鈴鹿医療科学大学
お問い合わせサイトマップEnglish
受験生の方へ 卒業生の方へ 大学案内 就職情報 アクセス
学部・学科案内
保健衛生学部
医用工学部
薬学部
看護学部
大学院
さらに詳しく
教育
大学自己評価報告書
行事日程
学生活動
市民公開講座
付属施設
図書館
東洋医学研究所
社会連携研究センター
鍼灸センター
ICT教育センター
ボランティアセンター
健康管理センター
学生相談室
学生食堂
指定寮・学生寮
学内サービス
SUMS-PO
学内専用コンテンツ
HOME >> 教育 >>保健衛生学部:鍼灸学科

教育 保健衛生学部

学部長からのメッセージ

学部長 細井 哲 教授
学部長からのメッセージ



高齢化社会に、高度の医療の進歩に対応できる人材育成を!

高齢化社会の到来と高度な医療の進歩により医療界を取り巻く状況も一段と多様化し、それに対応する人材の育成が急務になっております。保健衛生学部には放射線技術科学科、医療栄養学科、理学療法学科、医療福祉学科があり、“保健・医療・福祉に関する幅広い知識と高い技術”を身につけ、“人間らしさを求める医療”を学び、医療現場におけるチーム医療に、地域社会活動に貢献できる人材の育成と、それぞれの学科で取得できる国家資格の合格を目指しています。


放射線技術科学科
医療栄養学科
 |-管理栄養コース
 |-臨床検査コース
理学療法学科
医療福祉学科
 |-医療福祉コース
 |-
臨床心理コース
鍼灸学科

受験生の方はこちらから

シラバスはこちらから 就職情報

鍼灸学科

 学科長からのメッセージ  3つのポリシー  本学科の特長
 めざす資格  鍼灸医学の将来を見すえた新しい教育体系  授業科目
 科目紹介  実習施設  4年間の流れ
 履修モデル  教員紹介  Q&A

 カリキュラムマップ    


学科長からのメッセージ

鍼灸学科 学科長 山本晃久
人の体は健康を維持しようとする働き、またケガや病気などを治そうとする働きを持って生まれてきています。 その「潜在している 治す力 生きる力 を最大限に引き出し、体への負担を最小限に抑えたやさしい治療をする」こうした自然な治療を可能とする鍼灸療法は、まさに西洋医療の未分野を補完するものとして注目されています。
近年、多くの病院で、鍼灸療法が西洋医学とともに患者の治療に用いられるようになってきました。本学では、将来の統合医療を見据え、鍼灸学や東洋医学の専門知識と技能に対する教育はもちろんのこと、さまざまな医療専門家とコミュニケーションのとれる豊かな人間性と知識を身につけるため、医療・福祉総合大学の特長を活かしたカリキュラムによって、病院に勤務できる鍼灸師、病院と連携できる鍼灸師を目指します。
さらに、「医療薬膳師」と「健康食品管理士」の資格を取得することによって、鍼灸療法と食事療法により、体の外側(鍼灸)と内側(食養生)の両面から健康をサポートできる鍼灸師を育成しています。
豊富な知識、確かな技術、心がこもった治療により、人々を健康に、笑顔に導く。
ここで学ぶ内容は、そんな素晴らしい未来へと続いています。
 
▲上へ戻る

3つのポリシー

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学は鍼灸学を専攻し、5つの教育目標について下記の10項目を修得した学生に学士(鍼灸学)の学位を授与します。

教育目標

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

幅広い教養を身につける

A外国語理解・表現の基本的な能力を身につけ、保健・医療・福祉の国際対応や国際情報の活用に役立てることができる。

@医療人として社会で自立するための底力となる汎用的技能、態度、常識、健全な心と体を備えている。

B文化・社会・科学と保健・医療・福祉のかかわりや、社会における自身の自立について、意見を表現することができる。

高度な知識と技能を修得する

C鍼灸分野の最先端の進歩や周辺・応用分野の状況を把握している。

D鍼灸師に求められる核となる知識について社会が求める水準まで修得している。

E鍼灸診療において、対象者の健康状態や病的状態を西洋医学的および東洋医学的に正しく評価・判断し、適切かつ安全な鍼灸治療を提供できる能力を身に付けている。

F鍼灸学の学問体系確立に寄与できるための医学研究に必要な基礎的能力と問題を解決しようとする自主的、実践的な態度を身につけている。

チーム医療に貢献する

G現代医療における鍼灸の役割、他職種の役割を理解し、協力しながら援助ができる素養を身につけている。

思いやりの心を育む

H病める人や弱者の立場を理解し、思いやりの心を共感的態度で伝えることができる。

高い倫理観を持つ

I保健・医療・福祉の倫理観を理解し、患者や家族の秘密を保持し、社会の規律を遵守することができる。


▲上へ戻る

教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)

