鈴鹿医療科学大学
お問い合わせサイトマップEnglish
受験生の方へ 卒業生の方へ 大学案内 就職情報 アクセス
学部・学科案内
保健衛生学部
医用工学部
鍼灸学部
薬学部
看護学部
大学院
さらに詳しく
教育
大学自己評価報告書
行事日程
学生活動
市民公開講座
付属施設
図書館
東洋医学研究所
鍼灸センター
ICT教育センター
ボランティアセンター
健康管理センター
学生相談室
学生食堂
指定寮・学生寮
学内サービス
SUMS-PO
学内専用コンテンツ
HOME >> 教育 >> 保健衛生学部:理学療法学科

教育 保健衛生学部

学部長からのメッセージ

学部長 細井 哲 教授
学部長からのメッセージ高齢化社会に、高度の医療の進歩に対応できる人材育成を!

高齢化社会の到来と高度な医療の進歩により医療界を取り巻く状況も一段と多様化し、それに対応する人材の育成が急務になっております。保健衛生学部には放射線技術科学科、医療栄養学科、理学療法学科、医療福祉学科があり、“保健・医療・福祉に関する幅広い知識と高い技術”を身につけ、“人間らしさを求める医療”を学び、医療現場におけるチーム医療に、地域社会活動に貢献できる人材の育成と、それぞれの学科で取得できる国家資格の合格を目指しています。


理学療法学科では、理学療法諸科学、医学に精通し、機能の改善と予防の方法を学び、医療、教育、行政、医療福祉等の分野において活躍できる理学療法士を養成いたします。


放射線技術科学科
医療栄養学科
 |-管理栄養コース
 |-臨床検査コース
理学療法学科
医療福祉学科
 |-医療福祉コース
 |-
臨床心理コース
鍼灸学科
学科詳細はこちらから

シラバスはこちらから

就職情報

理学療法学科

 学科長からのメッセージ  アドミッションポリシー  カリキュラム・ディプロマポリシー
 本学科の特長  めざす資格  本学科の3つの基本と5つの分野
 授業科目  科目紹介  4年間の流れ
 履修モデル  教員紹介  Q&A

学科長からのメッセージ

「理学療法士を目指す皆さんへ」

理学療法学科 学科長 畠中 泰彦


学科長

 本学の理学療法学科に興味を持ち,このHPをご覧の皆さんに理学療法士の世界,本学科の教育についてご紹介します.
 一般には「リハビリテーション=手足を動かす練習をすること,理学療法士=リハビリの先生」と考えている人も多いようですが,これは誤解です.リハビリテーションとは,病気や怪我から患者さんが会社や学校,家庭に復帰すること自体で,医師をはじめとする多くのスタッフによって支えられています.理学療法士は,歩行など主に基本的な日常生活動作の回復を担当しますが,逆に受傷や発症以前の状態まで回復できない重度な患者さんの社会復帰にこそ,リハビリテーション,理学療法が重要です.
 理学療法士の活躍の場は,病院,クリニック等の医療機関,介護老人保健施設等の福祉の現場,あるいは訪問リハビリやデイケア等の地域でのリハビリテーション等の広い範囲におよびます.また,診療科も整形外科,神経内科,循環器内科,小児科等,多岐にわたり,少数ですが,産婦人科専門の理学療法士,あるいは医療福祉の現場を離れ,プロスポーツの世界で働く理学療法士もいます.
 理学療法士の人数は8万人を超え,毎年1万人ずつ増え続けています.一部には「飽和しているから就職が大変なのでは?」,「給料が安いのでは?」と尋ねられることがありますが,毎年求人は学生数の十倍以上はありますし,世間一般の大卒の給与は貰えています.ただし,資格さえ持っていれば,どんな病院でも雇ってくれる訳ではありません.有資格者の人数が増えた分,資格プラスアルファを持っている必要があるのは当然です.本学科では,このプラスアルファにも多くの教育力を費やしています.具体的には理学療法の中の各分野,たとえば整形外科,神経内科,循環器内科等の臨床経験豊富な医師,理学療法士の専任教員が講義,実習を担当していますし,演習やゼミを通じて「論理的に考え,理解し,工夫し,治療に活かす」プロセスをトレーニングします.学生にとっては,付いていくので精一杯という時もありますが,乗り越えることでしか得られない自信,プロとしての自覚もあります. 理学療法学科での学生生活は,実にタフな4年間ですが,殆どの学生が遅刻,欠席もなく,自分の課題に取り組んでいます.つい先日も臨床実習中の4年生が,病院の終業後,患者さんの手術について質問をしに研究室に訪ねて来ました.病院実習は大変な筈ですが,その学生は「楽しい」と言っていました.人を助け,役に立つことに喜びと誇りが持てる専門職,理学療法士という仕事は素晴らしいと思います.理学療法士を目指す皆さん,是非,オープンキャンパスに来て,本学科の学生達の話を聞いてみて下さい.

