鈴鹿医療科学大学
お問い合わせサイトマップEnglish
受験生の方へ 卒業生の方へ 大学案内 就職情報 アクセス
学部・学科案内
保健衛生学部
医用工学部
薬学部
看護学部
大学院
さらに詳しく
教育
大学自己評価報告書
行事日程
学生活動
市民公開講座
付属施設
図書館
東洋医学研究所
社会連携研究センター
鍼灸センター
ICT教育センター
ボランティアセンター
健康管理センター
学生相談室
学生食堂
指定寮・学生寮
学内サービス
SUMS-PO
学内専用コンテンツ
HOME >> 教育 >> 保健衛生学部:医療福祉学科:臨床心理コース

教育 保健衛生学部

【臨床心理コース オープンキャンパス日程&模擬講義内容はこちら】

学部長からのメッセージ

学部長 細井 哲 教授
学部長からのメッセージ高齢化社会に、高度の医療の進歩に対応できる人材育成を!

高齢化社会の到来と高度な医療の進歩により医療界を取り巻く状況も一段と多様化し、それに対応する人材の育成が急務になっております。保健衛生学部には放射線技術科学科、医療栄養学科、理学療法学科、医療福祉学科があり、“保健・医療・福祉に関する幅広い知識と高い技術”を身につけ、“人間らしさを求める医療”を学び、医療現場におけるチーム医療に、地域社会活動に貢献できる人材の育成と、それぞれの学科で取得できる国家資格の合格を目指しています。


放射線技術科学科
医療栄養学科
 |-管理栄養コース
 |-臨床検査コース
理学療法学科
医療福祉学科
 |-医療福祉コース
 |-
臨床心理コース
鍼灸学科
学科詳細はこちらから シラバスはこちらから 就職情報

 学科長からのメッセージ  3つのポリシー  本学科臨床心理コースの特長
 カウンセラーの仕事とは  めざせる資格  授業科目 
 ピックアップ   4年間の流れ  履修モデル
 教員紹介  Q&A

 カリキュラムマップ    

学科長からのメッセージ

医療福祉学科 学科長  貴島 日出見

 医療福祉学科は、「医療福祉コース」「臨床心理コース」の2コースで構成されています。
  医療福祉学科では、支援や援助の必要な人を内面的にサポートすると同時に色々な制度や社会の仕組みを活用して支援するための専門知識や技術を学びます。そして「人間を大切にする」という価値観のもと、病気や障害、孤独や貧困などのために、戸惑いや不安を抱える人、人として最低限の生活を維持するのに困難がある人、人としての権利を侵害されている人などの相談に応じ、一緒に解決策を考える仕事をする人材を育成します。 
 少子高齢社会のわが国では「地域包括ケア」「チーム医療」の実現が急務です。医療・保健・福祉分野の様々な専門職と調整・仲介のできる技術を身につけ、拡大する福祉ニーズに対応できる専門職として、国家資格である社会福祉士・精神保健福祉士の取得を目指します。また、人々の内面的な「心のケア」について学び、カウセリング技術を修得し、医療・福祉・学校・企業等でカウンセラー等の専門職を目指します。
  これまで多くの卒業生が県内外の医療機関や福祉施設、福祉事務所などの行政機関、医療や福祉分野の企業などで活躍し、ネットワークが広がっています。  医療福祉学科の門を叩いた皆さん、大学生活は皆さんを未来と社会へ繋ぐ大切な時間です。教員、学生、一緒になって思い出に残る4年間を過ごしましょう。


▲上へ戻る

3つのポリシー

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学は臨床心理学を専攻し、5つの教育目標について下記の13項目を修得した学生に学士(心理学)の学位を授与します。

