平成23年度 実験動物感謝式を執り行いました

平成24年3月12日(月) 千代崎キャンパス 慰霊碑前にて実験動物感謝式を執り行い、時折雪も舞う寒空の中、実験動物を使用する教員および学生約30名が参加しました。
実験動物感謝式は、本学で研究のために使用された実験用動物を供養するために毎年行っています。冒頭の挨拶では三浦俊宏実験動物施設運営委員長が実験動物に対する感謝の言葉を述べ、その後、参加者全員による黙祷および献花が行われました。
医療の発展のために貢献した動物たちに感謝するとともに、その犠牲を無駄にしないよう日々努力し医療の発展のために力を尽くさなければならないと、改めて考える良い機会となりました。