▲上へ戻る

理学療法学科が求める学生像

自己研鑽力のある理学療法士の育成
教養から専門科目に至るまで一貫して、問題意識の発展のさせ方や知識の蓄積方法、物事の考え方や論理的思考方法、科学的手続きが理解できる教育に重点をおいています。

臨床能力の高い理学療法士の育成
患者さまに最良で具体的な利益を提供できるために幅広い視点から対応できる実践能力を養う教育を中心に据えています。

理学療法に科学的根拠を付加する仕事に貢献できる理学療法士の養成
演習や実技、実験形式の授業の中で、仮説証明作業の習慣を日常的にトレーニングし、理学療法の科学的根拠とは?と問い続ける教育を強化しています。

国際的場面でも活躍できる理学療法士の養成
英語論文の読破力、会話力、海外の理学療法事情への関心についても重要視しています。

具体的な人物像

  • なによりも、本学の養成方針と教育に共感し、「鈴鹿で学びたい!」という人
  • 「理学療法士になりたい!」という強い意志がある人
  • 人間が好きで、弱い立場の人々と響き合え、「地味」な仕事に取り組める人
  • 人とのコミュニケーション能力に秀でた人
  • 健康管理も含め体力と粘りのある人
  • 身体の運動科学に幅広く興味がある人

大学で学ぶ真理追求が社会においても生かされる質の高い理学療法士であることを望みます。
理学療法学科 授業の様子近年、医学の進歩と医療技術の高度化・専門分化は目覚しいものがあります。
一方で、障害者の増加と超高齢化社会に伴う病気の重度化・重複化などの問題も顕在化してきています。
このような社会的状況を踏まえ、中部地区初の4年制私立大学として平成14年4月に理学療法学科を開設し、教育・研究・実践活動に役立つ理学療法士の養成を開始しました。
理学療法学科では、密度の濃いカリキュラムを通じ、論理学的に問題を解決する思考力と柔軟性を養います。
また、単なる知識教育にかたよらず、実践を通して倫理的、道徳的成長をも導き、心豊かで確かな判断力を持った質の高い理学療法士の養成を行います。
▲上へ戻る



カリキュラム・ディプロマポリシー


カリキュラムポリシー

保健衛生学部のカリキュラムポリシー
 本学建学の精神及び教育の理念に基づき、保健衛生学部に、放射線技術科学科、医療栄養学科、理学療法学科、医療福祉学科、鍼灸学科を設置し、放射線、磁気共鳴等を使う医療、健康と栄養、運動機能回復、介護・福祉、鍼灸医療等に関する諸科学及び医学について最新で高度な教育・研究を行うことによって、優れた専門知識と技術、医療人にふさわしい教養と人間性を身につけた人材を育成することを目的とする。

理学療法学科のカリキュラムポリシー
1.人間として成長しつつ理学療法の知識と技術身につけるための基礎的な教養を育てる。
2.身体の構造と機能を中心とする基礎医学および臨床医学を理解できる。
3.運動機能障害の諸症候を理解するために運動科学を身につけることができる。
4.各種疾患の理学療法の知識と技術を評価と介入において実践的に理解している理学療法士を育成する。
5.仮説証明過程を経て人間性豊かな問題解決能力をもった理学療法士を育成する。

 ディプロマポリシー

保健衛生学部のディプロマポリシー
 幅広い教養と専門分野に関する学問知識を修得し、豊かな人間性・柔軟な科学的思考力を身につけ、保健・医療・福祉の担い手としての基本的能力を持つ。また各専門分野において将来、指導的立場に立ち、高度化・専門化する医療を支えるために、基礎理論から臨床応用へ至る系統的かつ実践的な学習を基盤とした知識・技術を高めることができる。

理学療法学科のディプロマポリシー(具体的に記述・箇条書き)
1.人間として成長しつつ理学療法の知識と技術を理解するための基礎的な科学知識を身につけている。
2.身体の構造と機能を中心とする基礎医学および臨床医学を理解している。
3.運動機能障害の諸症候を理解するために運動科学を身につけている。
4.各疾患の理学療法評価と介入方法の基本を実践的に理解している。
5.仮説証明過程を通じて問題解決手法について、倫理的かつ理論的、実践的に理解している。
▲上へ戻る