 鍼灸学専攻の学位授与方針に掲げた各項目を備えた鍼灸師を育成するため、以下のような考え方に基づき教育課程を編成します。

1)健康の維持増進、疾病の予防および回復に寄与しうる幅広い知識と適切かつ安全な技術を修得するために、専門基礎分野の教育を初年次から編成します。

2)西洋医学および東洋医学に関する専門基礎分野・専門分野の科目を有機的に連携させ、段階的に学修できる教育課程を編成します。

3)医学研究に必要な基礎知識を修得できる授業を実践した上で、2年次から4年次にかけて研究活動および論文執筆を行うことによって、自ら問題を発見・分析し、合理的な解決案を導出するトレーニングを実践します。

4)早期から段階的に臨床実習を編成し、臨床現場に立つ鍼灸師に必要なスキルを、それまでに身に付けた知識や態度、技術を繰り返し確認することで、鍼灸師として求められるレベルにまで引き上げていきます。

5)高い倫理観と温かい人間性を裏付ける幅広い教養を身につけるために、専門教育と平行して、医療人底力教育を実施し、社会人・医療人としての高い見識と誠実な態度を修得します。

6)初年次教育(医療人底力教育)にキャリア教育を配置し、専門教育の「鍼灸への誘い」や実習科目において、全学年を通じてキャリアデザインの視点を加味した教育を行います。

7)患者との意思疎通やチーム医療を推進する能力を身につけるべく、初年次から他学科と合同して行う講義や実際の患者と触れ合う機会を取り入れた教育を行います。

8)東洋医学と西洋医学を融合した薬膳学を学び、医療に貢献する日本薬膳学会認定の医療薬膳師の受験資格を取得できるよう科目を配置します。

9)健康食品と健康との係わりを物質レベルで理解が可能であり、かつ疾病や生活習慣病等の検査結果に関する知識を有する日本食品安全協会認定の健康食品管理士の受験資格を取得できるよう科目を配置します。

10)4年間にわたり、はり師・きゆう師国家資格取得に必要な科目を系統的に配置し、対策指導と学生の習熟度に対応したサポートを行います。

11)定期試験や模擬試験の結果、授業改善アンケートの結果などを常に網羅的に把握し、学生の立場に立った授業やカリキュラムの改善を不断に継続していきます。

入学選抜の方針(アドミッション・ポリシ―)

本学は、教育目標および学位授与方針をふまえ、鍼灸学を専攻しようとする人のうち次のような人を受け入れます。

1)保健・医療・福祉の専門的知識・技能を学ぶことができる基礎学力を持つ人

2)科学的な思考力、判断力、表現力の基礎が備わっている人

3)鍼灸学、伝統医学に強い関心を持ち、知識と技術を反復して学習する忍耐力と研鑽する意欲のある人

4)病める人や弱者の立場に立って思いやることができる人

5)いのちの尊厳を理解し、社会の規律を守ることができる人

6)多様な人々と適切なコミュニケーションを取り協働できる人

2016年度以前入学生対象 3つのポリシーはこちら

▲上へ戻る


本学科の特長
 鍼灸に関する専門知識・技術の修得はもちろんのこと、それ以外にも医療技術系大学の特長を活かし、他領域の科目も幅広く履修できるようにカリキュラムを編成しています。
 3年次には12科目の臨床鍼灸学を開講し、臨床能力の高いはり師・きゅう師を養成します。
 4年次には鍼灸治療センターでより質の高い臨床技術を養い、現代医療の最先端の状況を学びます。
 文部科学省の委託事業(平成18〜19年度「統合医療の科学的評価法開発と臨床指針作成」科学技術振興調整費による)を推進するほか、海外の大学・研究機関との学術交流、国際共同研究を積極的に行うなど、東洋医学分野で先進的な研究を推進し、教育に還元しています。
 
