鈴鹿医療科学大学
お問い合わせサイトマップEnglish
受験生の方へ 卒業生の方へ 大学案内 就職情報 アクセス
学部・学科案内
保健衛生学部
医用工学部
薬学部
看護学部
大学院
さらに詳しく
教育
大学自己評価報告書
行事日程
学生活動
市民公開講座
付属施設
図書館
東洋医学研究所
社会連携研究センター
鍼灸センター
ICT教育センター
ボランティアセンター
健康管理センター
学生相談室
学生食堂
指定寮・学生寮
学内サービス
SUMS-PO
学内専用コンテンツ
HOME >> 教育 >> 保健衛生学部 :放射線技術科学科

教育 保健衛生学部

学部長からのメッセージ

学部長 細井 哲 教授
学部長からのメッセージ高齢化社会に、高度の医療の進歩に対応できる人材育成を!

高齢化社会の到来と高度な医療の進歩により医療界を取り巻く状況も一段と多様化し、それに対応する人材の育成が急務になっております。保健衛生学部には放射線技術科学科、医療栄養学科、理学療法学科、医療福祉学科があり、“保健・医療・福祉に関する幅広い知識と高い技術”を身につけ、“人間らしさを求める医療”を学び、医療現場におけるチーム医療に、地域社会活動に貢献できる人材の育成と、それぞれの学科で取得できる国家資格の合格を目指しています。


放射線技術科学科では、放射線技術に関する諸科学、医学および高度医療機器・設備に精進し、医療、教育、行政、医療機関関係の企業等の諸分野において活躍できる診療放射線技師を養成いたします。


放射線技術科学科
医療栄養学科
 |-管理栄養コース
 |-臨床検査コース
理学療法学科
医療福祉学科
 |-医療福祉コース
 |-
臨床心理コース
鍼灸学科
シラバスはこちらから

放射線技術科学科

 学科長からのメッセージ  アドミッションポリシー  カリキュラム・ディプロマポリシー
 本学科の特長  めざす資格  本学科の4つの基本
 科目紹介  4年間の流れ  履修モデル
 教員紹介  Q&A  

 カリキュラムマップ    

学科長からのメッセージ

放射線技術科学科 学科長 藤野 明俊


 我が国の人口約1億2千7百万人の健康維持に貢献すべく、日本全国の医療施設で各職種の医療従事者が日夜いわゆる“チーム医療態勢”で協働し、頑張っておられるのですが、職能集団別に見てみますと、各種医療専門職員の概数は看護師120万人、医師36万人等の専門職集団に対して、診療放射線技師は5万人規模です。診療放射線技師の教育施設は全国に大学、専門校計42校があります、毎年約2千人の卒業生が巣立ち、殆どが病院勤務に就きますが、医療職の全体約300万人の日本医療界において、医療放射線業務の専門職とし貴重な担い手となっています。本学は「日本診療放射線技師会」の大きなバック・アップを得て設立され、20周年を経て、当学科卒業の診療放射線技師は延1500名を超えた大きな全国的ネット・ワークを形成しつつあり、毎年100名を越える同窓の後輩を迎える暖かく心強いバック・アップを期待できます。

 取り扱う画像医療機器は、X線、磁気、超音波など広義の各種放射線を利用した高額先端技術製品につき、学習領域は理工系から医学系まで幅広く、興味深くチャレンジの仕甲斐ある分野です。

 従って、実務教育効果を高めるため、実習設備面では現代の臨床現場の最新トレンドに合わせフラット・パネル形X線映像装置、マルチ・スライス・ヘリカルスキャン形X線CT装置や、磁気共鳴画像診断(MRI)装置では超電導磁石形、及び永久磁石形も設備され、更に超音波画像診断装置も少人数グループ実習用に効率的な台数を揃えている等、多様な高額機器が学生実習専用に準備されている点で、現在“全国一の実習設備態勢”がとられていると言えます。

 4年次には「学外臨床実習」に2ヶ月ほど各地の指定病院へ出向きますが、学内での最新機器による実習経験が心理的余裕となって、積極的に「臨床実習」に臨めます。

 なお、本学科で学ぶ第一の目標でもある4年次最後の関門となる「診療放射線技師国家試験」をクリアできるよう、継続的に「補習」授業を組み、定期的な「模擬試験」も適度に設定、3年次からは就職対策も含めた病院見学・紹介等もきめ細かく配慮されています。

