鈴鹿医療科学大学
お問い合わせサイトマップEnglish
受験生の方へ 卒業生の方へ 大学案内 就職情報 アクセス
学部・学科案内
保健衛生学部
医用工学部
鍼灸学部
薬学部
看護学部
大学院
さらに詳しく
教育
大学自己評価報告書
行事日程
学生活動
市民公開講座
付属施設
図書館
東洋医学研究所
鍼灸センター
ICT教育センター
ボランティアセンター
健康管理センター
学生相談室
学生食堂
指定寮・学生寮
学内サービス
SUMS-PO
学内専用コンテンツ
HOME >> 教育 >> 保健衛生学部:医療福祉学科:医療福祉コース

教育 保健衛生学部

学部長からのメッセージ

学部長 細井 哲 教授
学部長からのメッセージ高齢化社会に、高度の医療の進歩に対応できる人材育成を!

高齢化社会の到来と高度な医療の進歩により医療界を取り巻く状況も一段と多様化し、それに対応する人材の育成が急務になっております。保健衛生学部には放射線技術科学科、医療栄養学科、理学療法学科、医療福祉学科があり、“保健・医療・福祉に関する幅広い知識と高い技術”を身につけ、“人間らしさを求める医療”を学び、医療現場におけるチーム医療に、地域社会活動に貢献できる人材の育成と、それぞれの学科で取得できる国家資格の合格を目指しています。


医療福祉学科では、福祉に関する諸科学および医療科学等に精通し、社会福祉、精神福祉、医療福祉、介護、保育等の諸分野において活躍できる、社会福
祉士、精神保健福祉士、保育士等を養成いたします。





※保育士養成は2012年4月入学者をもって終了いたします。



放射線技術科学科
医療栄養学科
 |-管理栄養コース
 |-臨床検査コース
理学療法学科
医療福祉学科
 |-医療福祉コース
 |-
臨床心理コース
鍼灸学科
学科詳細はこちらから シラバスはこちらから 就職情報

医療福祉学科

 学科長からのメッセージ  アドミッションポリシー  カリキュラム・ディプロマポリシー
 医療福祉コース TOPICS  医療福祉コースとは  医療福祉コースの特徴
 取得可能な資格  科目紹介  4年間の流れ
 資格取得モデル例  履修モデル  カリキュラム一覧
 教員紹介  Q&A    

学科長からのメッセージ

医療福祉学科 学科長  貴島 日出見

 医療福祉学科は、「医療福祉コース」「臨床心理コース」の2コースで構成されています。
  医療福祉学科では、支援や援助の必要な人を内面的にサポートすると同時に色々な制度や社会の仕組みを活用して支援するための専門知識や技術を学びます。そして「人間を大切にする」という価値観のもと、病気や障害、孤独や貧困などのために、戸惑いや不安を抱える人、人として最低限の生活を維持するのに困難がある人、人としての権利を侵害されている人などの相談に応じ、一緒に解決策を考える仕事をする人材を育成します。 
 少子高齢社会のわが国では「地域包括ケア」「チーム医療」の実現が急務です。医療・保健・福祉分野の様々な専門職と調整・仲介のできる技術を身につけ、拡大する福祉ニーズに対応できる専門職として、国家資格である社会福祉士・精神保健福祉士の取得を目指します。また、人々の内面的な「心のケア」について学び、カウセリング技術を修得した認定心理士として、医療・福祉・学校・企業等でカウンセラー等の専門職を目指します。
  これまで1期生から8期生までの卒業生が県内外の医療機関や福祉施設、福祉事務所などの行政機関、医療や福祉分野の企業などで活躍し、ネットワークが広がっています。  医療福祉学科の門を叩いた皆さん、大学生活は皆さんを未来と社会へ繋ぐ大切な時間です。教員、学生、一緒になって思い出に残る4年間を過ごしましょう。


▲上へ戻る


アドミッションポリシー

医療福祉学科が求める学生像

 医療福祉学科は、鈴鹿医療科学大学が培い蓄積してきた医療関係技術者養成の経験と実績、医療・保健と福祉・心理の総合的な教育施設としての環境をいかし、将来の医療福祉専門職及び心理カウンセラー等に求められる資質を備えた人材の養成を目的としています。それは、支援や援助の必要な人を総合的・全人格的に捉えうる高度な専門知識と技術を備え、隣接領域の医師・看護師・診療放射線技師・管理栄養士・理学療法士・臨床工学技士などの専門職と相互に連携、協力し利用者さん中心の適切な相談援助等の生活支援を提供できる人間性豊かな人材の養成を目的としています。そのために医療福祉学科では、この学科設立の理念をよく理解し、将来の医療福祉に貢献する熱意をもった人材を求めています。

