第25回東アジア診療放射線技師学術大会にて放射線技術科学科教員が国際貢献賞を受賞しました

2018年3 月10日(土)~11 日(日)中華民国嘉義市嘉義長庚紀念醫院(病院)にて、第25回東アジア診療放射線技師学術大会が開催されました。日本をはじめ、韓国、中華民国など東アジアからの診療放射線技師が参加し、診療放射線技術の発展につながる教育講演や研究発表を始め、シンポジウムによる活発な議論が行われました。

本大会へ放射線技術科学科から教員2名が参加しました。そのなかで、武藤裕衣准教授は、「From career anchor survey results, analyze career support measures required by radiological technologists in Japan.」の演題名で口述発表を行い、国際貢献賞を受賞しました。

韓国や中華民国の参加者から質疑があり、世界の診療放射線技師のおかれている状況を知り、今後の研究の方向性を確認することができ、充実した学会参加となりました。本大会で得た知識を今後の学生指導に還元するとともに、診療放射線技術の発展に貢献できるよう精進して参ります。