[教育理念]
本学の建学の精神と教育の理念を基に、確固たる医療人としての職業意識を持ち、豊かな人間性と倫理観を培い、チーム医療の一員として地域医療・在宅医療に貢献できる、専門的に高い資質を持った看護専門職者を育成する。

[教育目的]
ケアマインドを基本に、看護の対象である人間、健康、環境、看護実践を広く理解できる基礎的能力と問題解決能力を備え、少子高齢社会における地域医療を中心に倫理観に基づいた看護実践ができる人材を育成する。

[教育目標]
人の誕生、発育、成長、健康障害、死、などに直面した場合、いかにケアするかは看護の本質である。ケアを受ける人を主体としてその人のニーズを満たし、その人にとってのQOLやwell-being、健康の可能性を最大限にすることを目指すものである。身体的、精神的、スピリチュアル(自己の存在意味を問う)、社会・文化的な多側面を統合し全人的ケアをすることが基本でなければならない。
人々の健康増進、早期発見、病気・障害回復,終末期ケアについて、時代に適し根拠に裏付けられ体系化されている医学・看護学の知識を学び、そしてそれを実践することを通して、理論知識と実践知識を統合し、実践能力を身に付けた人材を育成することを目標とする。

セルフケア理論を中心に、自分のセルフケアそして他者へのケアについて理解し、実践できる人材を育成する。超高齢社会を理解し、人の誕生から終末までの人の生や死について理解する人材を育成する。
看護の対象(主要概念)である人間、環境、健康、看護実践について理解し、活動できる人材を育成する。
看護実践としての看護技術を提供できる人材を育成する。
健康レベルに応じた看護実践ができる人材を育成する。
専門的知識(看護過程)を活用し、問題解決能力を養い、根拠にも基づいた判断力・実践力を身につける人材を育成する。
他学部生との交流や看護演習・臨地実習などを通して、コミュニケーション能力を備え、人の尊厳を守り、人を思いやることのできる人材を育成する。
共通教育及び他学部学生との交流のなかで、地域医療・在宅医療やチーム医療の重要性を理解し、地域社会(外国居住者を含む)に貢献できる人材を育成する。
本学の薬学部、東洋医学研究所、医療栄養学科等との交流のなかで、看護技術としての統合医療を考え、活用できる人材を育成する。
▲上へ戻る


アドミッションポリシー(入学受け入れ方針)

看護学科のアドミッションポリシー
●看護学科が求める学生像
 本学の建学の精神及び教育の理念に基づき、人々の健康を守り、福祉の充実に意欲を持つ人、優れた良識、広い視野、豊かな感性、そして何よりも人を思いやる温かい気持ちを持ち、向学心旺盛な人を求めています。

●具体的な人物像
1.基本的な学習習慣と基礎的な学力を有し、向学心旺盛な人
2.看護専門職者をめざし、思いやり、親切心、豊かな感性を持つ人
3.人とのコミュニケーション能力に秀でた人
4.多様な考え方を受け入れ、主体的、論理的に行動できる人
5.地域医療に貢献することに意欲のある人

▲上へ戻る


カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)

看護学部のカリキュラムポリシー
 本学の建学の精神と教育の理念に基づき、看護学部に看護学科を設置し、人間、環境、健康、看護を枠組みとした知識・技術・実践を通して学び、豊かな人間性と倫理観を身につけ、医療の課題に積極的に取り組む人材を育成することを目的とする。

看護学科のカリキュラムポリシー
1.看護実践能力を駆使して医療変化に対応できる人材の育成
2.ヒューマンケアを基本に、広い視野でもってコミュニケーションができる人材の育成
3.問題解決思考で課題に取り組む人材の育成
4.チーム医療に参画する一員として活躍できる人材の育成
5.地域医療に貢献でき、さらに医療の国際化に対応できる人材の育成
▲上へ戻る


ディプロマポリシー(学位授与方針)

看護学部のディプロマポリシー
 医療社会の多様なニーズや高度医療に対応できる専門的知識を修得し、倫理観を有し、医療人として責任を持った行動をとり、幅広く柔軟な姿勢でチーム医療に取り組み、社会に貢献する能力を高めることができる。

