鈴鹿医療科学大学
お問い合わせサイトマップEnglish
受験生の方へ 卒業生の方へ 大学案内 就職情報 アクセス
学部・学科案内
保健衛生学部
医用工学部
薬学部
看護学部
大学院
さらに詳しく
教育
大学自己評価報告書
行事日程
学生活動
市民公開講座
付属施設
図書館
東洋医学研究所
社会連携研究センター
鍼灸センター
ICT教育センター
ボランティアセンター
健康管理センター
学生相談室
学生食堂
指定寮・学生寮
学内サービス
SUMS-PO
学内専用コンテンツ
HOME >> 教育 >> 保健衛生学部:医療福祉学科:医療福祉コース

教育 保健衛生学部

学部長からのメッセージ

学部長 細井 哲 教授
学部長からのメッセージ高齢化社会に、高度の医療の進歩に対応できる人材育成を!

高齢化社会の到来と高度な医療の進歩により医療界を取り巻く状況も一段と多様化し、それに対応する人材の育成が急務になっております。保健衛生学部には放射線技術科学科、医療栄養学科、理学療法学科、医療福祉学科があり、“保健・医療・福祉に関する幅広い知識と高い技術”を身につけ、“人間らしさを求める医療”を学び、医療現場におけるチーム医療に、地域社会活動に貢献できる人材の育成と、それぞれの学科で取得できる国家資格の合格を目指しています。




放射線技術科学科
医療栄養学科
 |-管理栄養コース
 |-臨床検査コース
理学療法学科
医療福祉学科
 |-医療福祉コース
 |-
臨床心理コース
鍼灸学科
学科詳細はこちらから シラバスはこちらから 就職情報

 学科長からのメッセージ  3つのポリシー  医療福祉コース TOPICS
 医療福祉コースとは  医療福祉コースの特徴  取得可能な資格
 科目紹介  4年間の流れ  資格取得モデル例
 履修モデル  カリキュラム一覧  教員紹介
 Q&A     

 カリキュラムマップ    

学科長からのメッセージ

医療福祉学科 学科長  貴島 日出見

格差社会の広がりと人口減少社会の到来は、人々の暮らしにさまざまな影響を与えています。医療福祉学科では、だれもが安心して心ゆたかな生活をおくれるように、「人間を大切にする」という価値観のもと、援助を求めている人の心に寄り添い、一緒に解決策を考えていく人材を育成します。医療福祉学科は「医療福祉学専攻」と「臨床心理学専攻」の二つの専攻で構成されています。医療福祉学専攻では、社会福祉士・精神保健福祉士という国家資格を取得し相談援助の専門職としてのソーシャルワーカーを目指します。臨床心理学専攻では新たに国家資格となった公認心理師の資格取得を目指します。少子高齢社会の進展するわが国では、複雑・多様化するニーズに対応していくため多職種連携による包括的支援の実現が急務となっています。医療・保健・福祉・心理分野の専門知識とさまざまな専門職と協働できる技術を身につけ、実践力のある福祉および心理の専門職として社会に貢献していく人材を育成します。これまで多くの卒業生が県内の医療機関、社会福祉施設、行政機関、企業等に就職し専門職として活躍しています。大学生活は皆さんを未来と社会へ繋ぐ大切な時間です。人の役に立つ人間になりたいと考えている皆さん、医療福祉学科の学生となって、社会福祉士、精神保健福祉士、公認心理師の資格取得を目指して、一緒に思い出に残る4年間を過ごしましょう。


▲上へ戻る

3つのポリシー

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学は医療福祉学を専攻し、5つの教育目標について下記の10項目を修得した学生に学士(医療福祉学)の学位を授与します。