医療福祉学科が求める学生像


▲上へ戻る

カリキュラム・ディプロマポリシー

カリキュラムポリシー

保健衛生学部のカリキュラムポリシー
 本学建学の精神及び教育の理念に基づき、保健衛生学部に、放射線技術科学科、医療栄養学科、理学療法学科、医療福祉学科、鍼灸学科を設置し、放射線、磁気共鳴等を使う医療、健康と栄養、運動機能回復、介護・福祉、鍼灸医療等に関する諸科学及び医学について最新で高度な教育・研究を行うことによって、優れた専門知識と技術、医療人にふさわしい教養と人間性を身につけた人材を育成することを目的とする。

医療福祉学科のカリキュラムポリシー

1. 医療・福祉・心理の分野を総合的に学び、援助者としての倫理観に基づき行動できる人材を育成する。
2. 福祉・心理の分野の対人援助に関する専門知識と技術を修得し、演習やフィールドワークにより実践力を育てる。
3. 様々なボランティア活動や人々とのふれあいを通して、人としての尊厳や共生社会について学び、豊かな人間性を養う。
4. 対人援助の知識と技術を活かし、多職種の専門職と信頼関係に基づくネットワークを構築し、連携・協働できる人材を育成する。
5. 社会の変化を的確・迅速に把握し、人間本来の健康で幸福な人生の実現に向けて貢献していく向上心を育む。


医療福祉コースのカリキュラムポリシー

1. 社会福祉、精神保健福祉、医療、心理を体系的、総合的に学ぶ中で、人の多様な生き方や個性、人の尊厳を理解し、ソーシャルワーカーとしての高い倫理観を獲得する。
2. 社会福祉、精神保健福祉、医療、心理を演習やフィールドワークを通して学ぶ中で、バルネラブルな人々への援助に関する専門知識と技術を修得する。
3. さまざまなボランティア活動や人々とのふれあいを通して、バルネラブルな人々を包摂する社会建設に向けてのソーシャルワーカーの役割を理解する。
4. 医療における社会福祉、精神保健福祉に関わる知識と技術の位置づけを理解し、医療関連の他職種とネットワークを構築し、連携、協働する。
5. 社会の変化の中で刻々と変化する医療と福祉の情報を的確・迅速に把握し、本来の目的に合致した医療と福祉のあるべき姿を考え、その将来像に向けてソーシャルワーカーとして参画する力を育む。

ディプロマポリシー

保健衛生学部のディプロマポリシー
 幅広い教養と専門分野に関する学問知識を修得し、豊かな人間性・柔軟な科学的思考力を身につけ、保健・医療・福祉の担い手としての基本的能力を持つ。また各専門分野において将来、指導的立場に立ち、高度化・専門化する医療を支えるために、基礎理論から臨床応用へ至る系統的かつ実践的な学習を基盤とした知識・技術を高めることができる。

医療福祉学科のディプロマポリシー

1. 人権と人格を尊重し、人の多様な生き方や個性を理解し、対人援助者としての倫理観を身につける。
2. 援助を必要とする人々を支援するための対人援助に関する専門知識と実践できる技術を身につける。
3. グローバルな視野と幅広い教養を備えた豊かな人間性を身につける。
4. 多職種の専門職とネットワークを構築し、連携・協働する能力を身につける。
5. 変化し進歩する社会と人々の健康・福祉との調和を目指す向上心を身につける。

医療福祉コースのディプロマポリシー

1. 人権と人格を尊重し、人の多様な生き方や個性を理解し、ソーシャルワーカーとしての高い倫理観を身につけ、医療福祉のフィールドで活用できる。
2. 貧困、要保護、要介護、要支援などバルネラブルな人々の生活を支え、社会参加を図るため、人と社会に関する専門知識、それを実現させる実践の技術を身につけている。
3. 医療福祉に関してグローバルな視野を持ち、専門知識が幅広い教養と豊かな人間性を身につけている。
4. 医療の中での社会福祉、精神保健福祉の位置づけを理解し、多職種の専門職とネットワークを構築し、連携・協働する能力を身につけている。
5. 医療福祉の最前線を常に意識でき、人々の健康・福祉との調和に関わる社会的ニーズに即した活動力と自らを向上させていく力を身につけている。