看護学科のディプロマポリシー
1.多様な医療現状において、適切な看護を提供できる知識・技術を身につけている
2.人の尊厳を守り、相手の立場を理解し、倫理観をもって接するコミュニケーション能力を備えている
3.保健・医療・福祉のニーズを理解し、課題に問題解決思考で取り組む能力を身につけている
4.チーム医療の一員として他職者の役割を理解し、協働・連携する能力を身につけている
5.地域において医療を受ける人の国際化に伴って、国際的視点で支援できる能力を身につける
▲上へ戻る


本学科の特徴

●ヒューマンケアを基本に、問題解決思考とコミュニケーション能力を育成します
 看護学科のカリキュラムは、基礎分野科目において幅広い教養を身につけ、専門基礎・専門分野科目において体系化された医学、看護学の知識を学び、その知識を基にした問題解決能力を身につけることを目指して構成されています。将来、チーム医療に参画する一員となる他学部学生と合同で学習し、看護学ゼミナール、臨地実習などの機会で、さまざまな対象とのコミュニケーション能力を育成します。そして、これらの学びは、人の尊厳を守り、人を理解しようとつとめるヒューマンケアを基本としています。

●設備の整った実習室、多様な病院実習での実践を通して理論との統合をはかります
 4年間の講義・演習・実習での学びは、多様な医療現場において適切な看護を提供できる看護実践能力につながります。座学で学んだ知識を看護実践に活かし、看護実践での学びを座学での知識と結びつけるために、充実した学内演習、多様な協力施設での実習環境を整えています。そして、将来に亘って自らの看護実践能力を向上し続けるために、継続して取り組むことができるよう、学生の積極的な学びの機会を教員がしっかりサポートします。
設備・施設 設備・施設
設備・施設  設備・施設


めざす資格

・看護師
 ・保健師(選択制・定員30名)
 ・養護教諭二種(保健師免許を基礎資格とし、諸要件を満たせば申請にて取得可)
・第一種衛生管理者(保健師資格取得者は、申請より取得可)

▲上へ戻る


卒業後の進路

病院・診療所等の医療機関、県市町村の保健所・健康センターなどの行政保健機関、訪問看護ステーション・在宅サービスなどの在宅ケア機関、介護老人保健施設・介護老人福祉施設などの介護保険施設、企業・教育機関などの健康管理センター・保健室など、進学(大学院・助産師養成課程)
▲上へ戻る


科目紹介

●人体疾病の成り立ちと回復の促進
 人体の形態・構造/人体の機能/病気の成り立ち(病理・微生物・感染)/生化学/
 病態と治療(呼吸器・循環器・消化器・腎・泌尿器系)/病態と治療(内分泌・代謝・造血器・感覚器・運動器・脳神経系)/病態と治療〔(現代の特徴的な疾患とその治療)リハビリ・放射線・がん〕/生涯発達論/ストレスと健康/栄養と健康/基礎薬理学/
 臨床薬理学/人間関係・家族関係(カウンセリングを含む)

●健康支援と社会保障制度
 保健医療福祉行政論(関係法規を含む)/保健情報統計学/公衆衛生・疫学

●基礎看護領域
 看護学概論(看護理論含む)/フィジカルアセスメント論/コミュニケーション論/看護展開論(看護過程)/生活援助技術論/診療援助技術論/看護体験実習/基礎看護学実習

●臨床看護領域
 成人看護学概論/急性期・リハビリ成人看護論/慢性期・終末期成人看護論/成人看護学実習/小児看護学概論/小児看護援助論/小児看護学実習/母性看護学概論/母性看護援助論/母性看護学実習

●広域看護領域
 老年看護学概論/老年看護援助論/老年看護学実習/精神看護学概論/精神看護援助論/精神看護学実習/在宅看護概論/在宅看護援助論/老年・在宅看護実習/精神・在宅看護実習/公衆衛生看護学概論/公衆衛生看護管理論/公衆衛生看護活動展開論・演習(政策過程演習含む)/公衆衛生看護学実習

