2019年4月 保健衛生学部鍼灸サイエンス学科に「鍼灸・スポーツトレーナー学専攻」を新設します

鈴鹿医療科学大学は、2019年4月に保健衛生学部鍼灸サイエンス学科に「鍼灸・スポーツトレーナー学専攻」と「鍼灸学専攻」の2つの専攻を開設し、新設の「鍼灸・スポーツトレーナー学専攻」では、スポーツと運動の専門知識を兼ね備えた鍼灸師の育成をめざします。

1年次から3年次の授業でスポーツに関連する教養と技術を習得することで、日本トレーニング指導者協会(JATI)と全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA)の2団体のスポーツトレーナーの受験資格が得られます。

多くのスポーツ選手がケガの治療やコンディションを整える手段の一つとして鍼灸を利用しており、また近年、健康ブームの影響でジョギング愛好者などの鍼灸治療も増加しています。将来、鍼灸師とスポーツトレーナー資格を合わせ持つことで、スポーツ選手や健康運動を実践している方へ鍼灸治療とコンディショニング指導を行う道が開かれます。

【概要】
名称:保健衛生学部 鍼灸サイエンス学科 鍼灸・スポーツトレーナー学専攻
入学定員:

保健衛生学部 鍼灸サイエンス学科
入学定員30名
鍼灸・スポーツトレーナー学専攻 NEW
鍼灸学専攻

修業年限:4年
設置時期:2019年4月
設置場所:千代崎キャンパス(1年次は全学部とも白子キャンパス)
めざす資格:
・はり師(国家資格)
・きゅう師(国家資格)
・トレーニング指導者
・NESTAパーソナルフィットネストレーナー
・医療薬膳師
・健康食品管理士

詳しくはこちらをご覧ください。

※上記の内容は予定です。