鍼灸医療とは? 国際的にも注目される最新の医療
アメリカ国立衛生研究所(NIH)は1997年に「鍼に関する合意声明」を発表しました。これは、鍼治療の効果を部分的にではありますがポジティブに評価したものです。これ以降、欧米では鍼灸医療を医療に導入すべく、積極的に臨床研究が実施されています。また、ドイツでは、医者10人に1人鍼治療行っているといわれるほど、鍼治療はポピュラーになってきています。

めざす資格

本学鍼灸学科で卒業に必要な単位を全て修得すると、厚生労働大臣が行う「はり師・きゅう師」国家試験の受験資格を得ることができます。
さらに、必要な単位を取得することにより、日本薬膳学会認定資格である「医療薬膳師」の受験資格を得ることができます。

本学では、早期から国家試験対策用の模擬試験や講義を実施し、学生の皆さんのモチベーションを高めるとともに、確かな技術と知識が身につくように指導しています。


 はり師とは
鍼治療は、はり師によって患部や経絡の状態を診察したうえで、鍼を用いて治療します。病気の状況、体質などにより、鍼の種類や治療法が選ばれます。本学では、卒業に必要な単位を修得し、厚生労働大臣の行う国家試験に合格した方に免許が与えられます。
 きゅう師とは
灸治療は、きゅう師によってもぐさ又はそれに類するものを用いて治療します。鍼治療と同様に、心身機能のひずみを整え、自然治療力を活性化する効果があるとされています。本学では、卒業に必要な単位を修得し、厚生労働大臣の行う国家試験に合格した方に免許が与えられます。

「治す」医学から「癒す」医学へー東洋医学への招待―
鍼灸学部

物質文明として未曾有の発展を遂げた20世紀の世界―この時代の医学は、ひたすら患者様の「からだを治す」ことを追求し、大きな成果を挙げてきました。しかし、複雑な社会環境や人間関係、ハードな仕事がもたらすストレスに由来する「こころの病」が問題となるなか、今日求められているのは、もはや単に物体としての「からだ」を治す医学ではありません。いま大切なのは、一人の人間として患者様に向き合い、その「こころ」と「からだ」をひとつのものとして同時に「癒す」医学です。
 中国に起源を持ち、二千年以上の歴史を持つ東洋医学は、人間の「こころ」と「からだ」の結びつきを重視しながら伝承されてきました。鍼灸医学は何よりも患者さんの「こころ」と「からだ」に宿る「治ろうとする力(自然治癒力)」をサポートし、それを最大限に引き出すことをめざす医学なのです。
 このような鍼灸医学の長所は日本や中国だけでなく、アメリカやヨーロッパなど世界の多くの国々で見直され、東洋医学は新しい「最先端」の医療としてよみがえろうとしています。
 鈴鹿医療科学大学鍼灸学科は、「科学技術の進歩を、真に人類の福祉と健康の向上に役立たせる」という建学精神のもと、2004年4月に産声を上げました。鍼灸のみならず、世界の相補・代替医療に精通し、鍼灸治療効果や診断法の客観化に真摯に取り組む若い教員たちや、日本と中国で長年にわたって臨床、教育、研究に携わってきた中国人講師陣など、多彩な顔ぶれがここ鈴鹿に結集しました。

確かな技術とともに豊かな人間性を持つ
鍼灸のプロフェッショナルを育成します


▲上へ戻る

鍼灸医学の将来を見すえた新しい教育体系

東洋医学、中医学、西洋医学を融合した鍼灸学問の図教育課程は基礎分野・専門基礎分野・専門分野の三分野に分かれ、幅広い東洋医学的知識の修得を目指すのみならず、長い歴史を持つ中国・日本伝統医学と現代医学とを有機的に関連づけて学べるように構成されています。また「21世紀の医療において求められる鍼灸師像とは何か」という問題意識に立ち、真の医療人に要求される幅広い教養が修得できるように十分な配慮を行っています。

基礎分野
人文科学系、社会科学系、自然科学系、外国語系、スポーツ健康科学系の5分野で構成され、医療人としての基礎的教養を修得するとともに、現代の医療界全般における情報化、国際化の進展に対応できる優れたエキスパートとしての見識を養います。