 当学科は次代を担う高度医療従事者養成のため“実質的教育第一”をモットーとしています。



アドミッションポリシー

放射線技術科学科が求める学生像

放射線技術科学科は、豊かな教養、人間性を基に医療現場で放射線臨床に関する高度な専門的能力をもってX線、ラジオアイソトープから磁気、超音波応用による画像診断、放射線治療分野に貢献できる診療放射線技師、さらに研究者を育成することを目的としています。

このため、近年著しく飛躍発展しているコンピュータ科学を応用したデジタル画像によるX線コンピューテッド・トモグラフィ(X線、CT)、核磁気共鳴画像(MRI)、超音波画像(US)、核医学画像(PET、SPECT)などの診断機器、多方向より高精度に腫瘍病変への照射が可能で治療効果に優れる放射線治療装置を駆使して、診療に役立ち患者さまに喜ばれる専門技術の修得のみならず、幅広い教養を身につけ、患者さまに優しく、人間性を豊かに涵養(かんよう)する意欲のある人を求めています。

具体的な人物像

臨床画像、放射線診療分野に関心が高く、放射線に関する高度な科学技術を継続的に修学する意欲を持ち、幅広い教養を身に付けることを心がける人

  • チーム医療の実践に役立ち、チームの和を大切にする人
  • 患者さまとその周りの人々に温かい思いやりを持てる人
  • 医療社会に貢献する積極的な意欲を持つ人
  • 人間性を重視し、明るく、積極的な行動が出来る人
  • 自己責任、自己管理ができ、周囲の生活環境を守れる人
▲上へ戻る

カリキュラム・ディプロマポリシー

カリキュラム ポリシー

保健衛生学部のカリキュラムポリシー
 本学建学の精神及び教育の理念に基づき、保健衛生学部に、放射線技術科学科、医療栄養学科、理学療法学科、医療福祉学科、鍼灸学科を設置し、放射線、磁気共鳴等を使う医療、健康と栄養、運動機能回復、介護・福祉、鍼灸医療等に関する諸科学及び医学について最新で高度な教育・研究を行うことによって、優れた専門知識と技術、医療人にふさわしい教養と人間性を身につけた人材を育成することを目的とする。

放射線技術科学科のカリキュラムポリシー
1.放射線の物理・生物学的特性、及び医学・工学的応用に関する専門知識を修得する
2.放射線応用における基礎医学知識の吸収と、撮影技術を修得する。
3.主要医用画像機器の原理・特徴及び操作技能を修得する。
4.チーム医療体制における医療スタッフとの協働、協調姿勢を涵養する。
5.医療環境の適正維持・放射線安全管理技術を修得する。 ディプロマポリシー


ディプロマ ポリシー

保健衛生学部のディプロマポリシー
 幅広い教養と専門分野に関する学問知識を修得し、豊かな人間性・柔軟な科学的思考力を身につけ、保健・医療・福祉の担い手としての基本的能力を持つ。また各専門分野において将来、指導的立場に立ち、高度化・専門化する医療を支えるために、基礎理論から臨床応用へ至る系統的かつ実践的な学習を基盤とした知識・技術を高めることができる。

放射線技術科学科のディプロマポリシー
1.放射線応用における広範な知識を蓄え、活用できる。
2.画像診断分野の技術的変化・進歩に対し、意欲的に対応できる。
3.迅速・的確なコミニュケーション・スキルを備える。
4.医療倫理の維持・守秘義務の遵守等、人格的信頼性を高める。
5.常に優しさ・清潔さを保ち、且つ規律正しい医療従事者の矜持を保てる。