▲上へ戻る

医療福祉コース TOPICS


医療福祉コースとは
授業風景医療福祉コースでは、社会福祉士精神保健福祉士というソーシャルワーカーの養成を行っています。これらは国家資格となっており、本コースでは両資格の受験資格を取得することができます。
本コースでは、人間性豊かな「社会福祉士」「精神保健福祉士」を育てるため、「人のからだ」や「社会のしくみ」、「対人援助」の理解などを基礎としながら、保健・医療・福祉の専門知識を一体的に学びます。

*ソーシャルワーカーとは?
ソーシャルワーカーは、「保健・医療・福祉」の分野で働く相談業務の専門職です。現代社会においては、病気や失業、人間関係がうまく築けないなどの様々な困難が、私たちの行く手をさえぎることがあります。そうした状況の中にいる人が抱える生活上の課題を共に見出し、解決する力を身につけていく過程に寄り添うのがソーシャルワーカーです。

医療福祉コースの特徴

医療福祉コースでは、福祉の専門科目だけでなく医療系科目や心理学系科目も開講しているため、充実したカリキュラムとなっております。社会福祉士・精神保健福祉士受験資格のダブルライセンスの取得が可能となっています。
国家資格を取得するために必要な福祉に関する科目に加えて医療に関する科目も多数開講し、医療福祉の現場で重要な役割を担えるソーシャルワーカーを目指すことができます。

医療福祉コースでは、医療や福祉の現場だけでなく、企業や司法などの現場で経験を積んだ教員によって構成されています。そのため、学生の進路に合わせた指導や、専門的に学びたい分野についてのさまざまな相談に柔軟に対応することができます。

医療福祉コースでは、社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験対策を3年次から実施しています。 担当教員の指導のもと、過去の国家試験問題を分析し、出題傾向を予測した学内模擬試験を実施しています。 学生がより多くの問題に触れる機会を提供し、基礎学力の向上と実力アップを目指します。 また、担当教員による学生の到達度に応じた個別支援や勉強における様々な悩みなどの相談に応じ、国家試験合格までのサポートを行います。



医療福祉コースの就職率は毎年95%を超えています。その中でも近年は、国家資格を取得し医療福祉の専門職として就職する卒業生の割合が高くなってきています。また、社会福祉士や精神保健福祉士の資格を活かし、公務員等の就職を目指す学生も多くなってきています。 医療福祉コースでは、4年間の学生生活の中で幅広い就職先を提供するため、さまざまな現場で働く医療福祉の専門職や医療福祉コースの卒業生による講義などを行い、学生自身が将来について考える機会を積極的に取り入れています。






取得可能な資格

・ 社会福祉士 (国家試験受験資格)
・ 精神保健福祉士 (国家試験受験資格)
・ 認定心理士 (日本心理学会認定資格)
・ 福祉心理士 (日本福祉心理学会認定資格)
・ 社会福祉主事任用資格
・ 児童指導員任用資格
・ 介護職員初任者研修
▲上へ戻る