専門基礎分野
大きく基礎鍼灸学、理論鍼灸学の二分野によって構成されています。

(1) 基礎鍼灸学:東洋医学、現代医学の別を問わず、人体の構造や機能、疾病の成り立ち、医療の本質について学ぶことが重要であることは言うまでもありません。本分野では、鍼灸医学の特長をふまえつつ、解剖学、生理学、病理学、医療概論などの科目を学んでいきます。
(2) 理論鍼灸学:東洋医学は、整形外科的な疾患のみならず、生活習慣病をはじめとする多様な病態に対応できる優れた体系を持っています。ここでは、東洋医学的な生理観、病理観、治療論について、その理論体系だけではなく、その歴史的な成り立ち、古典文献の読解をも含めて総合的に学んでいきます。実習では、講義での内容を基礎にして実際の診断方法、治療方針の立て方、臨床を念頭においた基礎実技などを学んでいきます。
専門分野
基礎分野、専門基礎分野で修得したことをもとに、現代医学的な病態把握の理解を深めつつ、鍼灸医学の臨床実践面について徹底的にトレーニングします。また卒業後の進路を見据えて、独立開業の方法や研究者としてのあり方についても総合的に指導していきます。

▲上へ戻る

授業科目

「鍼灸医学の総合大学」
本学では、鍼灸医学の将来を見据えた革新的なカリキュラムを組んでいます。特に三年時に開講される「臨床鍼灸学」では、スポーツや、整形外科、内科、高齢者ケアといった分野はもちろん、美容、耳鼻咽喉科など、12の分野にわたって鍼灸の専門領域をまなび、多くの疾患に対応できる、オールラウンドな臨床家の育成を目指します。また長い歴史を持つ東洋医学の成立ちと発展について理解を深める「鍼灸史学」や「鍼灸古典文献学」といった科目があることも本学ならではの特長です。
科学的思考の基盤(1年生)
数学/物理学/生物学/情報リテラシー ほか
人間と生活(1〜2年生)
哲学/歴史学/文学/法学/心理学/社会学 ほか
人体の構造と機能(1〜2年生)
解剖学/解剖学実習/生理学/生理学実習
疾病の成り立ちと予防及び回復の促進(1〜3年生)
病理学/衛生・公衆衛生学/内科学/整形外科学/脳神経外科学/麻酔科学/産婦人科学/耳鼻咽喉科学 ほか
基礎はり学・基礎きゅう学(1〜4年生)
中医基礎理論/経絡経穴学/鍼灸基礎理論/鍼灸古典文献学
臨床鍼灸学(3年生)
内科鍼灸学/整形外科鍼灸学/スポーツ鍼灸学/健康・美容鍼灸学/リハビリテーション鍼灸学/女性・小児鍼灸学/眼科・耳鼻咽喉科鍼灸学/痛みと鍼灸ケア ほか
実習・卒業研究(4年生)
総合治療学/卒業研究
 
※カリキュラムは年度により、変更になる可能性があります。
▲上へ戻る

科目紹介

健康・美容鍼灸学 いつまでも健康的で若々しくありたいというのは、古今東西を問わず人類の普遍的な願いです。鍼灸医学では「こころ」と「からだ」のバランス状態がそのまま体の表面にも現れると考えており、体表面を刺激することで心身全体のバランスを整え、シミやソバカスといった皮膚表面の問題や肥満や湿疹、円形脱毛症など美容に関連する様々な症状に対応しています。本科目では、「健美(健康にもとづく美)」という考え方に沿いながら、「人を美しくする」の鍼の技術と、その科学的な裏付けについて深く学んでいきます。
スポーツ鍼灸学 サッカーや野球、バスケットボールなど、現代は年齢を問わず多くの人がスポ−ツを楽しんでいます。しかしその一方でハードなトレーニングが原因となって故障したり、身体全体の調子を悪くする人があとを絶ちません。スポーツ鍼灸学ではスポーツに由来する様々な運動器の症状(テニス肘、ジャンパー膝、腰痛など)と治療法について実践的な知識を身につけるとともに、「どのような治療をしたら最大限のパフォーマンスを引き出せるのか」という観点から、そのアスリートのメンタル面を含む全身状態にアプローチする方法を主体的に学んでいきます。
中医基礎理論 中医とは中国伝統医学のことです。東洋医学(中医も含む東洋の医学)が現代医学と最も大きく異なるのは、治療に訪れる患者さんの全身状態(メンタル面も含めて)に常に配慮していることです。治療方法も患者さんの訴えをよく聞き、局所の症状だけでなく、その患者さんの体質や生まれ育ってきた環境などを総合的に判断して決めていきます。本科目では、こうした東洋医学の基本的な身体の見方、病気に対する考え方を基礎から学び、患者さんの苦痛を取り除くための基本的な知識を習得していきます。
統合医療論 統合医療とは、現代西洋医学に加えて、鍼灸や、マッサージ、アロマテラピーなど相補・代替医療と総称される医療を積極的に導入することで患者さんにより総合的なケアと治療を提供する医療のことです。今後、日本でも統合医療が実現されていくことと予想されますが、こうした医療体制の中で働くためには、さまざまな治療法や学問分野に対する知識が必要です。本科目では、第一線で活躍されている臨床家や研究者の先生方をお招きして、最先端の研究を紹介してもらいながら、統合医療時代にあるべき鍼灸師の姿について学生の皆さんとディスカッションしていきます。