▲上へ戻る

本学科の特長

 病院の放射線科さながらの実習環境

【放射線技術科学科実習室 更新機器】
・FPD搭載X線透視撮影システム
・MRI 1.5T装置置
・ディジタルマンモグラフィ装置
・デジタルX線撮影装置「CR装置」 
・医用画像管理システム「PACS」(SYNAPSE
・無散瞳眼底カメラ
・16列マルチスライスCT装置
:2015年6月更新済
:2013年9月更新済
:2009年3月更新済
:2009年3月更新済
:2009年3月更新済
:2008年11月更新済 
:2007年3月更新済
この度,実験・実習棟2階にX線CT装置(東芝社製16列マルチスライスCT装置Aquilion16)に続き、ディジタルマンモグラフィ装置,ディジタルシステム,無散瞳眼底カメラを更新しました。医療施設で実際使われているディジタルマンモグラフィ装置(東芝社製Pe・ru・ru),CR装置(富士フィルム社製FCR), 医用画像管理システム(富士フィルム社製SYNAPSE) ,無散瞳眼底カメラ(キャノン社製)が設置され稼働しています。 本学では、診療放射線技師養成施設の教育専用装置として学生のためだけにこれらの装置が導入されています。
また、本学科の実習室はマルチスライスCTやディジタルマンモグラフィ装置をはじめ、各種のX線装置、MRI、フラットパネルディテクタ(FPD)、CR、超音波装置等、コンピュータを組み込んだ画像診断機器が、実際の病院放射線科内を模擬したレイアウトで設置されており、臨床現場に近い臨場感にあふれた素晴らしい実習環境が準備されています。
MRI検査・マンモグラフィ
                 MRI検査   マンモグラフィ 
 ディジタルシステム 超音波検査 マンモグラフィ装置
中央の症例画像では,観察に邪魔になる部分の画像を消去して必要な部分だけを残すことにより,手術に用いたクリップを容易に観察することができます。このようにCT値が異なる部分に色付けをして表示することにより,実にリアルな体内の画像情報を得ることができます。

先端医療と科学 国際レベルの医学・科学を広範囲に勉強できます。

X線CT
 日本は急速にお年寄りが増え、社会の高齢化が進行しています。また、健康であり続けるという観点から予防医学が重要視されはじめました。
このため現代ではより高度な医療をうけられる環境が望まれており、医療機関では専門的な知識と技術を身につけたスタッフが必要とされています。
放射線技術科学科では、こうした時代に対応して、基礎と応用、実践的な科目を組合せ充実したカリキュラムを組んでいます。基礎医学、基礎理工学、放射線学科など広範な科目を勉強することで、高度で先端的な国際レベルの技術を修得することができます。
また本学科を卒業すると診療放射線技師国家試験の受験資格が認められます。
さらに他の資格取得のための科目も用意しています。
すでに卒業生は、医療・福祉・企業・地域社会にと幅広く貢献しています。
大学院に進み研究の道を選択することもできます。
▲上へ戻る

めざす資格

・診療放射線技師
・放射線取扱主任者

▲上へ戻る

本学科の4つの基本


本学科では、放射線科学系、医科学系、理工学系、共通教育系の4つを基本としています。


診療放射線技師国家試験の受験資格に必要な科目だけでなく、さらに発展した内容を深く学ぶことができます。臨床実習では、医療現場での実地訓練を通して医療従事者としての自覚を深め実践的な知識・技術を修得します。
これら4つの基本を総合的に学ぶことで、知性と人間性を兼ね備えた診療放射線技師を目指します。

▲上へ戻る

科目紹介

診療画像技術論 I この科目ではX線写真の撮影方法、X線を発生させる方法、人体を通り抜けてきたX線がフィルム上に画像として写し出される原理など順を追って講義します。
さらに、X線は患者さんにとっても有害なものですから被ばくを低減させる方法および診断に不必要な部分をX線から防護する方法も学習します。
放射線治療機器工学 がんの治療法として放射線治療が行われています。リニアックという加速器や、粒子線加速器から出る放射線をがんの病巣部に照射し、がん細胞を消滅させ病気を治すことができます。
放射線治療関連機器工学では、機器の原理や特徴について講義し、放射線治療装置の品質管理などについても講義します。
医用画像機器工学実習 診療放射線技師なるために、ファントーム(撮影用模型)に実際にX線を照射してX線写真を作成するなど、撮影方法を習得します。撮影するだけでなく、X線TV・X線CT・MRI・超音波などの装置を用いて、装置の性能の計測を行いながら実習します。臨床の現場と同じ様に緊張感の要求される大切な実習です。
診療画像技術実習 医用画像機器実習 放射化学実習
▲上へ戻る

4年間の流れ

詳しい内容はこちらをクリックしてください。

4年間の流れ
▲上へ戻る

履修モデル





 
▲上へ戻る

教員紹介 (専任教員数 13名)

