鈴鹿医療科学大学
お問い合わせサイトマップEnglish
受験生の方へ 卒業生の方へ 大学案内 就職情報 アクセス
学部・学科案内
保健衛生学部
医用工学部
薬学部
看護学部
大学院
さらに詳しく
教育
大学自己評価報告書
行事日程
学生活動
市民公開講座
付属施設
図書館
東洋医学研究所
社会連携研究センター
鍼灸センター
ICT教育センター
ボランティアセンター
健康管理センター
学生相談室
学生食堂
指定寮・学生寮
学内サービス
SUMS-PO
学内専用コンテンツ
HOME >> 教育 >> 保健衛生学部:医療栄養学科:管理栄養コース

教育 保健衛生学部

学部長からのメッセージ

学部長 細井 哲 教授
学部長からのメッセージ高齢化社会に、高度の医療の進歩に対応できる人材育成を!

高齢化社会の到来と高度な医療の進歩により医療界を取り巻く状況も一段と多様化し、それに対応する人材の育成が急務になっております。保健衛生学部には放射線技術科学科、医療栄養学科、理学療法学科、医療福祉学科があり、“保健・医療・福祉に関する幅広い知識と高い技術”を身につけ、“人間らしさを求める医療”を学び、医療現場におけるチーム医療に、地域社会活動に貢献できる人材の育成と、それぞれの学科で取得できる国家資格の合格を目指しています。


医療栄養学科管理栄養コースでは、栄養化学、臨床栄養学等に精通し、医学、薬学の知識を身につけて、医療、教育、行政、栄養および健康関係の企業の分野において活躍できる管理栄養士を養成いたします。


放射線技術科学科
医療栄養学科
 |-管理栄養コース
 |-臨床検査コース
理学療法学科
医療福祉学科
 |-医療福祉コース
 |-
臨床心理コース
鍼灸学科
シラバスはこちらから 就職情報

医療栄養学科 管理栄養コース

 学科長からのメッセージ  3つのポリシー  本コースの特長  めざす資格
 カリキュラム  授業科目  科目紹介  4年間の流れ
 履修モデル  教員紹介  Q&A     

 カリキュラムマップ    


学科長からのメッセージ

医療栄養学科 学科長 森下 芳孝
医療栄養学科 学科長 森下 芳孝

「日本で数少ない医療系に立脚した管理栄養士及び栄養学にも精通した臨床検査技師の養成」

 21世紀の医療は、治療から予防へと大きくシフトしています。病気にしないという予防医学において非常に大切な要素は、健全な栄養、健全な運動、健全な心、そしてその人の健康状態に関する正確な臨床検査情報であります。本学の医療栄養学科はこの4つのうちの栄養と臨床検査の2つに重点をおいて、管理栄養士を養成する管理栄養コースと臨床検査技師を養成する臨床検査コースとして、教育、研究を行っています。

   健康な人に栄養指導を行う栄養士と違い、管理栄養士は病院の患者さんを対象に栄養指導を行います。そのため、管理栄養士は様々な疾病に対して、また同一の疾患であっても患者さんの病状や病期に応じて異なる栄養指導を行わねばならず、より高度な栄養知識や栄養指導が要求されることになります。
 古くから「医食同源」という諺があります。これは、医:病気を治すのも、食:食を摂るのも、生命を養い健康を保つためであり本質は同じだということを意味しています。近年は、偏った食生活や運動不足などの生活習慣が原因で動脈硬化を来たし、心筋梗塞や脳卒中といった疾患で死亡する患者が増えつつあります。そのような状況下で、栄養指導を担う管理栄養士の重要性が改めて見直され、その活躍が期待されつつあります。しかしながら、管理栄養士を養成するための現状の教育はどうかというと、多くは昔ながらの「良妻賢母」を目指す家政系(文系)の大学で行われております。患者の栄養指導には医学・医療に立脚した知識や技能が必要であり、本学のような総合医療系大学での教育こそが管理栄養士を真に育成できるものと考えます。また、管理栄養コースは、臨床検査コースと同一の医療栄養学科内にあることから臨床検査に関する教育も組込まれており、臨床検査に精通した(検査結果から患者の病状や栄養状態を理解できる)管理栄養士を養成できるというのも本学の特徴といえます。そのようなことから、本学は日本で数少ない医療系の管理栄養士教育を行っている大学として、病院や食品業界から非常に注目を集め始めています。