本学科の特長
教育・研究・実践活動に役立つ理学療法士の養成を目指す
時代とともに高まる社会的要請に応えるための、よりハイレベルな教育・研究が可能な医療系にふさわしい環境と、さらに臨床・教育・研究に関する経験豊富なベテラン教授陣が学生の目線にあった親切で柔軟な対応をモットーに教育にあたっています。

めざす資格

・理学療法士

▲上へ戻る

本学科の3つの基本と5つの分野

3つの基本と5つの分野の図本学科のカリキュラムは、3つのコア(理学療法学、理学療法技術学、理学療法行為学)を基本として5つの分野(医科学系、理学療法学系、理工・情報学系、地域理学療法学・生活環境学系、運動・スポーツ科学系)で構成されています。

医科学系
基礎医学・臨床医学系の学問をもとに、質の高い技術、そして人間性を重んじる倫理観、使命感をもった理学療法士の育成を目指します。
理学療法学系
身体障害者に対する基本動作能力の回復を図ることと、さらに高齢者や健常者に対しても疾病の予防を含め、多面的かつ包括的な医療サービスの需要に応えるための実践教育を通して、科学的に追求できる専門職業人を育成しています
理工・情報学系
障害者の生活を支援するため、理工・情報学系の学問に加えて、その研究・開発にもかかわり、障害者の生活を豊かにする専門技術職として役立つ人材を育成します。
地域理学療法学・生活環境学系
これは地域理学療法学や生活環境学系・生活技術学系の学問と、その実践例を通して障害者の家庭生活の援助や生活環境の改善を図り、快適な生活が送れるようにするための専門的な知識を習得します。

地域理学療法学・生活環境学系
理学療法の治療の中心は運動療法であるため、基礎医学と運動学系及び神経系、スポーツ健康科学系などの学問に重点をおいて、生体の構造や機能、体力の保持増進などについて科学的に追求可能な実践能力を養います。

▲上へ戻る

授業科目

専門基礎科目
解剖学/応用解剖学/解剖学実習/生理学/応用生理学/生理学実習/病理学概論/臨床心理学/人間発達学/運動発達学/リハビリテーション概論/リハビリテーション医学/内科学/整形外科学/臨床神経学/小児科学/一般臨床医学/精神医学/医学英語/情報リテラシー/画像診断学/臨床栄養学/食品学/薬理学/生化学/生体機能工学/救急医学概論/管理運営学
理学療法学
運動学/運動学実習/臨床理学療法学/理学療法総合演習/理学療法研究法(卒業研究)/理学療法研究法演習(卒業研究)
理学療法評価学
理学療法評価学/理学療法評価学実習
理学療法治療学
物理療法学/物理療法学実習/運動療法学総論/運動系理学療法学/運動系理学療法学実習/成人神経系理学療法学/成人神経系理学療法学実習/小児神経系理学療法学/小児神経系理学療法学実習/循環呼吸系理学療法学/循環呼吸系理学療法学実習/生活技術学/生活技術学実習/義肢装具実習/理学療法技術論/理学療法技術論実習/スポーツ医学/リハビリテーション工学
地域理学療法学
生活環境学/レクリエーション理論/レクリエーション実技/老年期障害学演習/地域理学療法学
臨床栄養学
臨床指導/臨床評価実習/総合臨床実習
 
※上記に掲載の「授業科目」は平成26年度開講科目であり、現在も、より学習効果が高く社会的ニーズにあったものにするため検討中です。そのため入学後、内容に若干の変更等が生じる場合があります。
▲上へ戻る

科目紹介

リハビリテーション概論 理学療法の歴史、その背景となった哲学、倫理学の学習を通して理学療法の対象・方法を概観することにより、各論の知識、基礎を作ります。理学療法士の法律制度を中心に、医療法規全般を理解し、法的位置づけ、医療過誤と訴訟問題にも触れます、さらに、社会的役割と職域、教育制度などについて学習します。
物理療法学 生体の自然回復力を活かし、その過程を正常な反応に導くことを大きな目的とします。機器の操作法を正しく理解し、物理エネルギーの特性、生体組織の反応を十分に把握することが必要不可欠です。温熱刺激、機械的刺激の効果を理解し、各種物理療法の目的、手順、リスク管理について教授します。
リハビリテーション医学 リハビリテーションの概念、リハビリテーション医学の基礎を中心に講義します。また、リハビリテーションの理念と社会的、地域的なリハビリテーションを含めた包括的なリハビリテーションの考え方を教授します。平成12年度より始まった公的介護保健制度についても、社会的背景より講義を行います。

運動学実習  理学療法評価学実習  義肢・装具学実習 
運動学実習 理学療法評価学実習 義肢・装具学実習
物理療法学実習   運動系理学療法学実習   卒業研究(ゼミ活動)
卒業論文目録」へリンク
物理療法学実習  運動系理学療法学実習   

