鈴鹿市と学生の意見交換会が開催されました

10月20日(火)白子キャンパスにおいて、本学の学生20人と鈴鹿工業高等専門学校生3人が参加し、鈴鹿市との意見交換会が開催されました。今年7月にも本学の学生が参加した意見交換会が開催されており、今回は第2回目となりました。

この意見交換会は、平成28年度から平成35年度までの新たな総合計画である鈴鹿市総合計画2023の策定を進めている鈴鹿市が、将来を担う若い世代から率直な意見を募りまちづくりへの関心を高めることを目的として企画したものです。

亀井秀樹鈴鹿市副市長のご挨拶に次いで、鈴鹿市企画財務部より、基本構想に基づいた鈴鹿市総合計画2023前期基本計画(素案)について説明がありました。それを受けて、学生からは基本計画の単位施策について質問があり、鈴鹿市企画財務部の方がそれに答える形で分かりやすく回答されました。

最後に、杉野浩二鈴鹿市企画財務部長より「意見交換会にご協力いただいたことにより、若い人の視点から、意見を聴かせていただくことができました」とお礼の言葉をいただきました。

鈴鹿市と学生の意見交換会が開催されました
鈴鹿市と学生の意見交換会が開催されました