 一方、臨床検査コースは、臨床検査技師を養成いたします。医師は、臨床検査結果という客観的データ(EBM, Evidence based of medicine)に基づいて患者さんを診断し、同様に検査結果に基づいて治療効果の判定を行います。このような臨床検査を担うのが臨床検査技師ですが、患者さんの生命に直接かかわるだけにその責任は重大です。そういう意味でも、臨床検査は皆さんが人生を賭けるに足るやりがいのある仕事といえます。
 近年は、先にも述べたように生活習慣の乱れから重篤な疾患を招くことも多く、厚労省はそうならないように健康診断をはじめとする予防医学や予防医療に注力しております。臨床検査分野においても、今後は予防医療に関連した臨床検査が増加してくるものと思われます。当然のことですが、予防医療の目標は病気にならないことであり、そのためには運動や睡眠ももちろん大切ですが、栄養素を十分に摂ることが極めて重要であり、医療栄養学科内の臨床検査コースということで、本学で特別に学ぶ臨床栄養学や食品学など栄養に関する知識がこれからの予防医療における臨床検査に必ず役立つものと考えます。また、本学臨床検査コースの特徴としては、臨床検査の現場経験の豊富な教員が学生教育に当たること、さらに、全教員が一丸となって、学生を4年間で卒業させかつ全員を国家試験に合格させることを第1目標に定めていることであります。

   本学は、大学院において、修士課程さらに博士課程にまで進める充実した教育体制を整備していますので、あなたが望むならばあなたの能力を存分に磨くことが可能であります。 さあー、あなたも私学としては日本で唯一の医療系の医療栄養学科を有する鈴鹿医療科学大学で学び、医療のスペシャリストとして社会で活躍してみませんか。

3つのポリシー

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシ―)

本学は管理栄養学を専攻し、5つの教育目標について下記の10項目を修得した学生に学士(栄養学)の学位を授与します。

教育目標

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

幅広い教養を身につける

A外国語理解・表現の基本的な能力を身につけ、保健・医療・福祉の国際対応や国際情報の活用に役立てることができる。

@医療人として社会で自立するための底力となる汎用的技能、態度、常識、健全な心と体を備えている。

B文化・社会・科学と保健・医療・福祉のかかわりや、社会における自身の自立について、意見を表現することができる。

高度な知識と技能を修得する

C管理栄養分野の最先端の進歩や周辺・応用分野の状況を把握している。

D管理栄養士に求められる核となる知識について社会が求める水準まで修得している。

E管理栄養の現場で活用できる基本的技能を修得している。

F自ら栄養学にかかわる課題を発見し、その解決に向けて科学的に探究し、成果等を表現するために必要な思考力・判断力・表現力を身につけている。

チーム医療に貢献する

Gチームの中で適切なコミュニケーションを取ることができ、管理栄養士として主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を身につけている。

思いやりの心を育む

H病める人や弱者の立場を理解し、思いやりの心を共感的態度で伝えることができる。

高い倫理観を持つ

I保健・医療・福祉の倫理観を理解し、患者や家族の秘密を保持し、社会の規律を遵守することができる。


教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)

 管理栄養学専攻の学位授与方針に掲げた10項目を達成するための教育課程編成の方針を以下に示します。

1)学位授与方針10項目を修得するための科目(群)を低学年(基礎分野)から高学年(専門分野)へ適切な順序で配置して教育課程を編成し、それぞれを効果的な学修方法・過程で実施し、適切な学修評価方法を採用します。

2)核となる専門知識・技能について全学生が期待される水準に円滑に到達できるよう、「何ができるようになったか(アウトカム)」に照準を合わせた教育課程を編成し、同時に、学生の習熟度に応じた支援や心理面でのケアを行います。

3)社会で自立するために全学科共通に必要な知識・技能・態度を、学科を越えた学生の混成のクラスで学ぶ特色ある初年次教育「医療人底力教育」を行います。

4)管理栄養士の夢の将来に先見性を持って対応できるよう、専門分野における最先端の状況を把握することのできる本学ならではの教育を行います。

5)多様な職種の人々と協働して医療・福祉に関する領域を学ぶ科目群として学科の枠を超えた科目を配置し、管理栄養士として主体的に多職種連携を図れる能力を養います。

6)外国語理解・表現の基本的な科目を配置し、栄養学に関する国際対応や国際情報の活用に役立てる能力を養います。

入学選抜の方針(アドミッション・ポリシ―)