教育目標

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

幅広い教養を身につける

A外国語理解・表現の基本的な能力を身につけ、保健・医療・福祉の国際対応や国際情報の活用に役立てることができる。

@医療人として社会で自立するための底力となる汎用的技能、態度、常識、健全な心と体を備えている。

B文化・社会・科学と保健・医療・福祉のかかわりや、社会における自身の自立について、意見を表現することができる。

高度な知識と技能を修得する

C福祉領域の最先端の進歩や周辺・応用分野(心理学を含む)の状況を把握している。

Dソーシャルワーカー(社会福祉専門職)に求められる核となる知識について社会が求める水準まで修得している。

E社会福祉の現場で活用できる基本的技能を修得している。

F自ら社会福祉分野の課題を発見しその解決に向けて科学的に探究し、成果等を表現するために必要な思考力・判断力・表現力を身につけている。

チーム医療に貢献する

Gチームの中で適切なコミュニケーションをとることができ、ソーシャルワーカー(社会福祉専門職)として主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を身につけている。

思いやりの心を育む

H支援を求める人の立場を理解し、思いやりの心を共感的態度で伝えることができる。

高い倫理観を持つ

I人権と人格の尊重をもとにして、保健・医療・福祉の倫理観を理解し、患者・利用者や家族の秘密を保持し、社会の規律を遵守することができる。


教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)

 本専攻の学位授与方針に掲げた10項目を達成するための教育課程編成の方針を以下に示します。

1)ディプロマ・ポリシーを達成するための科目(群)を低学年(基礎分野)から高学年(専門基礎・専門分野)へ適切な順序で配置して教育課程を編成し、それぞれを効果的な学修方法・過程で実施し、適切な学修評価方法を採用します。

2)全学生が期待される水準に円滑に到達できるよう、「何ができるようになったか(アウトカム)」に照準を合わせたムリ・ムラ・ムダのない一貫した教育課程を編成し、同時に、学生の習熟度に応じたきめ細かい支援や心理面でのケアを行います。

3)特に入学した最初に行う教育が重要とされていますが、医療福祉コースでは、社会で自立するために共通に必要な知識・技能・態度を学べるよう、「医療人底力教育」を配置します。

4)健康・医療・福祉の未来に先見性を持って対応できるよう、専門分野における最先端の状況を把握することのできる科目・授業を配置します。

5)学修方法・過程には、講義、演習、実習、卒業研究、学外実習、学外実習準備教育(基本的臨床技能教育等)、ワークショップ型授業、体験型学習、反転授業、小グループ能動学習(PBL:課題探究型学習、多職種連携チーム医療実践教育)、などがあります。これらの中でも、学生が主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を促す授業(アクティブ・ラーニング)を行い、学生の自学自習時間を確保しつつ、さまざまな形で支援します。

6)学修評価方法には、学力試験、レポート、プレゼンテーション、ルーブリック、OSCE(客観的臨床能力試験)、学修ポートフォリオなどがありますが、これらを、形成的評価および総括的評価として適切に活用します。

7)各科目の担当教員による合否の判定(単位認定)に加えてGPAによる評価を活用します。GPAは進級、卒業(学位取得)、国家試験・資格試験合格の目安になり、奨学金等の審査、あるいは進路変更などの修学指導に用いられる場合があります。

8)学生に主体的に学習に取り組む態度を促すと同時に、学生が自らの学修活動を振り返り、自己の改善に結び付ける活動(PDCA活動)を促していきます。また、担当教員は、試験の成績、GPA、意識調査、学修ポートフォリオなどを活用して個々の学生に対して面談を実施するなどのきめの細かい修学指導を行い、学生の主体的な学習を促します。

9)医療福祉コースとしての学修評価については、専門的知識・技能について、学内の学力試験による単位認定者の割合やGPA、国家試験・資格試験成績の全国水準との比較等により評価します。学力試験で測定困難な能力や資質については、各科目のルーブリック等による評価の集計、全学的な学修行動調査や意識調査、卒業生や学生の就職先機関からのアンケート調査等を活用して評価します。

入学選抜の方針(アドミッション・ポリシー)