教育目標

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

幅広い教養を身につける

A外国語理解・表現の基本的な能力を身につけ、保健・医療・福祉の国際対応や国際情報の活用に役立てることができる。

@医療人として社会で自立するための底力となる汎用的技能、態度、常識、健全な心と体を備えている。

B文化・社会・科学と保健・医療・福祉のかかわりや、社会における自身の自立について、意見を表現することができる。

高度な知識と技能を修得する

C臨床心理専門領域の最先端分野や周辺・応用分野の状況を把握している。

D臨床心理の専門職に求められる核となる知識について社会が求める水準まで修得している。

E臨床心理の現場で活用できる基本的技能を修得している。

F自分自身の体験を通して学び、気づき、変化していく力を獲得している。

G自己の表現と他者の表現に対する細やかな気づきを通して自己理解、他者理解ができる。

H客観的なデータを科学的な根拠に基づいて論理的に考えることと多義的・多焦点的な側面を論理的あるいはメタファーを用いて考えることの両者を尊重することができ、その成果等を表現するために必要な思考力・判断力・表現力を身につけている。

チーム医療に貢献する

Iチームの中でコミュニケーション力と主体性をもって多様な人々と協働して学び、心理専門職としての基本的役割を担うことができる。

J実践から学ぶ姿勢とそこから得た知識と経験をもとに、日常で生じる問題に主体的に取り組むことができる。

思いやりの心を育む

K病める人や弱者の立場を理解し、思いやりの心を共感的態度で伝えることができる。

高い倫理観を持つ

L保健・医療・福祉の倫理観を理解し、患者や家族の秘密を保持し、社会の規律を遵守することができる。


教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)

臨床心理学の専門性を用いて、実社会及び心理専門職領域において貢献できる人を育成するという教育目標を達成するためのカリキュラムを編成しています。そこには、人と人の信頼関係を築き尊重し合うための理論的な学習、体験による学習が用意されています。

1)臨床的基礎の修得
1年生全員を対象として行われる「医療人底力教育」では、医療人に必要とされる基盤的な技能・知識・資質の教育を行います。また、人間の心を理解し尊重するために必要な知識と方法論を身につけるために、選択必修科目を設けるほか、専門教育科目の中にふさわしい科目を配置します。

2)専門的な知識と技術の習得
専門的知識と技術を身につけるため、基礎的な科目で各分野の入門と概論を教育し、専門性の高い科目でこれらの分野の様々な発展的内容を教育します。

3)実習と演習の重視
身につけた知識や技能を生かし、能動的に学ぶ姿勢を獲得するため実習や演習を重視します。そこでは、体験し表現するという観点からディスカッションやプレゼンテーションなどを行い、コミュニケーション能力を育成します。

4)地域社会との連携
実社会及び心理専門職領域において役割を果たせる力を養うため、身につけた知識・技能を用いて問題解決に取り組む科目を配置します。そこでは、現場を体験するなかで、必要とされる協調性や協働力を獲得します。

5)キャリア形成の支援
学生個々の特性にあったキャリア選択につながるよう、実習や演習の中で自分自身の適性を見極める自己への理解力を高めます。それと同時に、他者への理解力も高め、キャリア形成の基盤となる実社会及び心理専門職領域でのより良い人間関係を築く能力を育成します。

入学選抜の方針(アドミッション・ポリシー)

 本学は教育目標および学位授与方針を踏まえ、臨床心理学を専攻しようとする人のうち、次のような人を受け入れます。

1)人間の心を理解し、尊重するための人間性を有する人

2)臨床心理学及び心理学の専門的知識・技能を学ぶことができる基礎学力を持つ人

3)論理的な思考力・判断力・表現力の基礎が備わっている人

4)人間とその心に強い関心がある人

5)自ら動く力と学ぶ意欲がある人

2016年度以前入学生対象 3つのポリシーはこちら


▲上へ戻る


【臨床心理コース パンフレットはこちら】
本学科臨床心理コースの特長
 医療、看護、福祉、教育、産業などの現場で本当に役に立つ心のケアの専門家が求められています。本コースの特長は次の四点です。
 理論と実践のバランスのとれたカリキュラムで臨床心理学を学ぶことができる
 少人数制で学生の個性と適性を活かした教育を受けることができる
 心のケアのための感性を身につけることができる
 医療と福祉に強いカウンセリング能力と資格を修得することができる
 心のケアには、共感や思いやりのある人間性がなにより大切です。本コースでは臨床心理学を学びながら、学生と教員がともに学び、人間的な成長を重視し、あたたかい教育の場であることを願っています。