本学は教育目標および学位授与方針を踏まえ、管理栄養学を専攻しようとする人のうち、次のような人を受け入れます。

1)食と栄養の専門的知識・技能を学ぶことができる基礎学力を持つ人

2)科学的な思考力・判断力・表現力の基礎が備わっている人

3)食と健康・医療に興味を持ち、将来管理栄養士として活躍しようという目的意識が明確で、自ら学ぼうとする意欲のある人

4)病める人や弱者の立場に立って思いやることができる人

5)いのちの尊厳を理解し、社会の規律を守ることができる人

6)多様な人々と適切なコミュニケーションを取り協働できる人

2016年度以前入学生対象 3つのポリシーはこちら

▲上へ戻る

本学科管理栄養コースの特長
健康・福祉の問題を「食」をとおして考える
本学科管理栄養コースは、家政学部や生活科学部にある栄養系学科とは異なり、人々の健康・福祉と「食」の問題を医療と科学的な視点から捉えます。さらに医療福祉系総合大学の利点を生かし、医療系他学科との連携や多彩な分野の教員による講義など、授業内容も興味深く、他職種への理解も深めることができます。また、栄養系では、数少ない男女共学であり1クラス約40人の少人数教育を行っているため、各学年間や教員とのコミュニケーションが活発で、勉学はもちろん先端の研究なども身近に学べる環境が整っています。

めざす資格

 本学科管理栄養コースを卒業すると、栄養士免許管理栄養士国家試験の受験資格、ならびに、食品衛生責任者資格を得ることができます。さらに指定科目を修得すれば、健康食品管理士フードスペシャリストおよび医療薬膳師の受験資格も取得することができます。4年次には国家試験対策講座を開講し、分野別にきめ細かい指導を行うとともに、模擬テストを実施し、各人の試験対策をバックアップしています。さらに国試対策委員による個別の面接指導や、夏期および直前には集中講座も実施し、全員合格を目指しています。

※フードスペシャリストは、平成27年度入学生からは取得できません。

健康で活力のある社会へ 人と食物の関係を研究し、社会作りに役立てます 
健康でいきいきした人生は、バランスのとれたライフスタイルから・・・。栄養学はこのような問いかけと共に発展し、「食と人間との関わり」を扱う学問として、一つの大きなジャンルを確立してきました。
生活習慣病の予防・治療やこれまで見過ごされた食育、高齢化社会における食事ケア、そしてメタボリックシンドロームの改善指導など、食事を中心に指導・処方を行う管理栄養士の存在が不可欠となっています。今日では、これらの指導を必要とする個人の分析や行動変容を促す技術など、総合的な能力も求められつつあります。本学科では、このような私たち人間に欠かせない身近な食と健康の関係を医学的ならびに科学的見地から理解し、一人ひとりに適した食事指導ができる総合力を身に付けるための学習を実践しています。医師・看護師とともに医療現場で社会貢献できることは勿論のこと、さらに一歩進んで豊富な科学的センスを兼ね備えた、未来を創造していける管理栄養士の養成を目指しています。


なりたい仕事はこちら >

就職情報はこちら
▲上へ戻る

カリキュラム

管理栄養の専門科目を学ぶためには、化学、生物学などの基礎知識が必須であり、医療人としては豊かな人間性・人格が求められます。基礎分野では、医療人底力教育(医療人の基礎知識、医療人の技能と資質、医療人の教養と常識、健康科学)、人間と生活(人間と文化と社会、言葉とコミュニケーション)、科学的思考の基盤(自然科学の基礎)に関連する科目の学習から、医療人として必要な教養、見識を養うと共に、専門分野への土台となる基礎知識を身に付けます。

専門分野では管理栄養士養成課程の規定カリキュラムを基盤にして、「医療」に重点を置いた栄養教育を行っています。「社会・環境と健康」「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」「食べ物と健康」などの専門基礎領域を修得し、「応用・臨床栄養学」「栄養教育論」「公衆栄養学」「給食経営管理論」などの専門科目を体系的に学び、さらに臨地実習や卒業研究を通じて、科学的な思考法や総合的な判断力を養い、プロの管理栄養士としての応用力を身に付けます。
基礎科目を幹にして、医療栄養系科目の花を咲かせることが出来ます
4年間の流れはこちら >
▲上へ戻る