 本学は、教育目標およびディプロマ・ポリシーを踏まえ、医療福祉学を専攻しようとする人のうち次のような人を受け入れます。

1)保健・医療・福祉の専門的知識・技能を学ぶことができる基礎学力を持つ人

2)科学的な思考力・判断力・表現力の基礎が備わっている人

3)保健・医療・福祉領域で活躍しようという目的意識が明確で、自ら学ぼうとする意欲のある人

4)他者の痛みを理解しようと努力し、思いやりの心をもった人

5)いのちの尊厳を理解し、社会の規律を守ることができる人

6)多様性をもった人々と適切なコミュニケーションを取り協働できる人

2016年度以前入学生対象 3つのポリシーはこちら


▲上へ戻る

医療福祉コース TOPICS

取得可能な資格

・ 社会福祉士 (国家試験受験資格)
・ 精神保健福祉士 (国家試験受験資格)
・ 認定心理士 (日本心理学会認定資格)
・ 福祉心理士 (日本福祉心理学会認定資格)
・ 社会福祉主事任用資格
・ 児童指導員任用資格
・ 介護職員初任者研修
・ スクール(学校)ソーシャルワーカー


医療福祉コースとは
授業風景医療福祉コースでは、社会福祉士精神保健福祉士というソーシャルワーカーの養成を行っています。これらは国家資格となっており、本コースでは両資格の受験資格を取得することができます。
本コースでは、人間性豊かな「社会福祉士」「精神保健福祉士」を育てるため、「人のからだ」や「社会のしくみ」、「対人援助」の理解などを基礎としながら、保健・医療・福祉の専門知識を一体的に学びます。

*ソーシャルワーカーとは?
ソーシャルワーカーは、「保健・医療・福祉」の分野で働く相談業務の専門職です。現代社会においては、病気や失業、人間関係がうまく築けないなどの様々な困難が、私たちの行く手をさえぎることがあります。そうした状況の中にいる人が抱える生活上の課題を共に見出し、解決する力を身につけていく過程に寄り添うのがソーシャルワーカーです。

医療福祉コースの特徴

医療福祉コースでは、福祉の専門科目だけでなく医療系科目や心理学系科目も開講しているため、充実したカリキュラムとなっております。社会福祉士・精神保健福祉士受験資格のダブルライセンスの取得が可能となっています。
国家資格を取得するために必要な福祉に関する科目に加えて医療に関する科目も多数開講し、医療福祉の現場で重要な役割を担えるソーシャルワーカーを目指すことができます。

医療福祉コースでは、医療や福祉の現場だけでなく、企業や司法などの現場で経験を積んだ教員によって構成されています。そのため、学生の進路に合わせた指導や、専門的に学びたい分野についてのさまざまな相談に柔軟に対応することができます。

医療福祉コースでは、社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験対策を3年次から実施しています。 担当教員の指導のもと、過去の国家試験問題を分析し、出題傾向を予測した学内模擬試験を実施しています。 学生がより多くの問題に触れる機会を提供し、基礎学力の向上と実力アップを目指します。 また、担当教員による学生の到達度に応じた個別支援や勉強における様々な悩みなどの相談に応じ、国家試験合格までのサポートを行います。






取得可能な資格

・ 社会福祉士 (国家試験受験資格)
・ 精神保健福祉士 (国家試験受験資格)
・ 認定心理士 (日本心理学会認定資格)
・ 福祉心理士 (日本福祉心理学会認定資格)
・ 社会福祉主事任用資格
・ 児童指導員任用資格
・ 介護職員初任者研修
・ スクール(学校)ソーシャルワーカー
▲上へ戻る