科目紹介

●相談援助演習
  「社会福祉士」「精神保健福祉士」に求められる相談援助に係わる知識と技術について、具体的な相談援助事例を使って、ロールプレイ等を中心とする実践的な演習を行います。専門的援助技術として概念化し、体系化していくことができる能力を育みます。 また、総合的かつ包括的な援助を必要とする事例を用いて、福祉ニーズを明らかにするとともに、ロールプレイを通じて利用者の立場に立った支援方法を検討し、個別支援計画の作成等を行います。 相談援助演習 
●相談援助実習指導
 施設・機関での実習にあたり必要となる、相談援助の知識や技術、アセスメントやモニタリングによる利用者理解の方法、支援計画の作成方法、支援プロセスの記録と評価の仕方などについて分野ごとに分かれて学びます。また、実習先施設・機関の利用者の実情を具体的に把握して理解を深め、実習施設・機関が地域の社会資源としてどのような役割を果たしているのか、さらに、実習施設・機関の組織構成や業務内容についての知識を深め、各自が実習での援助活動に参加できるように具体的な学習を行います。  相談援助実習指導 
●精神保健福祉援助演習(専門)I
 人はみな、この世で幸せな一生を過ごしたいと思いながら生活をしています。しかし、現実にはいじめ、不登校、摂食障害、DV,うつ病、統合失調症、認知症、自然災害・事件によるPTSDなど、悲しみに満ちた経験によって孤独な状況に陥ることが度々あります。私たちは、孤独な中では決して生きていくことはできません。国家資格を持った精神保健福祉士は、このような状況にたたずんでいる方々に寄り添い、専門的な技術を用いて再び生活の場へと導くことができるプロのソーシャルワーカーです。本演習では、専門職に相応しい援助技術と専門的な知識を身につけるための学習を行います。 精神保健福祉援助演習(専門) 
●医療福祉実習
 人の人生に突然、あるいは徐々に襲ってくる「障がい」や「疾病」。これらは、その当事者や家族を計り知れないほどの苦しみに直面させます。さらに「死」は、人間の生命のはかなさを家族に突きつけると共に、すべてが無に帰することの寂しさや孤独を感じさせます。人間は、これらを経験するときに、解決の糸口が見いだせない焦りと将来への大きな不安を抱えることになります。「医療ソーシャルワーカー」は、このような不安を抱えた患者さんや家族をチーム医療の中において支え、様々な医療・福祉制度を用いて問題解決を促していく医療福祉の専門職です。
 医療福祉実習においては、医療ソーシャルワーカーの専門的な視点と、具体的な支援の内容について医療機関において学ぶことをとおして、実践力のある医療ソーシャルワーカーの育成を目指します。
医療福祉実習
*医療福祉実習は4年生の5月〜6月に医療機関で10日間の実習を行います。

▲上へ戻る

4年間の流れ


医療福祉コース 4年間の流れ

資格取得モデル例
資格取得モデル例
カリキュラムマップ(PDF)
▲上へ戻る


履修モデル



▲上へ戻る

カリキュラム一覧

専門基礎分野
○医療
人体の構造・機能と疾病/認知症の理解と援助/小児と医療/精神疾患とその治療/看護学/精神保健福祉の理論と相談援助の展開
○保健
保健医療サービス/精神保健の課題と支援
○福祉
医療福祉の基礎/社会理論と社会システム/ソーシャルワーク法学/社会福祉概論/相談援助の基盤と専門職/精神保健福祉相談援助の基盤(専門)/低所得者に対する支援と生活保護制度/高齢者に対する支援と介護保険制度/障害者に対する支援と障害者自立支援制度/児童・家庭福祉制度
○心理
心理学概論/発達心理学/臨床心理学概論/心理学基礎実験
専門分野
○医療福祉
現代社会と福祉/高齢者に対する支援と介護保険制度/障害者に対する支援と障害者自立支援制度/児童・家庭福祉制度/地域福祉の理論と方法/社会調査の基礎/福祉行財政と福祉計画/福祉サービスの組織と経営/社会保障/就労支援サービス/権利擁護と成年後見制度/更生保護制度/介護概論/介護技術論/家族援助論/相談援助の理論と方法/相談援助演習/相談援助実習指導/相談援助実習/医療ソーシャルワーク論/医療ソーシャルワーク実習指導/医療ソーシャルワーク実習
○精神保健福祉
精神保健福祉に関する制度とサービス/精神障害者の生活支援システム/精神保健福祉の理論と相談援助の展開/精神保健福祉援助演習(専門)/精神保健福祉援助実習指導/精神保健福祉援助実習
○臨床心理
認知・学習心理学/福祉心理学/身体心理学/心理学英語/心理学研究法/心理学統計法/心理検査法/心理検査法実習/子どもと家族の心理学/青年心理学/コミュニティ心理学/社会心理学/非行と犯罪の心理学/カウンセリング
○総合
医療福祉演習/社会福祉特講/精神保健福祉特講/卒業研究

▲上へ戻る

教員紹介 (専任教員数 15名)

