鍼灸学科主催にて市民公開講座PartⅡを開催しました

6月5日(日)に開催した鍼灸学科主催の市民公開講座「東洋医学で癒しの1日! PartⅠ」に引き続き、今年度2回目となる「東洋医学で癒しの1日! PartⅡ」を開催致しました。200を超える方々にご参加いただき、薬膳弁当の予約も早々に終了するほどの大盛況でした。

当日は、鈴木聡准教授による「膝痛のおはなし」をはじめ、武田充史助教による「高血圧との付き合い方」について講演を行い、普段の生活で活用できるツボの説明や食養生について説明がありました。講演後には、南瓜や冬瓜、ゴーヤ、白きくらげなどの食材を使用した704kcalの「秋を快適に過ごすための健康薬膳弁当」についての解説を浦田繁教授が行い、お弁当を購入された方々は、解説を聞きながらお弁当をご賞味されていました。

午後の部では、前回と同様の鍼治療体験コーナーを実施しました。疲労改善コーナーでは肩こり・腰痛・眼精疲労に効果的な鍼治療体験、美容コーナーではリフトアップに効果的な施術体験を行い、多くの方々に満足していただきました。また薬膳茶コーナーでは、体質チェックを行い、杜仲茶やジャスミン茶、黒豆茶など体質に合わせた5種類のお茶を提供しました。

今年度の市民公開講座は今回で終了となりますが、次年度も引き続き開催する予定ですので是非ご参加ください。

 

鍼灸学科主催にて市民公開講座PartⅡを開催しました
鍼灸学科主催にて市民公開講座PartⅡを開催しました
鍼灸学科主催にて市民公開講座PartⅡを開催しました
鍼灸学科主催にて市民公開講座PartⅡを開催しました