科目紹介

●相談援助演習
  「社会福祉士」「精神保健福祉士」に求められる相談援助に係わる知識と技術について、具体的な相談援助事例を使って、ロールプレイ等を中心とする実践的な演習を行います。専門的援助技術として概念化し、体系化していくことができる能力を育みます。 また、総合的かつ包括的な援助を必要とする事例を用いて、福祉ニーズを明らかにするとともに、ロールプレイを通じて利用者の立場に立った支援方法を検討し、個別支援計画の作成等を行います。 相談援助演習 
●相談援助実習指導
 施設・機関での実習にあたり必要となる、相談援助の知識や技術、アセスメントやモニタリングによる利用者理解の方法、支援計画の作成方法、支援プロセスの記録と評価の仕方などについて分野ごとに分かれて学びます。また、実習先施設・機関の利用者の実情を具体的に把握して理解を深め、実習施設・機関が地域の社会資源としてどのような役割を果たしているのか、さらに、実習施設・機関の組織構成や業務内容についての知識を深め、各自が実習での援助活動に参加できるように具体的な学習を行います。  相談援助実習指導 
●精神保健福祉援助演習(専門)I
 人はみな、この世で幸せな一生を過ごしたいと思いながら生活をしています。しかし、現実にはいじめ、不登校、摂食障害、DV,うつ病、統合失調症、認知症、自然災害・事件によるPTSDなど、悲しみに満ちた経験によって孤独な状況に陥ることが度々あります。私たちは、孤独な中では決して生きていくことはできません。国家資格を持った精神保健福祉士は、このような状況にたたずんでいる方々に寄り添い、専門的な技術を用いて再び生活の場へと導くことができるプロのソーシャルワーカーです。本演習では、専門職に相応しい援助技術と専門的な知識を身につけるための学習を行います。 精神保健福祉援助演習(専門) 
●医療ソーシャルワーク実習
 人の人生に突然、あるいは徐々に襲ってくる「障がい」や「疾病」。これらは、その当事者や家族を計り知れないほどの苦しみに直面させます。さらに「死」は、人間の生命のはかなさを家族に突きつけると共に、すべてが無に帰することの寂しさや孤独を感じさせます。人間は、これらを経験するときに、解決の糸口が見いだせない焦りと将来への大きな不安を抱えることになります。「医療ソーシャルワーカー」は、このような不安を抱えた患者さんや家族をチーム医療の中において支え、様々な医療・福祉制度を用いて問題解決を促していく医療福祉の専門職です。
 医療ソーシャルワーク実習においては、医療ソーシャルワーカーの専門的な視点と、具体的な支援の内容について医療機関において学ぶことをとおして、実践力のある医療ソーシャルワーカーの育成を目指します。
医療福祉実習
*医療ソーシャルワーク実習は4年生の5月〜6月に医療機関で10日間の実習を行います。

▲上へ戻る

4年間の流れ


医療福祉コース 4年間の流れ

資格取得モデル例
資格取得モデル例
▲上へ戻る


履修モデル



▲上へ戻る

カリキュラム一覧

専門基礎分野
○医療
人体の構造・機能と疾病/認知症の理解と援助/小児と医療/精神疾患とその治療/看護学/精神保健福祉の理論と相談援助の展開
○保健
保健医療サービス/精神保健の課題と支援
○福祉
医療福祉の基礎/社会理論と社会システム/ソーシャルワーク法学/社会福祉概論/相談援助の基盤と専門職/精神保健福祉相談援助の基盤(専門)/低所得者に対する支援と生活保護制度/高齢者に対する支援と介護保険制度/障害者に対する支援と障害者自立支援制度/児童・家庭福祉制度
○心理
心理学概論/発達心理学/臨床心理学概論/心理学基礎実験
専門分野
○医療福祉
現代社会と福祉/高齢者に対する支援と介護保険制度/障害者に対する支援と障害者自立支援制度/児童・家庭福祉制度/地域福祉の理論と方法/社会調査の基礎/福祉行財政と福祉計画/福祉サービスの組織と経営/社会保障/就労支援サービス/権利擁護と成年後見制度/更生保護制度/介護概論/介護技術論/家族援助論/相談援助の理論と方法/相談援助演習/相談援助実習指導/相談援助実習/医療ソーシャルワーク論/医療ソーシャルワーク実習指導/医療ソーシャルワーク実習
○精神保健福祉
精神保健福祉に関する制度とサービス/精神障害者の生活支援システム/精神保健福祉の理論と相談援助の展開/精神保健福祉援助演習(専門)/精神保健福祉援助実習指導/精神保健福祉援助実習
○臨床心理
認知・学習心理学/福祉心理学/身体心理学/心理学英語/心理学研究法/心理学統計法/心理検査法/心理検査法実習/子どもと家族の心理学/青年心理学/コミュニティ心理学/社会心理学/非行と犯罪の心理学/カウンセリング
○総合
医療福祉演習/社会福祉特講/精神保健福祉特講/卒業研究

▲上へ戻る

教員紹介 (専任教員数 8名)