▲上へ戻る

カウンセラーの仕事とは

  カウンセラー(公認心理師や臨床心理士など)は、こころの専門家です。臨床心理学の知識とカウンセリング技術を用いて、相談者が問題をのり越え、その人らしく生活をしていけるように手助けをします。さらに、健康な人がより自分の能力を発揮したり、こころの病気にならないように予防のスキルを身につけたり、人間的成長をサポートする援助も行ないます。医療領域では、患者の状態をよく知る為に心理検査をしたり、カウンセリングをおこなったりします。カウンセラーの仕事は「医療」「教育」「福祉」「司法・矯正」「地域支援」「産業」など,さまざまな領域にわたっており,それぞれの特徴は下の図のようになります。

カウンセラーの仕事とは


▲上へ戻る

めざせる資格【臨床心理コース パンフレットはこちら】

・公認心理師(国家資格)
・認定心理士(日本心理学会 認定資格)
・心理相談員(中央労働災害防止協会 認定資格)
・臨床心理士(臨床心理士養成のための指定大学院への進学が必要)

公認心理師とは(※)
 2015年9月に公布された「公認心理師法」により,新たに誕生した心理職初の国家資格です。現行の「臨床心理士」と同様, 保健や医療,福祉,教育,司法・矯正,産業など非常に多岐にわたる領域での活躍が期待されます。なお,今後公認心理師養成カリキュラムが開示され,早ければ2018年4月入学者より養成が開始される予定です。大学院への進学を推奨します(※)。
認定心理士とは
 大学で心理学の標準的な基礎知識と基礎技能を修得したことを、日本心理学会が認定したことを示します。本学の臨床心理コースでは所定の教科単位を取得すると認定心理士の資格が取得できます。心理学をきちんと学んだことを示すもっとも基本的な資格の一つといえます。
心理相談員とは
 職場のメンタルヘルス対策や健康づくりについて,働く人のストレスに対する気づきの援助やリラクセーションの指導などのメンタルヘルス教育や相談対応に必要な基礎的な事柄を習得したことを中央労働災害防止協会が認定する資格です。4年生心理系大学(認定心理士取得可能レベル)を卒業後,3日間の研修を受講することで取得できます。
臨床心理士とは(※)
 臨床心理学を学問的基盤とし、クライエント(相談に来た人、来談者)が抱える心理的問題に関するカウンセリングや支援などを行います。仕事内容は、臨床心理査定(心理テストなど)、臨床心理面接(各種カウンセリング技法)、調査・研究、臨床心理地域援助(子育て支援、被災者支援など)の4領域が含まれます。臨床心理士試験の受験資格を得るためには、日本臨床心理士資格認定協会による指定の大学院に進学しなければなりません。

※2017年4月附属こころの相談センター及びこころのクリニックを開設しました。さらに、2018年度の大学院開設(公認心理師、臨床心理士 カリキュラム対応)に向けて教育体制の強化を図っています。本学オープンキャンパスにおいても大学院に関する説明を行います。

▲上へ戻る

授業科目

○基礎分野 底力教育
いのちと医療の倫理学/医学を学ぶための基礎知識/社会の中の人と医療/チーム医療&/医療人底力実践/哲学と死生観/心と医療ほか・・・・

○専門基礎分野 臨床心理系
臨床心理学の基礎/発達心理学/心理学概論I&/地球環境と心/認知・学習心理学/心理学基礎実験/心理学英語&/臨床心理学概論&/異文化間コミュニケーション/対人援助とコミュニケーション/パーソナリティ心理学/健康心理学/福祉心理学