職名 氏  名 専門分野 研究テーマ
教授 貴島 日出見 障害者福祉 知的障がい者の地域生活に関する研究
教授 中川 一郎 臨床心理学 ホリスティック心理学、タッピングタッチ
教授 西川 潤子 高齢者・障害者福祉 若年性認知症者の支援について
教授 藤原 正範 司法福祉学 司法領域のソーシャルワーク
教授 松浦 信 福祉社会学 社会福祉における専門職化に関する研究
教授 松原 新 精神保健福祉 医療観察法における障がい者の人権に関する研究
出生前診断における生命の尊厳に関する研究
准教授 菅原 秀次 社会福祉施設経営論・ケアマネジメント論 高齢者施設・社会福祉法人のマネジメントのあり方
准教授 鈴木 亮子 臨床心理学・高齢者心理学 認知症患者と介護する家族への心理的援助
准教授 蒔田 勝義 地域福祉 社協活動・民生員活動・ボランティア活動に関する研究
准教授 山上 明 児童福祉 少子化問題と子育て支援
准教授 渡部 千世子 臨床心理学
発達心理学
慢性疾患をもつ子どもと家族の関係発達
助教 伊藤 教子 保育内容 人間形成と家族・地域・社会等との関連性
助教 遠藤 歩 臨床心理学 治療者論・心理アセスメント・箱庭療法
助教 冨田 千晶 精神保健福祉 精神障がい者とその家族に関する研究
助教 福島 裕人 臨床心理学
健康心理学
医療従事者のバーンアウト、トラウマケア、笑いと健康
           ▲上へ戻る

助手紹介

職名 氏  名 専門分野 研究テーマ
助手 小川 美香    
助手 福田 佳奈    
           ▲上へ戻る

Q&A

Q.福祉の仕事に向いている人はどんな人ですか?
 A.福祉の仕事は人と関わることがメインとなります。そのため、人と接することが好きな人、誰かのために尽くすことができる人、他人のことを自分のことのように考えるとこができる人など、思いやりの心がある人が向いています。
Q.医療福祉コースと臨床心理コースの違いは何ですか?
 A.医療福祉コースは、「社会福祉士」や「精神保健福祉士」のソーシャルワーカーの養成に力を入れたカリキュラムとなっています。そのため、国家資格である社会福祉士と精神保健福祉士の2つの受験資格を取得することができます。臨床心理コースでは、精神保健福祉士のみ受験資格を取得することができます。また、両コースともに取得できる資格として、民間資格の「認定心理士」、「福祉心理士」があります。
Q.理数系科目が苦手な人でも国家試験は合格できますか?
 A.「医療福祉」と聞くと理系のイメージをもつ人もいますが、文系の学科です。1年次は医療に関する理数系の科目もありますが、文系の人でも学ぶことができる基礎的な内容です。専門科目では、特に理数系の能力を問われることはありません。国家試験に向けては、教員による徹底的なサポートもありますが、日々の勉強の積み重ねが合格への一番の近道です。 医療福祉実習は、医療ソーシャルワーカー(MSW)を目指す学生が行う実習です。実習先は一般病院で10日間の実習を行います。
Q.医療ソーシャルワーカー(MSW)とは何ですか?
 A.医療ソーシャルワーカー(MSW)は、患者さんが安心して療養できるように、入院中の心配事や様々な相談に対して、患者さんの立場に立って一緒に考えてくれる人です。また、患者さんの状態に応じた退院後の治療や生活について、適切な医療・福祉のサービスの紹介などをしてくれます。病院のMSWとして勤務するためには、社会福祉士の資格を持っていることが条件となっています。
本学は、1年次から医療全般にかかわる基礎講義やチーム医療への実践力を身につけるカリキュラムとなっており、医療人として必要なスキルを身につけることができます。また、本コースでは4年次に行う病院実習に向け、病院見学やMSWとして働く卒業生による特別講義なども実施しており、さまざまな経験を積み重ね実習に臨みます。
Q.精神科ソーシャルワーカー(PSW)とは何ですか?
A.精神保健福祉士(PSW)は、精神科疾患(精神障害)を抱える方々の悩みに耳を傾け、問題解決のためのお手伝いをする医療福祉のスペシャリストです。病気や障害を抱える方々が安心して治療を受け、地域生活ができるようにお手伝いをすることがPSWの重要な仕事です。そのため、PSWは他の医療機関や地域の関係諸機関とも連携を図りながら支援を行っていきます。病院のPSWとして勤務するためには、精神保健福祉士の資格を持っていることが条件となっています。
本コースでは、精神科で働くPSWによる講義や、精神疾患を抱える当事者による話を聞く講義だけでなく、精神科病院等でのボランティアなども積極的に取り入れ、精神疾患を抱える患者さんについての理解を深め、PSWに必要な視点について考えます。
鈴鹿医療科学大学
千代崎キャンパス
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
TEL:059-383-8991 FAX:059-383-9666
白子キャンパス
〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
TEL:059-340-0550 FAX:059-368-1271
リンクいろんな三重が見えてくるプライバシーポリシー
Copyright(C) .SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE. All Rights Reserved.