鈴鹿医療科学大学
お問い合わせサイトマップEnglish
受験生の方へ 卒業生の方へ 大学案内 就職情報 アクセス
学部・学科案内
保健衛生学部
医用工学部
薬学部
看護学部
大学院
さらに詳しく
教育
大学自己評価報告書
行事日程
学生活動
市民公開講座
付属施設
図書館
東洋医学研究所
社会連携研究センター
鍼灸センター
ICT教育センター
ボランティアセンター
健康管理センター
学生相談室
学生食堂
指定寮・学生寮
学内サービス
SUMS-PO
学内専用コンテンツ
HOME >> 教育 >> 保健衛生学部:医療栄養学科 >> 4年間の流れ
 

4年間の流れ

1年次: 基礎知識と管理栄養士の心構え
選択科目が多く、幅広い教養や基礎医学を学ぶとともに、専門科目への導入として化学や生物学など理科系の科目を履修します。また、管理栄養士の仕事内容について理解を深め、目的意識を高めるのに医療人底力実践や調理学などを履修します。

【在学生からのメッセージ】 
幅広い分野の選択科目の受講が可能で、自分の興味や知識が広がり毎日がとても新鮮です。他学科の先生や新たな友達と接する機会も多く、良い刺激になります。学業以外ではクラブ・サークルに励んだり、アルバイトをするのも楽しいです。様々なことに挑戦し、経験することで将来やりたい仕事を見つけるきっかけができるかもしれません。
スポーツ科学実習 情報リテラシー 英語コミュニケーション
医療人底力教育(病院見学) 学年交流レクリエーション
医療人底力実践(病院見学) 学年交流レクリエーション 新入生歓迎会
2年次: 専門基礎科目と専門分野科目
基礎科目の実験・実習とレポートの作成など、教員との綿密なコンタクトが始まります。また、専門基礎科目(生化学や食品学など)や応用・臨床栄養学、栄養教育論などの専門分野の講義が始まり、医療人としての自覚を深めると共に健康と病気との関わりを学びます。

【在学生からのメッセージ】 
いろいろなことが初めてだった1年生に比べ、大学生活にも慣れます。2年生になると栄養に関する講義が増え、実験も始まるのでより楽しく学べ、仲間との関係も深まります。分からないことがあっても、先生が時間を作って丁寧に教えてくれるので安心です。この時期、身に付けた知識は栄養を学ぶ基礎として大切です。
化学実験 生物学実験 食品学実験
解剖生理学実習 調理学実習 学年交流懇親会
3年次: 本格的な専門分野の学習と臨地実習
健康維持・増進のための栄養教育論を学びます。臨地実習として病院及び社会福祉施設で実習を行い、栄養ケア・マネジメントを学び、管理栄養士としての実地経験を積みます。4年間で最も忙しく充実する1年となりますが、この期間に管理栄養士として社会に貢献する意義を見出す時期でもあります。

【在学生からのメッセージ】 
調理する実習が多く、様々な料理を自分で作れるようになります。少人数教育のため、先生の目が行き届いており安心です。実習で作る料理はどれも美味しく感激しました。また実習を通して“仲間と協力することの大切さ”を強く実感しました。先生方はとても熱心で、学んだことは日常生活や社会に出てからも役に立つと思います。
基礎栄養学実習
微生物学実験 基礎栄養学実習 応用栄養学実習
公衆栄養学実習
給食経営管理論実習 公衆栄養学実習 公衆衛生学実習(河口堰)
公衆栄養学実習
臨地実習(病院) 臨地実習(福祉施設) 大学祭学科発表
4年次: 卒業研究と国家試験の準備
各自研究テーマを考え、4年間の集大成として卒業研究に取り組みます。保健所での実習もあり、「管理栄養士」の国家試験受験に向けての大切な学習期間です。

【在学生からのメッセージ】
4年次の3大テーマは、卒業研究、国家試験対策、就職活動です。いずれも先生方の親身的な指導の下、自分のやる気次第でどんどん伸びていける環境です。各ゼミの研究テーマはどれも魅力があり、仲間と共に充実した1年を過ごせるでしょう。また自由科目を受講し食を追求することで、さらなる食の専門家を目指すこともできます。
卒業研究 卒業研究発表会 臨地実習(保健所)
臨地実習反省会 国家試験対策勉強会 就職個別指導
▲上へ戻る
鈴鹿医療科学大学
千代崎キャンパス
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
TEL:059-383-8991 FAX:059-383-9666
白子キャンパス
〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
TEL:059-340-0550 FAX:059-368-1271
リンクいろんな三重が見えてくるプライバシーポリシー
Copyright(C) .SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE. All Rights Reserved.