○専門基礎分野 医療福祉系
社会理論と社会システム&/ソーシャルワーク法学/社会福祉概論I&/人体の構造・機能と疾病/認知症の理解と援助/小児と医療/保健医療サービス/相談援助の基礎と専門職/精神疾患とその治療&/看護学/精神保健福祉の理論と相談援助の展開&/精神保健の課題と支援&/精神保健福祉相談援助の基盤/低所得者に対する支援と生活保護制度/高齢者に対する支援と介護保険制度/障害者に対する支援と障害者自立支援制度&/児童・/家庭福祉制度/家族援助論

○専門分野 臨床心理系
心理学研究法&/心理学統計法&/心理検査法/心理検査法実習/身体心理学/学校カウンセリング/子どもと家族の心理学/青年心理学/社会心理学&/グループカウンセリングI&/コミュニティ心理学/非行と犯罪の心理学/カウンセリング&/心理療法&/ホリスティック心理学/フィールドワーク

○専門分野 精神保健福祉系
現代社会と福祉&/地域福祉の理論と方法&/福祉行財政と福祉計画/社会保障&/権利擁護と成年後見制度/相談援助演習&/精神保健福祉に関する制度とサービス&/精神障害者の生活支援システム/精神保健福祉の理論と相談援助の展開

○専門分野 総合系
臨床心理演習I−/卒業研究

▲上へ戻る

ピックアップ :注目の教員と授業をピックアップ


 今井 皖一(いまい かんいち)

プロフィール:同志社大学大学院文学研究科を修了後,兵庫県立精神衛生センターにて勤務後,大阪薫英短期大学専任講師などを経て平成9年より京都文教大学教授。
平成26年より同大学副学長及び京都文教学園理事を経て,平成28年4月より本学教授及びコース長に着任。
専門分野は臨床心理学、中でも深層ユング心理学やアートセラピー。自信を喪失し生きる方向性を見失いがちな人たちが,夢分析,アートセラピーにより,生命力を回復させる過程につきあうことを研究しています。

担当科目:
臨床心理学概論/心理療法/臨床心理演習 他

趣味:
ウクレレの弾き語り/オペラ観劇

メッセージ:
臨床心理コースは,講義や体験学習を通して,人生をどのように生き,どのように自分を表現するのかを学ぶための場です。またとないこの機会を活かして下さい。

臨床心理学(今井先生の授業のピックアップ)

私の講義では、ジブリアニメ、映画、テレビドラマ、音楽、児童文学を題材にし、その奥底にある普遍的な意味を明らかにし、支援を受ける方々の夢を比較しつつ、受講生がこれは自分のことなのだと理解できるようにしています。
この中でも、特に児童文学には大人になっても生きるための指針を与えてくれますので、忙しい学生生活の合間に読んでみてください。


 渡部千世子(わたべ ちよこ)

渡辺先生プロフィール:名古屋大学経済学部卒業後、医療機関勤務、子育て、患者会(キドニークラブ:慢性腎疾患の子どもの会)設立を経て、中京大学心理学研究科に進学、博士(心理学)取得。臨床心理士。中京大学心理学部助教、中京学院大学短期大学部准教授を経て、鈴鹿医療科学大学医療福祉学科臨床心理コース准教授。「慢性疾患をもつ子どもと家族の関係発達」をテーマに、子どもと家族が共に成長しながら困難を乗り越えられるための支援について研究している。また、小児期から成人期への移行支援のアドバイザーとして医療者育成にも関わっている。著書(単著)『慢性腎疾患をもつ子どもと母親・家族の関係発達の諸相』(風間書房)、(以下共著)『臨床心理学の実践』(金子書房)、『スクールカウンセリング』(金剛出版)、『発達障害を問い直す』(ミネルヴァ書房)他

