鈴鹿医療科学大学
お問い合わせサイトマップEnglish
受験生の方へ 卒業生の方へ 大学案内 就職情報 アクセス
学部・学科案内
保健衛生学部
医用工学部
薬学部
看護学部
大学院
さらに詳しく
教育
大学自己評価報告書
行事日程
学生活動
市民公開講座
付属施設
図書館
東洋医学研究所
社会連携研究センター
鍼灸センター
ICT教育センター
ボランティアセンター
健康管理センター
学生相談室
学生食堂
指定寮・学生寮
学内サービス
SUMS-PO
学内専用コンテンツ
HOME >> 教育 >> 医療科学研究科:医療科学専攻>> 研究科紹介

医療科学研究科薬学研究科 受験希望の方へ

研究科紹介

研究科長挨拶 
医療科学研究科長 葛原茂樹
研究科長「社会の期待に応える高度専門職医療人養成を目指しています」
近年の医学とそれを支える科学技術の進歩は著しく、医療はますます多様化・専門化してきています。世界に先駆けて超高齢社会に突入した日本では、持続可能で健康的な社会を目指して、医療と福祉を統合した総合的対策が模索されています。このような社会を実現するためには、医療と福祉の幅広い分野に対応できる視野と能力を持ち、高度な医療技術を身に付けた医療人が求められています。本学はこのような社会的要請に応えるべく、日本で最初に設立された医療技術と福祉の総合大学です。
 本学の大学院医療科学研究科は、医療科学専攻修士課程と博士後期課程を開設し、高度な専門知識と技能の教育を行い、医療科学の分野で、高度な知識と技術を備えた専門職医療人の養成を目指しています。受け入れ対象は、学部教育を終了して関連分野の資格を得て、更に勉学と研究を続けたい人々と、社会に出て専門職として経験を積んだ上で、更に高い知識と技術を学びたい人々です。
 この専攻には、薬学と看護学を除く本学のすべての学部学科に対応した分野がおかれ、豊富な経験と実績を有する50名近い教授陣と、各分野にわたる幅広い授業科目と研究指導テーマから成る教育カリキュラムが用意されています。東京サテライトコース・名古屋サテライトコースは、医療現場・企業等で既に実践を積んだ実績のある社会人が受け入れ対象で、働きながら修了できるコースです。
 学士の学位をもたない人にも、一定の実務経験があれば、受験が認められます。向学心あふれる皆さんの入学を歓迎します。

医療科学研究科概要
医療科学研究科概要医療科学研究科医療科学専攻では、日々進歩し発展する医療技術に対応することができる柔軟な適応力と、より高度な知識技術をもつ医療人を育成する教育を行います。併せて、医療系の多くの分野を網羅しているという本学の特徴の利点を活用して、他分野のスタッフとも協力しチーム医療の担い手として活躍できる人材教育を行います。このような教育を通じて、地域医療を担う各種の医療機関や医療系企業で、即戦力になり、かつリーダーとして活躍できる幅広い能力を備えた高度専門職医療人の養成をめざします。
 医療科学専攻には、 11専門分野すなわち、放射線情報学、医療栄養学、臨床検査学、理学療法学、医療福祉学、臨床工学、医療情報学、鍼灸学(以上千代崎キャンパス)と医療画像学、放射線治療学(東京サテライトキャンパス)・医療情報実践学(名古屋サテライトキャンパス)を設置しています(次頁以降参照)。修士課程・博士後期課程とも、個々の学生はこれらのどれかを主分野として、各分野および共通分野の約70の授業科目から幅広く履修します。また、主分野にかかわる修士論文研究や博士論文研究を行い、最後に論文作成と審査会を経て修士・博士の学位を取得します。
 社会人学生を多く受け入れていることを考慮して、働きながら学べるように、週末に行う集中的な授業や、勤務先や自宅でもできる論文研究課題の設定など、さまざまな体制が整えられています。特に医療画像学及び放射線治療学分野の東京サテライトコースでは、毎月1、2回、土日の2日間をフルに使った授業を行うことにより、学生の便宜を図っています。
 