●統合領域
 看護の統合(技術の統合演習)/看護の統合(知識の統合)/看護の統合(医療倫理の諸問題)/統合実習/看護専門ゼミナール 文献検索とクリティーク/看護専門ゼミナール 課題研究/卒業課題/国際看護論/災害看護論/看護管理・看護教育/リハビリテーション看護論/終末期患者と家族の看護/ウイメンズヘルスと看護/子どもの心とからだの健康/精神障がい患者と家族の看護/認知症患者と家族の看護/生活習慣病とヘルスプロモーション

科目紹介
科目紹介科目紹介
▲上へ戻る


4年間の流れ

4年間の流れ

▲上へ戻る


履修モデル

履修モデル
詳細はこちら
▲上へ戻る


教員紹介 (専任教員数 31名)

職名 氏  名 専門分野 研究テーマ
教授 鎮西 康雄 医動物学 マラリア原虫感染の分子機構
教授 葛原 茂樹 神経内科学・老年医学 認知症医療と終末期ケア、神経難病支援
教授 小澤 淑子 英語教育学 現実的タスク使用による医療英語の指導効果
教授 馬 寧 解剖学、組織学、病理学 低分子生理活性物質の免疫細胞化学、炎症と発がん
教授 大津 廣子 基礎看護学、看護教育学 看護技術教育力の育成・向上プログラムの開発、看護技術演示力と指導言語の連関
教授 大西 和子 成人看護学・がん看護学・緩和ケア 長期生存がん患者のQOLについての研究、ストレス対処法
教授 佐藤 芙佐子 成人看護学・急性期・クリティカルケア クリティカルケアにおける倫理的擁護、ケアリング理論
教授 杉本 陽子 小児看護学 慢性疾患患児の社会適応力促進に関する研究
教授 國分 真佐代 母性看護学 周産期メンタルヘルス
教授 大渕 律子 老年看護学・在宅看護論 健康長寿への支援、認知症ケア、在宅終末期ケア
教授 中野 正孝 公衆衛生学 健康と生活に関する疫学調査、統計教育方法
准教授 中井 三智子 基礎看護学 難病患者の療養支援
准教授 蓑田 さゆり 基礎看護学 基礎看護学に関する研究
准教授 中村 喜美子 成人看護学 がん看護、緩和ケア
准教授 橋爪 永子 小児看護学 難病・障がいの重い子どもと家族のケア
准教授 長岡 さとみ 老年看護学 認知症ケア、高齢者の看取りケア
准教授 藤原 和美 在宅看護学 認知機能と関連要因に関する研究
准教授 土田 幸子 精神看護学 精神障がいの親と暮らす子どもへの支援、児童・思春期のメンタルケア
准教授 山路 由実子 公衆衛生看護学 在宅高齢者の服薬支援、健康づくり施策に関する研究
助教 河尻 純平 コミュニケーション論 初年次教育におけるコミュニケーション活性化について
助教 中村 美起 基礎看護学 看護倫理教育、看護師の規範について
助教 三井 弘子 基礎看護学 看護教育の教授方法に関する研究
助教 林 暁子 看護教育学 基礎看護技術の教授法に関する研究
助教 井上 佳代 成人看護学(急性期・慢性期) がん看護(子供を持つがん患者の看護
助教 紀藤 千春 成人看護学(急性期・慢性期) 看護教育学(男性看護師・男子看護学生の教育)
助教 鈴木 隆弘 小児看護学 障がい児の看護に関する研究
助教 杉山 泰子 母性看護学 妊娠先行婚妊婦の看護
助教 森山小統子 老年看護学 認知症高齢者ケア、家族介護者の思い、高齢者の看取り
助教 武笠 佑紀 精神看護学 自殺に遭遇した看護師に関する研究
助教 中村 智子 在宅看護論・老年看護学 在宅ケアに関する研究、認知症ケア、在宅での看取り
助教 西脇 理恵 公衆衛生看護学
幼児の食育支援に関する研究、禁煙に関する研究

Q&A

鈴鹿医療科学大学 看護学部の特徴はなんですか?