キドニークラブホームページ http://kidney-club.org

担当科目: 発達心理学/青年心理学/子どもと家族の心理学/フィールドワーク 他

趣味:ガーデニング/香り/田舎歩き/温泉

メッセージ:私は、慢性疾患をもつ子どもの母親、研究者、臨床家、教育者の4つの側面をもっています。このような立場から、研究、教育、実践において、当事者の視点を最も重視しています。患者さんやクライエントが本当に求めていることは何なのだろうかについて、常に自問しながら支援できる心理職や医療者を育てたいと思っています。

 

子どもと家族の心理学(渡部先生の授業のピックアップ)

子どもは自分の病気をどのように捉えているのでしょうか。それは、成長するにつれてどう変化するのでしょうか。また、子どもの家族、特に親は、どのような気持ちでその子を育てているのでしょうか。この授業では、様々な難病を抱える子どもたちの具体的な事例(映像や手記など)をもとに、患者である子どもと家族の心理について学びます。そして、支援者には何が求められているのかについて、自ら考えたり仲間とディスカッションしたりすることを通して、現場での実践力をつけることを目指します。

鈴木 亮子  (すずき りょうこ) 

福島先生プロフィール: 企業に会社員として勤務している中で,親の介護が必要となり退社。その後,名古屋大学教育学部に編入学,名古屋大学大学院教育発達科学研究科に進学し,臨床心理士資格,博士号(心理学)を取得。名古屋大学大学院教育発達科学研究科講師,広島国際大学心理科学部准教授を経て鈴鹿医療科学大学医療福祉学科臨床心理コース准教授。自身の経験の問題意識もあり,研究テーマは認知症の本人と介護家族への支援。カウンセリングはクリニックなどで子どもから成人までを対象としてきた。著書は共著として「心理臨床おける多職種との連携と協同(岩崎学術出版,2015)」「老いのこころと寄り添うこころ──介護職・対人援助職のための心理学(遠見書房,2012)」「高齢者こころのケアの実践 上・下巻(創元社,2012)」他

担当科目:心理学概論/高齢者心理学/心理学研究法/福祉心理学 他

趣味:ドライブ/旅行

メッセージ:臨床心理学はその対象が子どもから高齢者までと,人が生きている間すべてです。臨床心理学を活かした専門職に就くことでも学んだことが活かせますが,生きていくなかでも日々役立てることができる学問でもあります。このような考えのもと,学生の皆さんと接しています。 

●高齢者心理学(鈴木先生の授業のピックアップ)

先進国の中でも更に高齢化が進む日本において、「老い」について心理学的な観点から学ぶことはこれまで以上に重要です。しかし、それを学ぶ学生は、何十年か先に経験することであり、実感とともに学ぶことは難しい領域です。そこで、高齢者の経験していることを具体的エピソードと共に伝えたり、映像資料なども交えながらイメージしやすいように授業を進めます。単なる学問としてだけでなく、将来ふとしたときに思いだし、役立つことがあるような実学としての学びを目指しています。




福島 裕人    (ふくしま ひろと)

福島先生プロフィール: 琉球大学保健学研究科修士課程を修了後,臨床心理士として医療現場にて臨床実践に携わる。あわせて公立中学校にてスクールカウンセラーも経験。その後大学教員となり,東海学院大学講師を経て現在,鈴鹿医療科学大学 医療福祉学科臨床心理コース助教。専門は臨床心理学,健康心理学。研究テーマは医療従事者のバーンアウト(燃え尽き症候群)予防,トラウマケア,笑いと健康についてなど。著書に『願いをかなえる!笑いヨガ』(青山ライフ出版 2013)がある。前任校では臨床心理士養成にも携わり,近年は産業分野における心理臨床実践も行っている。平成24年名古屋大学より心理学の博士号を授与される。

担当科目:臨床心理学の基礎/心理検査法/カウンセリング/臨床心理学演習 他

趣味:沖縄旅行や沖縄にまつわるものを集めること/野球観戦/音楽鑑賞

メッセージ:これまでの病院や学校での臨床実践活動から得られた知見を、わかりやすく学生の皆さんに伝えたいと思っています。将来どのような分野に進んでも役立つ、こころのケアのできる実践家を養成したいと思います。 

