平成28年度学位授与式を挙行しました

3月15日に白子キャンパス講堂にて、平成28年度学位授与式を挙行し、大学院生8名、学部生466名が巣立ちました。大学院と学科の各代表者へ学位記が豊田長康学長より授与され、学業で優秀な成績を修めた卒業生には、理事長賞、学長賞が贈られました。

 

豊田学長は「皆さんには、科学技術の進歩を単に学ぶだけではなく、自ら科学技術の進歩に貢献していただきたいと思います。これはつまり、一生研究心を持ち続けるということです」と、式辞を述べました。また、髙木純一理事長は祝辞のなかで「失敗にめげずプロフェッショナルを目指し、それぞれの分野でのリーダーとして活躍されることを期待します」と、激励の言葉を贈りました。

 

ご来賓による祝辞の後、在学生代表の医用工学部医用情報工学科3年の吉田浩輔さんによる送辞を受け、卒業生代表の保健衛生学部医療福祉学科 臨床心理コースの林直音さんは、「学び得た知識や技術、心の糧となるような貴重なものを大切にし、新たなスタートを切りたいと思います」と、感謝の言葉を述べました。