 美容鍼灸学
    美容鍼灸学
   

▲上へ戻る

実習施設

東洋医学研究所に隣接して設置された鍼灸治療センターでは、日本伝統医学、中国伝統医学、西洋医学を統合した鍼灸医療を提供しており、県内のみでなく県外からも多くの患者さんが治療に訪れています。学生は1年次の導入教育の時に見学で入り、2年生から4年生にわたる鍼灸治療センター実習の際には専門の教員の指導のもと、少人数制で患者さんへの問診、検査法をはじめ、治療の実際を学んでいきます。

▲上へ戻る

4年間の流れ

1年:徹底した基礎医学の修得

鈴鹿医療科学大学鍼灸学科へようこそ。多くの新入生の方には、はり・きゅうはまだまだ未知の世界です。入学当初は先輩達が海岸でバーベキュー大会を開いてくれたり、先生方も研究室で鍼灸の世界のことを色々教えたりして皆さんの不安や疑問に応えてくれます。
講義について。本学科では将来皆さんが、病院で医師や他の医療スタッフ(看護師・栄養士・理学療法士など)と共同して患者さんによりよい治療を提供できるように、との願いから、解剖学や生理学といった基礎医学分野の教育に力を入れています。
また経絡経穴学や鍼灸技術学では、身体にある「ツボ」を正確に取り、身体に心地よい鍼や灸ができるようになるまで、教員が徹底して指導します。最初は初めてはりを持つ手がぎこちなかった学生さんが、一年後には立派な「鍼さばき」を見せてくれるまでに成長していきます。
この段階での学びが、将来皆さんが臨床家として患者さんの身体を診るときに最も重要な基礎になります。

新入生歓迎バーベキュー大会の記念写真
新入生歓迎バーベキュー大会の記念写真

解剖学実習
解剖学実習(遅くまで残って顕微鏡に向かっています)

鍼灸技術学の一コマ
鍼灸技術学入門の一コマ(ヨモギの葉を手ですりあわせてもぐさを作っています)

2年:現代医学、東洋医学の基礎知識を固める

1年生で学んだ基礎医学の知識をさらに広げ、理解を深めていくと同時に、二千年の歴史を持つ東洋医学の理論、実践について本格的な学習を始めます。1年生の頃と違い、基礎医学に関しては実習の時間が新たに設けられ、また課題を与えられての学習も増えるので大変ですが、学生さん達は遅い時間までお互いの身体を使ってツボを取り合う練習をしたり、骨や筋肉の位置を確かめるなどして頑張っています。

生理学実習の一コマ
生理学実習の一コマ。少人数制で取り組んでいます。

鍼灸技術学
鍼灸基礎技術学(二年生になると鍼の打ち方も大分上手になります)

学生の自主練習
学生の自主練習(放課後や講義の合間に学生同士でツボをとる練習をしています)

3年:多分野にわたる「臨床鍼灸学」!

鍼灸は、肩こりや腰痛といった運動器の障害やスポーツ障害ばかりでなく、花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギー疾患や婦人科疾患など、幅広い疾患の治療、ケアに応用することができます。本学科では、鍼灸の臨床分野を12の分野(健康・美容鍼灸学・内科鍼灸学・スポーツ鍼灸学・女性・小児鍼灸学・整形外科鍼灸学など)にわけ、それぞれの分野に精通した専門教員が、最新の知見に基づいてきめ細かい指導を行います。西洋医学の各分野についても三重大学附属病院で患者さんの治療に当たっている最先端の医師から講義を受けることができます。また、西洋医学、東洋医学の専門家を招いての講義も特徴となっています。こうした講義を通じ、東洋医学、現代医学の双方の病気観、治療に対する考え方を学んでいくのです。
また学園祭の学科発表などでは1・2年生をリードし、中心的な役割を果たします。

学園祭での発表
学園祭での発表(来場者に、体質にあった漢方茶を提供しています)

美容鍼灸学
美容鍼灸学(顔面の愁訴に対する鍼治療について先生から説明を受けています) 

4年:4年間の総仕上げ!

