「薬学部生のための印象アップセミナー」を開催しました

薬学部では5年次に病院及び、薬局においてそれぞれ11週間、合計約半年におよぶ長期の実務実習が必須となっています。この実習は1年を3期に分けて実施することになっており、その第1期、本学にとっては初めての薬学実務実習が本年5月から始まります。今回はそれに先立ち、今春より実務実習に取り組むこととなる4年生を対象に『実習前ガイダンス「接遇マナー&メイク講座」~薬学部生のための印象アップセミナー~』を2月8日(水)に開催いたしました。

当日は全3コマを使用しての解説とロールプレイを設定し、全員を対象にした「実習先で求められるマナーの基本5原則や、電話応対スキル・患者接遇動作」に関する講座と、メイクアップ・ヘアースタイルなどを中心に女子学生のみを対象とした「印象アップ講座」を実施しました。
参加した学生からは「普段学べないことが学べて良かった」・「今日学んだことを日常生活にも活かし、しっかり身につけていきたい」・「表情や態度を少し気をつけるだけで、受け手の印象が大きく変わることがわかりました」・「機会があればまた受講したい」などの感想があり、実習やその後の就職活動に向け良いスタートを切ることができました。