履修モデル






 
▲上へ戻る

授業科目

社会・環境と健康
公衆衛生学/公衆衛生学実習/健康管理学/情報リテラシー
人体の構造と機能、疾病の成り立ち
解剖学/生理学/運動生理学/生化学/臨床医学/微生物学/生物有機化学/解剖生理学実習/生化学実験/微生物学実験
食べ物と健康
食品分析学/食品学総論/食品学各論/食品加工学/調理学/食品衛生学/食料経済学/食品学実験(食品加工学を含む)/調理学実習/食品衛生学実習
基礎栄養学
基礎栄養学/基礎栄養学実習
応用栄養学
応用栄養学/応用栄養学実習
栄養教育論
栄養教育論/栄養教育論実習
臨床栄養学
臨床栄養学/臨床栄養学実習
公衆栄養学
公衆栄養学/公衆栄養学実習
給食経営管理論
給食経営管理論/給食経営管理論実習
総合演習
臨地実習
卒業研究
その他の科目
経営管理論/臨床検査医学総論/免疫学/薬理学/フードスペシャリスト論/フードコーディネート論/NST教育/キャリア形成論/医療栄養学特別演習

上記に掲載の「授業科目」は平成29年度開講科目であり、現在も、より学習効果が高く社会的ニーズにあったものにするため検討中です。そのため入学後、若干の変更等が生じる場合があります。
▲上へ戻る

科目紹介

●生化学
生化学は生命の基礎を化学的に取り扱い、栄養学や予防医学、生命維持の機構や病気を理解するのに大切な学問です。例えば動脈硬化症や糖尿病の予防において、摂取した栄養素が細胞内でどのような代謝を受けるか、栄養学的な対策を講じることはますます重要となっています。臨床現場でも生化学の知識は至る所で生かされています。例えば、点滴液に含まれている電解質やグルコース、ビタミンなどの栄養素が生体内でどのように代謝され、治療効果を現すのか、理解することは患者さんを治療するときに大切なことです。
ビタミンB群の蛍光定性実験
●栄養教育論  
栄養教育の目的は幅広く、人々の健康維持・増進、疾病の治療・予防、食料の供給の安定、食文化の伝承・創造などを目指します。例えば、人々が生涯に渡って健康で活力ある生活を営むためには、各々の年齢ステージに適する食生活の知識を広め、各人が自発的に食生活の維持管理ができるように援助、教育することが大切です。これらの目的を達成するための実践活動プロセスについて学びます。



高血圧の減塩指導
●臨床栄養学 
臨床栄養学では医療分野における医療倫理、医学の歴史を学び、栄養素の代謝や病気の成り立ちについて学習します。これらの医学的知識を基に、臨床栄養学では疾患別に病態・栄養状態・栄養療法を把握し、栄養ケアプランの作成やその実施・評価等、管理栄養士としての栄養ケアマネジメントを習得します。疾患別の治療食を学び「安心安全でおいしい食事」の提供を目指します。また、術前術後の栄養管理や、嚥下障害の栄養リスクマネジメント、医療や介護施設での医療チームの一員としての役割についても学習します。
食事介助実習
●給食経営管理論
本学科は医療の視点から「食と栄養」のスペシャリストを養成する一方で、給食・調理関連科目にも力を入れています。給食経営管理論では給食での安全管理や栄養管理、施設における組織・人事・財務管理などの基礎を学びます。また給食経営管理論実習では実際に調理実習室で50〜100食の大量調理と帳票類作成を実践しながら、給食運営の技術と能力を養います。このような実践的な教育を通して医療現場だけでなく給食・調理現場や施設管理のマネジメントにも強い、総合力あるゼネラリストに育成していきます。
給食経営管理論実習
▲上へ戻る

教員紹介 (専任教員数 13名)

職名 氏  名 専門分野 研究テーマ
教授 長村 洋一 臨床生化学 種々疾患に有効な食品成分の研究
教授 森下 芳孝 臨床化学 生体内成分の分析と定量法の開発
教授 三浦 俊宏 基礎栄養学 糖尿病の基礎的研究
教授 太田 伸生 感染症学・国際保健医療学 熱帯感染症の病態生理、熱帯病の新規薬剤開発
教授 堀田 千津子 栄養教育論 エビデンスに基づいた栄養教育や評価方法の確立
教授 山口 太美雄 生化学・細胞生物学 食の改善による腎疾患の進行抑制メカニズム
教授 若林 成知 有機化学 自己集積型有機分子の設計・合成・物性
准教授 江口 澄子 給食経営管理論 誰もがわかる食事栄養指導の手技・手法の研究
准教授 中東 真紀 臨床栄養学 炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)の栄養管理、嚥下障害食の研究
准教授 翠川 裕 公衆衛生学 熱帯開発途上国の健康課題
講師 植松 淳 細胞生物学 細細胞接着装置の構造と機能および組織構築
助教 石原 領子 応用栄養学 思春期、成人期などのライフステージに適した栄養管理
助教 大槻 誠 公衆栄養学・栄養学 調査による啓発活動・食育活動の検証など