●心理学検査法(福島先生の授業のピックアップ)

臨床心理学において心理アセスメント(査定)は最も重要な領域の一つです。本講義では医療分野などさまざまな領域で広く用いられている心理検査について演習を交えながら学びます。ただ単に検査方法を習得するだけでなく,検査結果をいかにして今後のカウンセリング・心理療法に活かしていくのかについて,実践的なノウハウも学びます。





▲上へ戻る

4年間の流れ


医療福祉コース 4年間の流れ

▲上へ戻る

履修モデル


臨床心理コース 履修モデル

▲上へ戻る

教員紹介 (専任教員数 8名)

職名 氏  名 専門分野 研究テーマ
教授 今井 皖一 臨床心理学・深層ユング心理学・アートセラピー 自信を喪失し生きる方向性を見失いがちな人たちが、夢分析、アートセラピーにより、生命力を回復させる過程につきあうこと。
教授 大谷 正人 精神医学 児童青年精神医学、病跡学
准教授 綾野 眞理 臨床心理学 臨床動作法やイメージを用いた心理的支援,異文化接触の心理的適応プロセス
准教授 鈴木 亮子 臨床心理学・高齢者心理学 認知症患者と介護する家族への心理的援助
准教授 渡部 千世子 臨床心理学・発達心理学 慢性疾患をもつ子どもと家族の関係発達
助教 上原 俊介 社会心理学 人間の怒りと攻撃性、葛藤と紛争の生起メカニズム、不正行為を引き起こす心的過程
助教 福島 裕人 臨床心理学・健康心理学 医療従事者のバーンアウト,トラウマケア,笑いと健康
           ▲上へ戻る

助手紹介

職名 氏  名 専門分野 研究テーマ
助手 福田 佳奈    
           ▲上へ戻る

Q&A

「臨床心理コース」と「医療福祉コース」の違いは?
 臨床心理コースでは、医療分野や福祉分野で役立つ心理学について幅広く学び、医療や福祉に強い心理専門職(対人援助職)の人材を育成します。
 医療福祉コースでは、福祉と心理を融合し、心理学の知識やカウンセリングの技術・技能を持った社会福祉士および精神保健福祉士を養成します。
臨床心理コースの学習内容、特色は?
  授業では、認知心理学、教育心理学、パーソナリティ心理学、社会心理学、発達心理学、臨床心理学など、全般的に心理学を学習します。特に対人援助の理論や実践の授業を取り入れた臨床心理学に重点をおき、理論と実践のバランスのとれたカリキュラムを組んでいます。また、グループワークや面接演習など、実践的な授業も多く取り入れています。医療や福祉に関する授業も豊富に用意し,学生の資格取得を支援する体制も整っています。
「臨床心理コース」で取得可能な資格は?
 臨床心理コースでは、おもに認定心理士(日本心理学会 認定資格)の資格が取得可能です。また卒業に必要な単位数に加えて、各資格の指定科目の単位も取得することによって、心理相談員(中央労働災害防止協会 認定資格)などの受験資格を取得することができます。さらに新たに誕生した公認心理師にも対応予定です。(大学院進学を推奨します。)臨床心理士の資格を取得したい人は、臨床心理士養成のための指定大学院に進学する必要があります。
臨床心理士の資格は取得できますか?
 臨床心理士になるには、臨床心理士養成に関する指定大学院または専門職大学院を修了し、資格試験に合格する必要があります。本学では、2018年度開設を目標に「臨床心理士」及び新たに誕生した「公認心理師」の養成を目的とした大学院を設置する予定です。心理学関係の大学院進学希望者を対象に、大学院受験対策講座を実施します。

▲上へ戻る
鈴鹿医療科学大学
千代崎キャンパス
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
TEL:059-383-8991 FAX:059-383-9666
白子キャンパス
〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
TEL:059-340-0550 FAX:059-368-1271
リンクいろんな三重が見えてくるプライバシーポリシー
Copyright(C) .SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE. All Rights Reserved.