鈴鹿医療科学大学
お問い合わせサイトマップEnglish
受験生の方へ 卒業生の方へ 大学案内 就職情報 アクセス
学部・学科案内
保健衛生学部
医用工学部
鍼灸学部
薬学部
看護学部
大学院
さらに詳しく
教育
大学自己評価報告書
行事日程
学生活動
市民公開講座
付属施設
図書館
東洋医学研究所
鍼灸センター
ICT教育センター
ボランティアセンター
健康管理センター
学生相談室
学生食堂
指定寮・学生寮
学内サービス
SUMS-PO
学内専用コンテンツ
   

HOME >> 最新ニュース >> バックナンバー

最新ニュース バックナンバー

>>バックナンバーへ

第2回白衣授与式を行いました(2013-05-10)

 平成25430日(火)白子キャンパス講堂において「第2回白衣授与式」が挙行され、薬学部薬学科の6年次生、5年次生、4年次生が出席しました。

 平成214月に入学した薬学部薬学科の第2期生が5年次生となり、5月より病院および薬局において薬剤師としての知識・技能・態度を学ぶ22週間の実務実習に臨みます。

 白衣授与式は、実際の医療現場に入ることへの自覚をもつことと、臨床現場での薬と生命倫理について深く考えることを目的として執り行いました。

 式典で豊田長康学長は、「白衣を着ていることは医療の専門家として見られる。知識・技能・態度をしっかりと持って白衣を着ることで恥じない行動をとって欲しい。」と述べました。

次いで、川西正祐薬学部長は「患者さんから謙虚に学ぶスタディスキル、コミュニケーションスキルのひとつであるアサーション技法(相手の主張も尊重した上で、自分の意見を主張するという自己表現の方法の一つ)、患者さんに尽くす自分に誇りをもつインディビジュアルスキルの3つのスキルについて学んで欲しい。」と述べ、学生一人ひとりに白衣が手渡されました。

 続いて、すでに実務実習を終えた6年次生を代表して鍋谷和君が「何か疑問があれば私たち先輩に相談して欲しい。患者さんから学ぶ姿勢が非常に重要。」と後輩へのアドバイスを贈りました。

 最後に、5年次生を代表して西出晴香さんが「誠実で思いやりのある薬剤師を目指し、実習生としての立場をわきまえ、謙虚な姿勢と積極性をもって実習に臨みます」と誓いの言葉を述べ、実務実習に臨む責任の重さを自覚し心構えを新たにし、式が終了しました。

画像 画像

 
鈴鹿医療科学大学
千代崎キャンパス
〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
TEL:059-383-8991 FAX:059-383-9666
白子キャンパス
〒513-8670 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
TEL:059-340-0550 FAX:059-368-1271
リンクいろんな三重が見えてくるプライバシーポリシー
Copyright(C) .SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE. All Rights Reserved.