本学の学生とマックスバリュが共同開発したお弁当「彩りいなりの鈴華御膳」が販売されました

マックスバリュ中部株式会社では、健康で生き生きとした生活を送るためにバランスの良い食事を摂ること、すなわち「ちゃんとごはんを食べる」ことを広く知っていただく機会として、「ちゃんとごはん」企画を実施し、地元の学生とのコラボレーションしたお弁当や総菜の開発などに積極的に取り組まれています。

本学のこのコラボレーション企画への参加は、昨秋に続き3回目。江口澄子准教授ゼミに所属する保健衛生学部 医療栄養学科 管理栄養学専攻4年生の岡田真英さん、高橋いずみさん、中嶋千仁さんが今年の春からメニューや栄養バランスを考えてきました。

「ちゃんとごはん お弁当『彩りいなりの鈴華御膳』」は、マックスバリュ店舗(三重・愛知・岐阜・滋賀県内の95店舗)で、10月5日(金)から10月7日(日)の3日間限定で販売されました。7日(日)はマックスバリュ津城山店にて、開発に携わった学生たちが店頭に立ち、来店客に試食を勧めるなど商品をPRしました。

メニューは、すし飯に生姜、ひじき、柚子をそれぞれに混ぜた3種類のいなり寿司と、地元伊勢鶏のハニーマスタードソースがけ、まめまめサラダやきんぴら人参など野菜をふんだんに使用したおかず8種類。組み合わせるおかずの味付けに工夫を凝らし、野菜が1日の1/3以上摂れるよう全体の栄養バランスを考えました。
「盛り付けも美しく、栄養や健康がよく考えられている。また買いたくなりました。」
と、マックスバリュ中部株式会社の「お客様の声」へ感想が寄せられました。

「彩りいなりの鈴華御膳」は、来月上旬(11月2日~4日)にも期間限定で販売される予定です。皆様もぜひご賞味ください。