実習、卒論研究を通じて臨床家としての自覚を高める。
国家試験への準備が本格的に始まると同時に、実習を通じ臨床家として必要な実践的な知識を身につけていきます。総合治療学では、具体的な問診や検査法、刺鍼技術など、鍼灸師として必要な技術を身につけていきます。さらに卒論研究では、各教員が学生さんとの面談を通じて研究テーマを決定し、研究方法や論文作成、学会発表の方法などを学び、臨床家としてだけではなく、研究者としても社会に貢献できる能力を養います。

鍼灸治療センター実習
総合治療学(腹診の勉強風景)

卒業ゼミ
卒業ゼミ (4年間の締めくくりとなる研究を一年かけて行います)

 

▲上へ戻る


履修モデル






▲上へ戻る

教員紹介 (専任教員数 12名)

職名 氏  名 専門分野 研究テーマ
教授 浦田 繁 臨床鍼灸学 鍼灸刺激によるストレス緩和作用
教授 佐々木 和郎 臨床鍼灸学 鍼灸技術の科学化、臨床鍼灸学の科学化
教授 燒リ 久代 英語授業学 医療大学における英語教育研究
教授 西村 甲 漢方医学 漢方薬の効果発現と治療エビデンス創出
教授 廖 世新 臨床鍼灸学 鍼刺得気の評価、鍼灸と漢方による生活習慣病改善の臨床研究
教授 山本 晃久 臨床鍼灸学 頭皮鍼療法の効果
准教授 鈴木 聡 臨床鍼灸学 新しい機能を持つ鍼灸治療用具・機器の開発と臨床応用
准教授 本田 達朗 臨床鍼灸学 心地よい刺激が身体に及ぼす影響スポーツ鍼灸領域における鍼灸・手技の応用
准教授 水野 海騰 臨床鍼灸学 古典医学の現代医学への応用
助教 長岡 伸征 基礎鍼灸学 血液凝固系に及ぼす鍼灸刺激の効果
講師 張 文平 臨床鍼灸学 鍼灸・漢方による骨粗鬆症ラットに対する予防と治療効果の検討
講師 田野 かおり 基礎鍼灸学 皮膚および免疫系に対する鍼灸の影響

▲上へ戻る

Q&A

鍼鎮痛
鍼治療により痛みを抑えることを鍼鎮痛といいます。一般的な方法としては、患部に鍼を刺入し、その鍼自体を電極として通電を行うことにより、痛みを緩和します。痛みの緩和は、生活習慣に由来する肩こり・腰痛をはじめとして、末期ガン患者に至るまで適応範囲は多岐に渡り、またその鎮痛メカニズムも広く研究されています。
美容鍼灸
美容鍼灸には、痩身(ダイエット)・美肌・増毛・便秘・冷え症などが含まれます。中国では健美と呼ばれ、漢方薬やツボへの鍼灸刺激により内臓器の機能を調節し、体質を改善することで、その人本来の美しさを引き出させると考えられています。これらを基盤とした美容鍼灸は、エステティックの一分野として注目されています。
スポーツ鍼灸
スポーツの世界でも、はり・きゅう師の資格をもったトレーナーがアスリートの治療を行うなど、はり・きゅう師の活躍の場は広がっています。スポーツ鍼灸は、スポーツ医学と東洋医学の専門的な立場から治療やアドバイスをすることで、苛酷な競技に耐えるアスリートのコンディションを常にベストの状態に保ちます。

▲上へ戻る

鈴鹿医療科学大学
千代崎キャンパス
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
TEL:059-383-8991 FAX:059-383-9666
白子キャンパス
〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
TEL:059-340-0550 FAX:059-368-1271
リンクいろんな三重が見えてくるプライバシーポリシー
Copyright(C) .SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE. All Rights Reserved.