職名 氏  名 専門分野 研究テーマ
教授 貴島 日出見 障害者福祉 知的障がい者の地域生活に関する研究
教授 藤原 正範 司法福祉学 司法領域のソーシャルワーク
教授 松浦 信 福祉社会学 社会福祉における専門職化に関する研究
教授 松原 新 精神保健福祉 医療観察法における障がい者の人権に関する研究
出生前診断における生命の尊厳に関する研究
教授 安井 豊子 医療福祉 地域保健医療ソーシャルワークの連携に関する研究
准教授 菅原 秀次 社会福祉施設経営論・ケアマネジメント論 高齢者施設・社会福祉法人のマネジメントのあり方
助教 冨田 千晶 精神保健福祉 精神障がい者とその家族に関する研究
           ▲上へ戻る

助手紹介

職名 氏  名 専門分野 研究テーマ
助手 福田 佳奈    
           ▲上へ戻る

Q&A

Q.福祉の仕事に向いている人はどんな人ですか?
 A.福祉の仕事は人と関わることがメインとなります。そのため、人と接することが好きな人、誰かのために尽くすことができる人、他人のことを自分のことのように考えるとこができる人など、思いやりの心がある人が向いています。
Q.医療福祉コースと臨床心理コースの違いは何ですか?
 A.医療福祉コースは、「社会福祉士」や「精神保健福祉士」のソーシャルワーカーの養成に力を入れたカリキュラムとなっています。そのため、国家資格である社会福祉士と精神保健福祉士の2つの受験資格を取得することができます。臨床心理コースでは、公認心理師を養成するカリキュラムとなっています。また、両コースともに取得できる資格として、民間資格の「認定心理士」、「福祉心理士」があります。
Q.理数系科目が苦手な人でも国家試験は合格できますか?
 A.「医療福祉」と聞くと理系のイメージをもつ人もいますが、文系の学科です。1年次は医療に関する理数系の科目もありますが、文系の人でも学ぶことができる基礎的な内容です。専門科目では、特に理数系の能力を問われることはありません。国家試験に向けては、教員による徹底的なサポートもありますが、日々の勉強の積み重ねが合格への一番の近道です。 医療福祉実習は、医療ソーシャルワーカー(MSW)を目指す学生が行う実習です。実習先は一般病院で10日間の実習を行います。
Q.医療ソーシャルワーカー(MSW)とは何ですか?
 A.医療ソーシャルワーカー(MSW)は、患者さんが安心して療養できるように、入院中の心配事や様々な相談に対して、患者さんの立場に立って一緒に考えてくれる人です。また、患者さんの状態に応じた退院後の治療や生活について、適切な医療・福祉のサービスの紹介などをしてくれます。病院のMSWとして勤務するためには、社会福祉士の資格を持っていることが条件となっています。
本学は、1年次から医療全般にかかわる基礎講義やチーム医療への実践力を身につけるカリキュラムとなっており、医療人として必要なスキルを身につけることができます。また、本コースでは4年次に行う病院実習に向け、病院見学やMSWとして働く卒業生による特別講義なども実施しており、さまざまな経験を積み重ね実習に臨みます。
Q.精神科ソーシャルワーカー(PSW)とは何ですか?
A.精神保健福祉士(PSW)は、精神科疾患(精神障害)を抱える方々の悩みに耳を傾け、問題解決のためのお手伝いをする医療福祉のスペシャリストです。病気や障害を抱える方々が安心して治療を受け、地域生活ができるようにお手伝いをすることがPSWの重要な仕事です。そのため、PSWは他の医療機関や地域の関係諸機関とも連携を図りながら支援を行っていきます。病院のPSWとして勤務するためには、精神保健福祉士の資格を持っていることが条件となっています。
本コースでは、精神科で働くPSWによる講義や、精神疾患を抱える当事者による話を聞く講義だけでなく、精神科病院等でのボランティアなども積極的に取り入れ、精神疾患を抱える患者さんについての理解を深め、PSWに必要な視点について考えます。
鈴鹿医療科学大学
千代崎キャンパス
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
TEL:059-383-8991 FAX:059-383-9666
白子キャンパス
〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
TEL:059-340-0550 FAX:059-368-1271
リンクいろんな三重が見えてくるプライバシーポリシー
Copyright(C) .SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE. All Rights Reserved.