▲上へ戻る

4年間の流れ 4年間の流れ
カリキュラムマップ(PDF)

▲上へ戻る


履修モデル






▲上へ戻る


教員紹介 (専任教員数 11名)

職名 氏  名 専門分野 研究テーマ
教授 細井 哲 整形外科学 関節リウマチに関する研究
教授 谷中 誠 地域理学療法学 介護保険下における地域理学療法
教授 畠中 泰彦 バイオメカニクス トレーニングの運動力学解析
教授  山門 徹 内科学・循環器病学  心臓、血管の機能
准教授 浅田 啓嗣 脊椎・脊髄障害に対する理学療法 脊柱の運動と姿勢の評価に関する研究
准教授 康 鳳麗 中国語 日中両国の文化および言語的・非言語的表現に関する比較研究
准教授 笹井 宣昌 骨格筋の解剖生理学・細胞生物学 骨格筋における機械刺激よる可塑性変化のメカニズム解明
准教授 高橋 猛 呼吸循環器系理学療法 虚弱高齢者の運動処方とその効果判定
講師 成田 誠 神経系理学療法 高齢者の健康づくり
助教 中俣 孝昭 バイオメカニクス ヒトの転倒動作時の運動力学的解析
助教  多田 智美 小児神経系理学療法学 重症心身障がい児(者)の機能維持・改善、および在宅生活支援システムの構築 
 
           ▲上へ戻る

助手紹介

職名 氏  名 専門分野 研究テーマ
助手 齋藤 恒一 バイオメカニクス 運動学習理論に基づいた運動療法に関する研究
助手  山口 和輝 バイオメカニクス ロボットスーツHALによるニューロリハビリテーションの開発 
 
           ▲上へ戻る
理学療法士を養成する学校が増えましたが、就職に影響しませんか?
現在、本学理学療法学科の就職状況は非常に好調です。本学では、昨年まで卒業生約40名に対して1000人以上の求人がありました。今後、新設校が卒業を迎えても、諸外国と比較して人口に対する理学療法士の数が少ないため、また、病院以外にも施設や在宅訪問からの求人も増えてきていますので、就職先が無くなることはありません。今後も医療系総合大学として培ってきた実績をもとに理学療法士を輩出していきます。ただし医療は質が問われ利用者に選ばれる時代になってきています。資格さえ取得すれば就職でき、−生安泰ということはありません。高度な知識、豊富な技術を身につけた上で、体の不自由な方のお世話をする志の高い人だけが活躍できる時代になるでしょう。
国家試験へはどのような取り組みをしていますか?
本学では理学療法学科開設以来、概ねの卒業生が国家試験に合格しています。直近5年の現役合格率が98%で、卒業の翌年には100% が合格しています。合格に必要な知識の修得状況を確認し、学習が不十分な学生に対して個別に指導を行っています。理学療法学科の国家試験対策として
 @6〜9回の模擬試験
 A模擬試験の内容に基づく担当制の個別指導
 B学生のグループ学習
 を実施しています。卒業を前に挫けそうな学生も教員とクラスメイトに支えられて全員卒業、全員合格を実現しています。しかし、理学療法士の仕事は、日進月歩の医学医療を患者様に提供すべく生涯研鑽が必要です。本学では資格取得が最終目標ではありません。卒業生の臨床研究の支援や、地元、三重県理学療法士会に協力して卒後研修を進め、高度な知識技術の習得を目指しています。
理学療法士と作業療法士の違いは何ですか?
理学療法士は主に、立つ・歩く・座るなど基本動作機能の回復を担います。対象となる患者さんは子どもからお年寄りまで幅広く、健常者の健康維持・増進のための運動やスポーツ選手のケガの予防にも携わります。
−方、作業療法士は、書く・着る・食べるなど、応用動作機能の回復を担います。脳卒中や脊髄損傷など脳へ障害が残るような病気にかかった患者さんも対象です。職種こそ異なりますが、両者とも同じリハビリテーションの分野であり、共通する業務も多くあります。

BIODEX  水治室Aquamill  部分浴と全身の渦流浴・気泡浴  ADLシミュレータ 
BIODEX 水治室Aquamill 部分浴と全身の渦流浴・気泡浴 ADLシミュレータ

▲上へ戻る
鈴鹿医療科学大学
千代崎キャンパス
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
TEL:059-383-8991 FAX:059-383-9666
白子キャンパス
〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
TEL:059-340-0550 FAX:059-368-1271
リンクいろんな三重が見えてくるプライバシーポリシー
Copyright(C) .SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE. All Rights Reserved.