本学は、医療・福祉の総合大学です。1年次には基礎教育「医療人底力教育」が行われ、学生さんは学部学科の垣根を越えた交流をしながら、協調性を育み、考え抜く力やコミュニケーション能力を養う事が出来ます。

大学の教育理念である「知性と人間性を兼ね備えた医療・福祉スペシャリストの育成」をもとに、看護学部では、専門知識だけでなく幅広い教養と豊かな人間性、思いやりの心を持った看護専門職者を養成することを目標にしています。

看護学科カリキュラムは、人間、環境、健康、看護をキーワードに、人間理解とヒューマンケアを基本理念として構成し、基礎分野は「医療人の基礎知識」「医療人の技能と資質」「医療人の教養と常識」「健康科学」等の科目群を設けています。専門基礎分野は「人体疾病の成り立ちと回復の促進」「健康支援と社会保障制度」の科目群を通して、人間と環境と健康のつながりを学びます。専門分野は「基礎看護」「臨床看護」「広域看護」「統合」の4領域を通して、講義・演習・実習を有機的に連動させて学びます。

 教育課程の展開として、医療人としての職業意識を養い、チーム医療を遂行する観点から全学部全学科の合同授業を行います。 人間を理解し、豊かな人間性を養うために、「哲学と死生観」「病と文化」「心と医療」といった人文・社会系科目を開講しています。 多様化する社会ニーズに対応できる専門職者を養成するために、「外国語」「情報リテラシー」「国際看護論」「災害看護論」を開講しています。 4年次「看護の統合・・」において、これまでの学修を振り返り、知識と技術の統合と倫理観の育成をはかります。

実習の内容を教えてください。

4年間での実習科目は「看護体験実習」「基礎看護学実習」「成人看護学実習」「小児看護学実習」「母性看護学実習」「老年看護学実習」「精神看護学実習」「老年・在宅看護学実習」「精神・在宅看護学実習」「公衆衛生看護学実習」「統合実習」があります。これらの科目の実習内容の概要は以下のとおりです。

 「看護体験実習」は1年次で行われ、ステージ1とステージ2に分かれています。ステージ1実習では、病院の施設・設備を見学し、療養している人の生活を支える各職種の機能と役割を理解します。ステージ2実習では、療養している人とのコミュニケーションやバイタルサインの測定を実施し、その人のニーズや必要な援助を理解し、看護職の機能と役割を学びます。
「基礎看護学実習」は2年次で行われます。健康問題を持つ人への看護過程を展開し、日常生活援助を中心に個別性を考慮した看護を実践します。そのことをとおして自己を振り返り、望ましい看護専門職者としての自己の課題を明らかにします。

「成人看護学実習」「小児看護学実習」「母性看護学実習」「老年看護学実習」「精神看護学実習」「老年・在宅看護学実習」「精神・在宅看護学実習」は3年次後期から4年次前期にかけて、グループ毎にローテーションで行われます。「成人看護学実習」「小児看護学実習」「老年看護学実習」「精神看護学実習」では、成人期・小児期・老年期の特徴をふまえて、健康問題を持つ人や精神疾患を持つ人への看護過程を展開し、日常生活援助技術、診療援助技術、成長発達援助技術を用いて看護を実践します。「母性看護学実習」では、妊娠産褥と新生児への看護の実践をとおして、新たな家族形成への看護の役割を考えます。「老年・在宅看護学実習」「精神・在宅看護学実習」では、訪問看護ステーションやデイケアサービスを利用する人への看護過程を展開し、地域で暮らす人のニーズを理解し、在宅ケアシステムを総合的に理解します。

「統合実習」は4年間の総まとめ実習として4年次に行われます。上記の実習領域のうちの一つの領域において、卒業後の看護実践につなげる実習を行い、その中から見つけた課題を探求していく能力を養います。

「公衆衛生看護学実習」は保健師課程の実習として4次前期と後期で行われます。保健師活動の場である保健所や市町保健センターにおける保健事業を見学・参加し、保健活動展開の実際を学びます。

実習施設はどこですか?

実習科目によってさまざまな実習施設で行います。1年次「看護体験実習」と2年次「基礎看護学実習」は、厚生連鈴鹿中央総合病院・厚生連松阪中央総合病院・厚生連菰野厚生病院の3病院に分かれて、そのうちのどれかひとつの病院で実習します。3年次と4年次の実習施設は、三重県全域に亘る総合病院、総合医療センター、介護老人保健施設、訪問看護ステーション、クリニック、グループホーム、保健所、保健センター等から、実習科目の内容によって実習施設を予定しています。

実習先への交通手段を教えてください。

実習先へは公共交通機関を利用して移動することになり、原則として自家用車での通学は認めていません。しかし、実習先までの交通事情や地理的な特徴等で特別な理由がある場合は、学生さんと相談の上、自家用車での通学を認める場合はあります。

保健師になることを目指して保健師課程を学びたいのですが、選考方法はどのようになっていますか?