▲上へ戻る

助手紹介

職名 氏  名 専門分野 研究テーマ
助手 内野 美知代 生化学 便中カルテプロテクチンの臨床的意義
助手 椎木 光子 臨床血液学 白血病分類における特殊染色の有用性について
助手 長太 のどか 分子栄養学 栄養の制御異常が血管内皮機能不全を惹起する分子メカニズム
助手 生川 卓弘 臨床栄養学 炎症性腸疾患患者の栄養摂取状況とQOLに関する研究
助手 松島 佳子 臨床微生物学  院内感染について 
助手 若杉 悠佑 栄養学  食後高血糖の抑制とその応用に関する研究

▲上へ戻る

Q&A

Q1 > 管理栄養士は栄養士とどう違うの?
A1 > 大きな違いは病院・養護施設に勤務した場合に生じます。栄養士は都道府県知事の免許を受けて健康な人を対象とした栄養指導を行いますが、管理栄養士は厚生労働大臣の免許を受けて傷病者である患者さんの栄養指導も行います。療養のため必要な栄養指導や個人の栄養状態に応じた健康の保持増進のための栄養指導、さらに老人保健施設など利用者に対し特別な配慮を必要とする給食管理およびこれらの施設に対し、栄養改善上必要な指導も行えるのが管理栄養士であり、求人が多く就職に有利な資格と言えます。
Q2 > 2年制の栄養士養成施設でも栄養士の資格を取得できますが、どのような違いがあるのですか? 
A2 > 本学は管理栄養士養成施設であり、卒業時に栄養士の資格と管理栄養士の国家試験受験資格が得られます。栄養士養成施設でも、卒業時に同じ栄養士の資格は得られますが、管理栄養士の国家試験を受験するには、さらに下図(厚労省HPより引用)に示すように修業年限に応じた実務経験が必要となります。
Q3 > 高校で化学や生物学をやっていなく、講義についていけるか心配です。
A3 > 栄養素やその体内での代謝を理解したり、生体や食品成分の分析には化学、生物学が基礎知識となります。本学科では、高校で学ぶ基礎的内容を導入部分にして、専門科目につながるように配慮して講義しています。少人数教育で、きめ細かな指導をしており、文系から入学された方も立派に卒業され、管理栄養士として社会に貢献されています。
Q4 > 英語の授業は、どのような感じなのですか。
A4 > 講義と英語コミュニケーション、および医療英語の基礎があります。講義では、新聞記事などの身近な話題を教材として、講読や聞き取りの力を養っています。英会話では、外国人教員の下で自己紹介や料理の作り方を英語にして発表するなど、楽しく学ぶことができます。科学英語では、三大栄養素をはじめ栄養学についての英文を読んでいます。
Q5 >調理の授業について教えてください。
A5 > 管理栄養士は、患者さんに美味しい病人食を提供することが大切なので、調理の知識は必修です。調理学の講義以外に、調理を伴う実習は、調理学実習、応用栄養学実習、臨床栄養学実習などがあります。最初に行われる調理学実習で、調理の基本操作をデモストレ−ションを見ながら習得していきますから、苦手な方も心配はいりません。また、調理が好きな方は、卒業研究で徹底的に調理を学べる研究室もあります。
Q6 > 男子学生は何割ぐらい、いますか?また息子が受験を希望していますが、卒業後の就職先はどのような所があるのですか?
A6 > 男子は各学年、1〜2割ほどです。就職に関して男女間の差は殆どなく、病院以外にも食品会社、製薬会社へも就職し、男子も多数活躍しています。
Q7 > 医療栄養学科の特徴は何ですか。
A7 > 私たち人間に欠かせない身近な「食と健康の関係」を医療科学的観点から理解し、一人ひとりに適した食事指導ができる総合力を身に付けるための学習を実践しています。東海地区において、本学が唯一医療系科目にウエイトをおいたカリキュラムをとっており、病院などの医療機関への就職を希望する学生も多いです。

▲上へ戻る
鈴鹿医療科学大学
千代崎キャンパス
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
TEL:059-383-8991 FAX:059-383-9666
白子キャンパス
〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
TEL:059-340-0550 FAX:059-368-1271
リンクいろんな三重が見えてくるプライバシーポリシー
Copyright(C) .SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE. All Rights Reserved.