職名 氏  名 専門分野 研究テーマ
教授 藤野 明俊 診療画像診断学 診療画像解析
教授 青木 孝平 法学 相関社会科学
教授 川野 誠 放射線技術学 放射線部門における医療安全患者さんにやさしい検査器具の開発
教授 柴田 幸一 放射線機器工学 ディジタル・ラジオグラフィー
教授 中西 左登志 診療画像技術学 X線撮影技術
教授 服部 厚子 英語 英国ルネサンス演劇研究
教授 安田 鋭介 診療画像技術学 核医学技術論
准教授 松浦 佳苗 放射線技術 胃二重造影像における画像解析
准教授 武藤 裕衣 診療画像技術学 画像解析
准教授 山下 剛範 放射線安全管理学 生物医学基礎研究
助教 北岡 ひとみ 診療画像技術学 小・微小胃癌における画像解析
助教 中舍 幸司 診療放射技術学 心臓核医学
 
           ▲上へ戻る

Q&A

Q1. 放射線とは何ですか?
放射線とは、簡単に言うと波長の短い電磁波のことです。無色無臭であり、五官で感じることはできません。実は、私たちの身の周りにも人体に影響のない程度の「自然放射線」が存在し、空気中や食物、地面からも発生しています。
レントゲン写真の撮影で使用される医療放射線も少量ですので、ほぼ影響はありません。現在は、安全で有効な運用方法がわかっており、がんの治療や食品などの品質管理検査、空港の手荷物検査などにも利用されています。
Q2. 診療放射線技師とは何ですか?
病気の診断や治療を行うために各種診療画像の作成や放射線を使用した治療を行う医療チームの一員です。高度な専門教育を受けた後に、厚生労働大臣の行う国家試験に合格した者に免許が与えられ、1つの国家資格で一般撮影、胃などの透視検査、マンモグラフィ検査、CT、MRI、超音波画像診断装置(エコー)を用いた検査、核医学検査、放射線治療などができる職業です。機械の操作だけでなく、医学知識を有し、患者さまへの接遇も非常に大切になります。
Q3. 放射線による障害を受けることはありませんか?
現在では、放射線の安全な取扱方法が分かっているので、まず問題ありません。 検査を行う機器は、撮影ボタンを押したときのみX線が発生します。撮影を行う時、診療放射線技師は部屋の外でドアを閉めています。壁やガラスにはX線を通さない金属が含まれていますので、被ばくはほとんどありません。さらに、被ばく測定のバッジをつけて撮影を行うという、安全管理がなされていますので、きわめて守られた職業と言えます。
実習においても厳格な建築基準に基づいて設計された実習室ですので、X線使用室から放射線が漏れ出すことはありません。実習では、人骨の入った人形を利用して撮影を行います。実習中の学生は被ばく線量測定用具を身につけていますが、これまでも事故等による被ばくは全くありません。放射線機器の操作は遠隔操作が多く、診療放射線技師が被ばくする可能性は極めて低いと言えます。
Q4. 診療放射線技師の就職状況を教えてください。
100人の学生に対して、8〜10倍の求人が毎年来ています。特に女子学生の就職状況は好調です。乳がんの発生率および死亡率が年々増加している傾向を踏まえ、厚生労働省より、乳がん検診に X 線撮影が導入されました。それ以来、患者さんのことを考え、女性の技師を採用する病院・健診センターが増えたため、ここ数年女子の供給が、間に合わない状態が続いています。 また、団塊の世代の技師が退職を迎えているため、男子学生の求人も増えつつあります。
Q5. MRIとは何ですか?
磁気共鳴画像装置のことで、人体の構成物質である水素原子を外部の強力な磁場で一次的に磁化させ、その分布状態を画像として描いたコンピュータ画像です。これにより脳や脊髄の構造などが詳細に診断出来るようになり、現在では全身の画像も作成できるようになりました。X線を使わない検査の1つです。 MRI装置


▲上へ戻る
鈴鹿医療科学大学
千代崎キャンパス
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
TEL:059-383-8991 FAX:059-383-9666
白子キャンパス
〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
TEL:059-340-0550 FAX:059-368-1271
リンクいろんな三重が見えてくるプライバシーポリシー
Copyright(C) .SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE. All Rights Reserved.