修士課程  博士後期課程 
修士課程科目概要
修士課程研究指導教員一覧 
博士後期課程科目概要
博士課程研究指導教員一覧 

「認定社会福祉士」研修認証科目の受講生募集
鈴鹿医療科学大学大学院では、平成26年2月に「認定社会福祉士認証・認定機構」から研修認証を受け、4月から「認定社会福祉士」制度の研修認証科目を開講(隔年開講)しています。詳しくは以下の受講生募集要項をご確認ください。

「認定社会福祉士」研修認証科目の受講生募集

アドミッションポリシー(入学者受入方針)
修士のアドミッションポリシー
 鈴鹿医療科大学大学院修士課程は、本学の「科学技術の進歩を、真に人類の健康と福祉の向上に役立たせる」という「建学の精神」のもと、保健・医療・福祉にかかわる各分野の横断的な知識と技術を身に付け、応用力を持ち倫理観あふれる人材の育成を目的としている。
診療放射線技師、管理栄養士または栄養士、臨床検査技師、理学療法士、社会福祉士または精神保健福祉士、臨床工学技士、医療情報技師または診療情報管理士、はり師、きゆう師として、現に臨床現場で活動し、または将来臨床現場で活動することを予定し、それぞれ各分野の高度の知識、技術を身に付けることを目指す学生を求める。
臨床現場にある学生については、臨床現場が抱える様々な課題を科学の手法を用いて解決しようとする意欲を持ち、それぞれの臨床現場で専門とする分野のリーダーシップを発揮するとともに、他分野の専門職との適切なコラボレーションを図ることを期待する。
将来臨床現場で活動する学生については、実際の臨床現場を十分に理解していることを前提として、その分野が抱える課題を他分野との協働など広い視野で、科学の手法を用いて解決する意欲と実践力を期待する。

具体的な人物像
・ 診療放射線技師、管理栄養士または栄養士、臨床検査技師、理学療法士、社会福祉士または精神保健福祉士、臨床工学技士、医療情報技師または診療情報管理士、はり師、きゆう師に関連する高度の知識、技術を身に付けようとする人
・ 臨床現場の課題解決にあたって科学的精神を持って臨もうとする人
・ 自らの専門だけでなく、広く医療、福祉の領域に関心を持っている人
・ 医療、福祉の現場における専門職の協働に取り組む意欲のある人
・ 臨床現場、研究活動において、人の尊厳を基本にすることができる人

博士のアドミッションポリシー
 鈴鹿医療科大学大学院博士後期課程は、本学の「科学技術の進歩を、真に人類の健康と福祉の向上に役立たせる」という「建学の精神」のもと、保健・医療・福祉にかかわる各分野の横断的な地域と技術を身に付け、応用力を持ち倫理観あふれる人材の育成を目的としている。
診療放射線技師、管理栄養士または栄養士、臨床検査技師、理学療法士、社会福祉士または精神保健福祉士、臨床工学技士、医療情報技師または診療情報管理士、はり師、きゆう師に係る専門分野の課題解決、チーム医療に係る理論・実践などについて、創造性に満ちた研究を進める意欲を持つ学生を求めている。
入学する学生には、各専門分野の臨床現場で生じる課題を土台にしつつも、医療科学研究機関、大学などで自立した研究者となる志を有していることを期待する。

具体的な人物像
・ 診療放射線技師、管理栄養士または栄養士、臨床検査技師、理学療法士、社会福祉士または精神保健福祉士、臨床工学技士、医療情報技師または診療情報管理士、はり師、きゆう師の専門分野、チーム医療に関して、創造性に満ちた研究に取り組む意欲のある人
・ 変化する社会のニーズに対応し、自らの研究を組織改革、地域開発、起業に結びつける意欲のある人
・ 自らの専門だけでなく、広く医療、福祉の領域に関心を持っている人
・ 医療、福祉の現場における専門職の協働に取り組む意欲のある人
・ 臨床現場、研究活動において、人の尊厳を基本にすることができる人

カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)
修士のカリキュラムポリシー
1.診療放射線技師、管理栄養士または栄養士、臨床検査技師、理学療法士、社会福祉士または精神保健福祉士、臨床工学技士、医療情報技師または診療情報管理士、はり師、きゆう師の各分野における最先端の知識を学び、高度な技術を身に付ける。
2.各専門分野の研究に関して、課題の発見、課題解決のための方法、結果の検証、結果の報告・発表などを系統的に学ぶ。
3.医療科学各分野の現代的な課題を学び、自らの専門とする分野との関連、協働のあり方を考察する。
4.各分野の専門職としての高度な倫理、科学研究を行う上での高度な倫理観を身に付ける。
5.臨床現場での実践、研究にあたって国際的な視野を認識する。

博士のカリキュラムポリシー
1.診療放射線技師、管理栄養士または栄養士、臨床検査技師、理学療法士、社会福祉士または精神保健福祉士、臨床工学技士、医療情報技師または診療情報管理士、はり師、きゆう師に係る専門分野、チーム医療に係る理論・実践の研究について、課題の発見、課題解決のための方法、結果の検証、結果の報告・発表などを系統的に学び、創造性に満ちた研究活動を進める。
2.チーム医療に関する高度の知識を身に付ける。
3.科学研究を行う上での高度な倫理観を身に付ける。
4.科学研究にあたって国際的な視野を認識し、全世界からの情報受信、全世界への情報発信の方法を学ぶ。
5.医療科学研究機関、大学などで行われる研究活動において、従来の研究に新たな視点を加え、組織改革、地域開発、起業など社会的ニーズに応える視点を持つ。


ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)
修士のディプロマポリシー
1.診療放射線技師、管理栄養士または栄養士、臨床検査技師、理学療法士、社会福祉士または精神保健福祉士、臨床工学技士、医療情報技師または診療情報管理士、はり師、きゆう師の各分野における最先端の知識と高度な技術を身に付けている。
2.自らの専門とする分野の研究課題について、科学的な思考と方法によってアプローチできる。
3.医療科学各分野と自らの専門とする分野との関連、協働を土台にして、チーム医療を実践することができる。
4.高度な倫理観に基づく臨床現場での活動、研究を進めることができる。
5.臨床現場での実践、研究にあたって常に国際的な視野を意識することができる。

博士のディプロマポリシー
1.診療放射線技師、管理栄養士または栄養士、臨床検査技師、理学療法士、社会福祉士または精神保健福祉士、臨床工学技士、医療情報技師または診療情報管理士、はり師、きゆう師に係る専門分野の研究、チーム医療の理論・実践研究を、科学的手法に則り、自立した研究者として、創造性に満ちた研究を進めることができる。
2、チーム医療に関する高度の知識を身に付けている。
3.科学研究を行う上での高度な倫理観を身に付けている。
4.科学研究にあたって国際的な視野を認識し、全世界からの情報受信、全世界への情報発信を行うことができる。
5.医療科学研究機関、大学などで行われる研究活動において、従来の研究に新たな視点を加え、組織改革、地域開発、起業に結びつくような視点を保つことができる。


【2015年 3月】 PDF
【2012年 3月】 PDF
【2011年 3月】 PDF
【2010年 3月】 PDF


シラバスはこちら

 

▲上へ戻る
鈴鹿医療科学大学
千代崎キャンパス
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
TEL:059-383-8991 FAX:059-383-9666
白子キャンパス
〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
TEL:059-340-0550 FAX:059-368-1271
リンクいろんな三重が見えてくるプライバシーポリシー
Copyright(C) .SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE. All Rights Reserved.