2年次終了時に選考を行います。選考方法は、学力(2年次開講科目のうち、保健師指定規則読み替え科目に該当する10科目の成績)と面接(保健師課程志望動機)から総合的に判断し、志望者の上位30名とします。

卒業後の進路・就職状況を教えてください。

看護学部は平成26(2014)年4月に開設されました。第1期生の卒業は平成30(2018)年3月を予定しています。想定される進路をご紹介します。

・病院・診療所等の医療機関
・県市町村の保健所・健康センターなどの行政保健機関
・訪問看護ステーション・在宅サービスなどの在宅ケア機関
・介護老人保健施設・介護老人福祉施設などの介護保険施設
・企業・教育機関などの健康管理センター・保健室
・進学(大学院・助産師養成課程)

取得できる資格について教えてください。

規定の科目を履修し単位を取得することで、看護師国家試験の受験資格が得られます。
保健師を希望する学生(選抜制・定員30名)は、規定の科目を履修し単位を取得することで、保健師国家試験の受験資格が得られます。
保健師免許を基礎資格とし、諸要件を満たせば申請にて養護教諭養護教諭二種の取得が可能です。また、保健師資格取得者は、申請にて第一種衛生管理者の取得が可能です。

入学金・授業料を教えてください。

入学金・授業料はこちらのページを参照してください。
学費は一括、分割のどちらかを選ぶことができます。分割の場合は入学手続時に前期分を納入し、9月末に後期分を納めることになります。授業料には、施設・設備維持費、実習費が含まれています。
上記以外に入学時に、教育支援の会会費、学友会費、学生傷害保険、同窓会費などの諸会費が必要となります。

奨学金について教えてください。

本学の特待生(授業料減免)制度、一般的な奨学金制度については「大学案内」のページをご参照ください。
 看護学部では入学後に、県内および県外のさまざまな医療機関から奨学生の募集が行われています。これらは各医療機関における看護職の人材確保を目的としたものであり、卒業後にその医療機関へ就職することを条件に給付されるものです。募集状況は、入学後、学内の掲示板で随時お知らせしています。

学生生活のサポートについて教えてください。

看護学部では、学生個人に対する個別的な支援は担任が行い、学生生活全体に対する支援を学生委員会が行う体制をとっています。
個別的な支援は、一学年を少人数のグループに分け、グループごとに主担任と副担任をつける担任制度をとり、担任が担当学生の学習・生活状況のチェック、学生への支援を行っています。学生委員会は、担任教員の学生支援をサポートする形で必要に応じて学生さんの個別指導にあたるとともに、学部学生全体の学修・生活状況を把握し、全体的なオリエンテーションを行ったり、大学祭などの行事に対する助言・指導を行っています。
学生さんは、担任教員以外にも大学内に設置されている学生相談室(専門相談員によるカウンセリング)や保健室を利用することができます。相談内容など必要に応じて、担任教員からも学生相談室の利用を勧めるなど、学生相談室と連携を取りながら、学生生活が円滑に送れるようにサポートを行っています。

国家試験対策について教えてください。

国家試験の全員合格をめざして、学生委員会の国家試験対策ワーキンググループを中心として、教員全員でサポートします。学生さんが入学後の早い時期から国家試験を意識して、目標に向かって学習が進められるよう、1年次から国家試験の過去問題を課題として配布したり、学年進行に合わせて学修到達度の確認をしながら、国家試験対策講座、模擬試験、特別講義などの実施を計画しています。

▲上へ戻る



鈴鹿医療科学大学
千代崎キャンパス
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
TEL:059-383-8991 FAX:059-383-9666
白子キャンパス
〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
TEL:059-340-0550 FAX:059-368-1271
リンクいろんな三重が見えてくるプライバシーポリシー
Copyright(C) .SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE. All Rights Reserved.